記事を人に教える

山谷至近DEEPゾーン「南千住」 (4) 小塚原の古刹・円通寺

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

南千住一丁目、日光街道沿いにある曹洞宗円通寺。延暦10(791)年創建と伝えられるかなり歴史の古い寺なのだが、訪れてみるとピラミッドのような三角柱状の建物に巨大な金の観音像が建っているというかなり珍妙なビジュアルの寺だ。
11-162.jpg
かつて円通寺には秩父・板東・西国霊場の百体の観音像を安置した観音堂があったが、安政の大地震(1855年)で倒壊、100体の観音像のうち残っているのは33体のみとの事。
失われた百観音の代わりに、この黄金観音像が円通寺のシンボルになっている模様。


11-271.jpg
周りが古い木造家屋しかないので結構遠くからでもこの建物が目に付くのだが、どう見ても下町にそびえるピラミッドといった佇まいで怪しさ満点なのだ。
江戸時代には下谷広徳寺、入谷鬼子母神と並ぶ「下谷の三寺」と呼ばれる由緒ある寺なのだが、この建物はどう考えても珍寺のカテゴリーに収まってしまう。
11-171.jpg
境内に入ってすぐ右手には円通寺の由緒が書かれているので読んでみる。八幡太郎義家が奥羽征伐して持ち帰った48個の賊の首をこの土地に埋めた事が小塚原の地名の由来であると。「骨ヶ原」が「小塚原」となったという説と、どっちが有力なのかよく分からんがどっちにしても小塚原が物騒な地名である事に変わりはない。
11-164.jpg
円通寺境内の見所は黄金観音像だけではない。上野寛永寺の総門(黒門)が移築されてこの地に残されている。幕末の戊辰戦争における戦いの一つ(上野戦争)で焼け残った門がそのまま展示されている訳だ。よく見ると弾痕が刻まれていたりと結構生々しい。
11-166.jpg
そんな黒門の裏手あたりに鬱蒼とした森の中に何やら古い墓がずらりと並んでいる場所がある。上野戦争で敗れ命を落とした彰義隊(旧幕府軍側)の墓地である。
11-167.jpg
寛永寺境内に散らばる彰義隊士の死骸は新政府軍に厳しく回収を禁じられ腐敗に任されるばかりであったが、それを見かねた円通寺の和尚が戦死者供養の許しを得て当地に埋葬した。
11-168.jpg
彰義隊を撃破した新政府軍の指揮に立ったのは靖国神社参道中央に巨大な銅像が飾られた大村益次郎だ。勝てば官軍負ければ賊軍。しかし「死ねばみな仏」という言葉もある。
11-169.jpg
彰義隊の墓の反対側には徳川三代将軍家光公ゆかりの「鷹見の松」。まさしく史跡だらけの寺である。
11-170.jpg
鷹見の松の隣に、小塚原の地名の元となったとされる「四十八首塚」が現在も残されている。
11-165.jpg
その傍らには「圓通精舎」の文字が刻まれた古い建物が残る。見るからに使われていないようだが。
彰義隊士の墓の裏手に一般の墓地があるが、そこに吉展ちゃん誘拐殺人事件の被害者が遺棄されていた。事件から2年3ヶ月後に逮捕された犯人(1971年12月23日死刑執行)の供述で墓石の下に隠された遺体が発見される。
11-163.jpg
江戸三大刑場の一つであった因縁の地・小塚原の街を見下ろす黄金の聖観世音像。人の生き死にに絡み様々な情念が渦巻く円通寺の境内から、街に生きる人間の姿を今も暖かく見守っている。

誘拐捜査 吉展ちゃん事件
中郡 英男
創美社
売り上げランキング: 352284
真説 上野彰義隊 (中公文庫)
加来 耕三
中央公論社
売り上げランキング: 412719
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.