記事を人に教える

【西新井ヌーヴェル】足立区で最も熱い再開発エリア「西新井」で変わったもの、変わらないもの

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

東武伊勢崎線(意地でもスカイツリーラインとは言わない)急行電車に乗れば北千住の次に停車する「西新井駅」。足立区の中でもとりわけ荒川区三河島と並ぶ古くからの在日コリアン集住地域として、朝鮮総連系列の某総合病院だとかオツ過ぎる焼肉屋だとか色々と香ばしい街並みが見られる一帯だ。

足立区 西新井

確か東京DEEP案内を開設した2008年1月に一番最初にお粗末なレポートを公開したのがこの西新井だった記憶がある(現在は公開中止)。そのくらい当サイトにとっては東京街歩きにおける初めの一歩を記念する土地だったりして勝手に感慨深くなっている訳ですが、しばらく来ないうちに古臭い西新井駅ビル及びロータリー付近を除いた西口の駅前風景が色々変わってしまっていた。

再開発エリア「西新井ヌーヴェル」がアツい

足立区 西新井

西新井駅西口に程近い一画がごっそりと再開発計画で生まれ変わり、いつの間にやら「西新井ヌーヴェル」などという妙ちくりんな横文字ネーミングのシャレオツエリアになっていたのである。UR都市再生機構の主導により日清紡績東京工場跡地14.5ヘクタールに商業施設・病院・警察署・大型分譲及び賃貸マンションが続々と建設され続けている。そう言えばヌーヴェル(Nouvel)ってフランス語でしたね。足立区の工場跡地でおフランス気取りかよ。

足立区 西新井

既に再開発地区の中心には真新しい大型マンション群とそこに面する広い芝生広場(西新井さかえ公園)もあり、まるで新浦安あたりのマリナーゼが勘違いして住みそうな勢いで、さしずめ「アダチーゼ」と呼ぶような新住民が続々移り住んでいる。特に東武伊勢崎線・日光線沿線に実家がある子育て勤労世帯には非常に人気が高く分譲マンションも続々完売した模様。足立区もやればできる子なのである。

足立区 西新井

西新井駅から芝生広場に続く再開発地区の中心を貫く歩行者専用道路も「エコモダンの道」などと綺麗事みたいなネーミングが付けられた遊歩道となっておりイマドキっぽく仕上がっている。再開発エリアにある分譲及び賃貸マンションは約2000戸。足立区で最も人口増加が激しい一帯となっている。

足立区 西新井

とりあえず「“エコ”で“ロハス”と言っときゃいいんだろ」的なノリでこしらえられたと思しき、エコモダンの道にある災害用井戸。日清紡工場跡地なので土壌の都合上とても飲用には適さないのは想像に難くない。

足立区 西新井

どうですか、この洗練されたイマドキな新興マンション街の街並み…まさかここが足立区だなんて想像できたもんじゃないでしょう。ちなみにマンション価格は4000~4500万円前後が主な価格帯となっていた模様。北千住まで急行で1駅、と宣伝されてこの程々の価格帯なら、そりゃ中堅サラリーマンには売れるわな。

足立区 西新井

そんな再開発エリアにはイトーヨーカドーを核店舗に据えるセブン&アイグループの複合商業施設「アリオ西新井」もあってこれも非常にイマドキっぽい。2007年11月のオープン以来、足立区住民きっての溜まり場として機能している。ここのオープン後、興野にあった旧イトーヨーカドー西新井店が貧民仕様の「ザ・プライス西新井店」に衣替えしましたね。また徒歩圏内に下町風情全開でお惣菜が激安な関原商店街もあるので、新旧両方使えるのは頼もしい。

足立区 西新井

セブン&アイも地域性を考慮したマーケティングを心掛けているので最近出来た武蔵小杉タワマン街のグランツリーは高級志向なのに、足立・葛飾・江戸川の貧民三区にあるイトーヨーカドーのフードコートにはお約束の爆安山盛りポテトが食える「ポッポ」の店舗がほぼ必ずあるという露骨っぷり。繰り返します。イトーヨーカドーのフードコートに「ポッポ」がある地域はガチです。

街並みは綺麗になってもそこは足立区!公園や広場で溜まっている原住民が…

足立区 西新井

そんな足立区らしからぬシャレオツタウンに生まれ変わった西新井駅西口であるが、いくら街を新しく作り変えたところで、元々から住む原住民の気質は変わる事もない。せっかくの再開発で生まれた広い芝生広場が自慢の「西新井さかえ公園」もこの通り、犬の飼い主もマナーがクソ過ぎて芝生広場は犬糞だらけ。「大勢の幼児が寝転ぶなどして遊んでいますが、犬のフンが多く衛生上安心して遊べません」と切実なる警告文。

足立区 西新井

目の前に「ハトにエサを与えないで!」と注意書きがあるのにそんな簡単な日本語すら読めない謎のハトおばさん然り、鳩に餌をあげる老人も公園内にはちらほら。寂しいお年寄りのささやかな楽しみかも知れませんが新旧住民の軋轢が全く無い訳がなかろうにと想像させる光景である。

足立区 西新井

著しい高齢化社会の中、街中の公共の場所で鳩の餌やりをする老人と住民との間のトラブルもそこかしこで顕在化している訳でして、先日は名古屋の南区でもハト男が暴力沙汰を起こしたりしていましたが迷惑行為を注意する事にも逐一リスクを伴うのです。ああ、また餌やりしてるよこの婆さん…

足立区 西新井

公園のベンチを占拠し憩いの場としている地元のご老人方に混じって謎の黒ずくめの特攻服おじさん集団がいますが右翼団体かそちらの筋の方々でしょうか。この通り、いくら街並みが綺麗に生まれ変わろうともここは「足立区」なのだという事は心の片隅にきっちり留めておきたいものである。

再開発後もやはり変わらない西新井駅前の街並み

足立区 西新井

西新井駅西口も再開発エリア自体は駅のロータリーから外れた所から始まっているので、駅前一等地は相も変わらずガラの悪そうなぐっちゃぐちゃな戦後のドサクサ状態が残っておる訳です。パチンコ「宇宙センター」裏手付近の自転車置場のあたりもなかなかエグいですね。

足立区 西新井

でもここのパチンコ屋の二階には「喫茶シルビア」という昭和なゴージャス純喫茶も生き残っていて良い感じなので、これは無くなって欲しくはない気がする。148席の広々とした店内でゴージャスなオリジナルメニュー「シルビア弁当」が食えたりできる足立区仕様。詳しくはDEEP案内純喫茶部の記事を御覧下さい。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.