記事を人に教える

世田谷DEEP・三軒茶屋 (2) 路地裏映画館とバラック銭湯

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

とても東急沿線だとは思えない闇市の風情が残る街「三軒茶屋」。
「ゆうらく通り」や「エコー仲見世」など、闇市発祥の横丁や商店街が並ぶ通称「三角地帯」はまだまだ続く。
38-85.jpg
「ゆうらく通り」などがある三角地帯の先端部から少し逸れた路地に入ると、やはりそこでも怪しげな空間が残っている。スナックやバーが多いせいか昼間は非常に閑散としている。


38-86.jpg
少し奥に入れば昼間でも太陽光が入らない洞窟のようなダークゾーンも存在しておりなかなかスリリングな光景である。何度もしつこいがここは本当に世田谷区ですよ。
38-87.jpg
やがて人のすれ違うのもやっとな狭い路地が続く。車どころか自転車すら入るのも憚られるような道幅。
38-88.jpg
この奥にもまだまだ路地裏酒場は続くようだがゴミ溜めに道を阻まれて先に進んでもいいのか躊躇う。やはり場所柄だけあって夜になってから訪れた方がよさそうだ。
38-89.jpg
眼前には超高層マンションがそびえる新旧入り混じった街の姿は、渋谷に程近く再開発の勢いが激しい三軒茶屋ならではのものであろう。この闇市ゾーンも何かの拍子に消えてなくなる可能性も無くはない。ある意味貴重な空間だ。
38-90.jpg
窮屈な迷路のような裏路地を潜り抜けると少し視界が開けた。
38-91.jpg
だがその先も区画がぐちゃぐちゃでボロい木造家屋に飲食店がずらりと並んでいる様子は変わらない。
38-93.jpg
そのまままっすぐ抜けると「なかみち街」へ出るが、その手前にもトタン板で仕切られた塀の内側に鬱蒼と木が覆い茂る怪しげな区画がある。
38-94.jpg
今にも風化して崩壊しそうなトタン板の塀の一画が唐突に銭湯の入口となっている。「千代の湯」という銭湯がこの中にあるようだ。
38-95.jpg
未だに東京にも銭湯は数多く残ってはいるが、こんな怪しい入口の銭湯は初めて見た。ちなみに反対側にも入口があり、千代の湯の玄関口を跨げば反対側に通り抜けすることもできるのだが「利用者以外の通行はお断り致します」との注意書きがある。
38-96.jpg
怪しさ全開の「千代の湯」の隣の路地に出るとそこからは三軒茶屋のランドマーク「キャロットタワー」の姿が再び見える。
38-97.jpg
その道沿いにはやたらレトロ感抜群の「三軒茶屋中央劇場」が現れる。戦後の1952年に開業して以来建物はそのまま。ネオンサインの文字が右から左になってるし、河童のキャラクターがどこかスケベである。これはヤバイ。
昔は成人映画館だったそうだが今では普通の映画の旧作品を中心に上映されている。
38-98.jpg
隣にももう一軒「三軒茶屋シネマ」という映画館が。こちらは中央劇場とは違ってややメジャーな映画が流れている。
「三茶」の正体はシネコンなんてものには縁遠いすこぶる昭和臭が残る下町。
世田谷だから東急沿線だからと侮れないDEEPさを秘めた街でした。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.