「 千葉県 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全93件中 76〜90件目を表示

NO IMAGE

市川市行徳 (2) あのマンション

行徳駅南口のフラワー通り商店街を過ぎると、行徳の地元民が集まる「駅前公園」が現れる。基本的に行徳もファミリー向け住宅が多い街なので、休みともなると周辺の親子連れが結構集まって賑やかな空気に包まれる。 しかしこの行徳駅前公園、少し変わってい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

市川市行徳 (1) 東西線行徳駅前

最近地下鉄東西線率の激しい東京DEEP案内取材班。浦安から西船橋までの所謂「千葉メトロゾーン」の街並みは都内の江戸川区あたりと何も変わらない住宅密集地と化している。 かつては干拓地で海苔やアサリ漁、塩田などで生計を立てていた純田舎地帯だった...

>記事全文を読む

懸垂式モノレールが走る微妙な大都会!政令指定都市「千葉市」を歩く (全6ページ)

懸垂式モノレールが走る微妙な大都会!政令指定都市「千葉市」を歩く (全6ページ)

総武線快速で東京駅からおよそ40分、千葉県の県庁所在地で代表的都市である「千葉駅」の前に降り立った。

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (5) 浦安魚市場

今では旧市街地の一部のみに昔の漁村の街並みを残すだけになった浦安であるが、ところがどっこい、浦安駅に程近い場所に築地の場外市場よろしく魚市場が現存している。 その名も「浦安魚市場」。そのまんまなネーミングであるが本当に駅のすぐ近くにあるの...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (4) 青べか物語

浦安の旧市街地はかつて「べか船」と呼ばれる海苔採りに使われる小型船が数多く停泊していた境川を中心とする猫実・堀江付近にあり、境川に沿ってフラワー通りを抜けて旧江戸川に至る道を歩くと、未だに漁港の名残りを留める風景が随所に見られる。 周辺の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (3) フラワー通り

浦安駅から南へ歩き、猫実の庚申塔などがある一角を通り過ぎて境川を跨いだ先に「フラワー通り」という古い商店街がある。 いまや商店街と呼ぶのもいささか躊躇われるような寂れっぷりを見せている場所だが、東西線開通前の漁村だった頃には浦安の街で最も...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (2) 浦安市猫実

再び東西線浦安駅を訪れた。 ここは東京の中心・大手町から快速電車でたったの15分で行ける「千葉県」である。 昭和44(1969)年に東西線が東陽町から西船橋までの区間で開業するまではまさしく陸の孤島でしかなかった浦安の街であるが、それから...

>記事全文を読む

NO IMAGE

地下鉄東西線最弱駅決定戦「原木中山」 (3)

原木中山駅から南側に出てしばらく歩くと、江戸川放水路の河川敷にぶつかる。 千葉県の東西線沿線で唯一どうにも発展しないこの街の原因の一つには、この江戸川の存在があるとされる。 川の向かいの行徳地区にある妙典駅周辺は巨大なショッピングモールま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

地下鉄東西線最弱駅決定戦「原木中山」 (2)

東京メトロ東西線最弱駅決定戦を行えばきっとぶっちぎりで一位になること間違いなしの「原木中山駅」。2ちゃんねる界隈で東西線スレが建つと必ず「よし、原木中山を馬鹿にするのはそこまでだ」とレスが返るような孤高の存在。駅徒歩0分の畑やパチンコ屋しか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

地下鉄東西線最弱駅決定戦「原木中山」 (1)

毎日大量の人を載せて走る首都圏の鉄道。その中でも東京メトロ沿線で最悪の混雑率を誇り朝のラッシュ時には死に物狂いの「痛勤」風景が見られる事で知られる地下鉄東西線は葛西の東から唯一千葉県内へと突き進んでいる。陸の孤島でひなびた干拓漁村地帯でしか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (1) 当代島の船溜まり

東京23区唯一という人工ではない自然の島「妙見島」を訪れたついでに、県境を跨いで浦安駅まで歩く事にした。 浦安橋を跨いで妙見島から対岸にすぐ都県境が現れる。此処から先はもう千葉県なのである。 かつて東京都と千葉県の境にある葛西や浦安といっ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線に乗って津田沼の銭湯遺産「鷺沼温泉」へひとっ風呂

東京DEEP案内取材班へ届いたタレコミ情報により「昭和初期に建てられ80年間そのまま使われている超絶レトロ銭湯」がここ津田沼にあるという話を聞きつけて、かれこれ津田沼の街を小一時間歩き続けた挙句、国道14号千葉街道の「鷺沼一丁目」交差点まで...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線に乗って津田沼へ (3) ヤギのビリー伝説

津田沼最大の公団住宅群「袖ヶ浦団地」の脇には三和名店街という地味な商店街が隣接している。鷺沼温泉に行こうとして何気なく通り過ぎようとしていただけだったが、こういう古びた商店街を見るとついつい足が止まってしまう。 しなびた団地にしなびた商店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線に乗って津田沼へ (2) 公団袖ヶ浦団地

京成津田沼駅から徒歩10分程度で、津田沼エリア最大の公団住宅群「袖ヶ浦団地」が姿を現す。 袖ヶ浦団地は1960年代に、当時は潮干狩りや海苔の養殖などが盛んな事で知られていた広大な干潟だったここらへん一帯を埋め立てて造成された巨大団地群。広...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線に乗って津田沼へ (1) 津田沼の街を歩く

東京に暮らす皆さん、「津田沼」という街に行った事はあるだろうか。 総武線ユーザーであれば津田沼行き電車にしょっちゅう乗る事もあるだろうし駅の名前だけはよく知っているかも知れない。 県庁所在地である千葉市の手前、習志野市にあるベッドタウン都市...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.