記事を人に教える

県庁所在地の駅前一等地に韓国酒場がズラリ!「千葉名所K&S」が熱い

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

千葉県の県庁所在地「千葉市」の玄関口となるJR総武線千葉駅周辺は戦後のドサクサで成り立った在日韓国・朝鮮人及び有象無象のアウトローのシマとなっていて「栄町」の暗黒街ぶりからしてもその街並みは現代にも生きている事は既に当サイトでも何度か紹介してきた。しかし千葉駅前のとある一画も何やら胡散臭さ半端ない呑み屋横丁があるので、ここも見逃してはならない。

千葉市 千葉

それが「千葉名所K&S」と看板が掛かった、こちらの一画。頭上には千葉都市モノレールの線路が走り、総武線の線路とバス乗り場の間の僅かな歩道部分にずらりと窮屈そうに飲食テナントスペースが連なっている。表向きに言えばサラリーマンのオアシスとも呼べるような空間で、昼間はご覧の通りシャッターが閉まっておりガラーンとしているのだが…

千葉市 千葉

日が暮れると酒場がぼちぼち開きだしては赤提灯をぶら下げて商売し始める。それも県庁所在地の駅前一等地とは思えない場末感極まる絵面である。これまで栄町には何度も足を運んでいたが、駅から栄町に向かう最短距離の通り道からはやや外れそうな位置にあるので微妙にここの存在を見逃していた。ああ勿体無い。

千葉市 千葉

千葉駅前のフクロウ交番横から「駅前ラーメン」「二番」「かもめ」「サザエ」「一路」「鳥好」「山水」「みゆき」といった屋号を抱えた食い物屋が店を開けており、その合間にシャッターが閉まったままの店舗が混じる。

千葉市 千葉

せいぜい100メートル足らずで規模的にはさほどのものではないが、よくよく見れば途中で歯抜けになった不自然なスペースもあるし、全体的に常人が近寄り難い異様な存在感がある。一度再開発の手が入って見た目には小奇麗にはなっているが、恐らく戦後からずっとこの場所で営業してきた飲食街だ。

千葉市 千葉

しかもそんなマニアックな飲食街がバス乗り場の真ん前にあるものだから、ここからバスを利用する学生達も何やら表情が複雑そうである。あまつさえ居酒屋の各店舗が置いた私物やダンボール箱などがバス乗り場に並べられている始末。

千葉市 千葉

無造作に置かれた私物のテーブルの上に載っけられたダンボール箱が2個。ハングルが書かれている通り、韓国海苔が入ったダンボール箱である。もうここまで出してしまえばオチは決まりましたニダね。栄町同様こちらもコリアタウンの一部を成しているのだ。

千葉市 千葉

そして「千葉名所K&S」を構成する酒場の軒先をそれぞれ拝見していくと、狭い空間に無理くり作られた棚には時折ジンロやチャミスル等の韓国焼酎のボトルが置かれていたり、壁に貼られたお品書きにはキムチやチヂミなどと明らかに韓国系のメニューがある。完全にコリアン酒場でした。本当にコマプスムニダ。

千葉市 千葉

そして飲食街共通の共同便所も一応あるにはあるがこの通りの簡易式便所であり決して我々の期待を裏切らない。

韓国酒場「一路」のアジュンマが面白い

千葉市 千葉

どの店舗も入りづらさMAXだし、場合によっては店主が人目も憚らず大いびきをかいて爆睡している所まであってユルユル具合が凄まじいのだが、直感的な判断で「一路」という韓国居酒屋にお邪魔する。恐らく山谷のドヤよりも狭い二畳程度のスペースが店の全て、である事がこの一枚の写真からお察し頂けないだろうか。

千葉市 千葉

お喋りでキャラが立ったアジュンマが一人で切り盛りする「一路」、アジュンマによると来日から20年、その間ずっと千葉名所K&Sで商売をしているというが、元からいる人間ではなさそう。日本語は上手いがバリバリの韓国訛りが残っている。韓国焼酎を浴びる程に呑んでベロンベロンになった常連客(女性です)と同席したが、まあなんとも束の間の家族同然の空気に包まれていて何とも微笑ましい。

千葉市 千葉

突き出しのキュウリの浅漬けに玉子焼き、韓国風もつ煮込みをつまみにマッコリ(既製品)で一杯目を決めつつアジュンマの話を聞く。とにかくロサンゼルスにいる甥っ子が自慢らしく、米軍に所属して活躍している写真をスマートフォンで見せてきたり嬉しそうだ。ええ、カリフォルニア州は韓国人めちゃ多いですからね。ちなみに目の前のテーブルは畳んでしまえる仕様になっている。狭い空間を有効活用するべくあらゆる知恵が詰まっている。

千葉市 千葉

続いて自家製キムチ、そして常連客に「絶対上手いから、食べてみて」と猛烈プッシュされたチヂミもつまみに加えて二杯目。一路のアジュンマによると「千葉名所K&S」の店舗はラーメン屋と焼き鳥屋の二軒を除いて全員韓国人が経営しているそうで、K&Sというイニシャルっぽいネーミングも当初の創業者の名前から来ているという。Kはやはりキムさんとか金田さんとかでしょうか、わかりませんけども。

これだけ飲み食いしてお代は1人2000円ちょい…だった記憶が。まあこの手の店にしては良心的でしょうかね。

千葉市 千葉

それからこの飲食街が今の形になったのもおおよそ20年くらい前に再開発があった以降との事だった。近年は歩道部分へのはみ出しも厳しくなり、畳めるテーブルをこしらえたり色々大変だったのよとアジュンマ。やっぱり、そうなる以前は不法占拠バラックな形だったのだろうか、昔の写真が見たい気もするのだが、今見ても充分貫禄あり過ぎな「千葉名所K&S」でした。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.