記事を人に教える

銀座の激昭和レトロ空間「三原橋地下街」がいつの間にかご臨終していた件 (全2ページ)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

「銀座」と聞くと世界に名だたるブランドショップが軒を連ねるセレブ御用達の繁華街だとか高級クラブだとか一方的なイメージしか抱かない昨今だが、昭和の面影を残した場所がまだあちこちに見られる街でもある。しかしそんな風景がまた一つ消えてしまおうとしている。

中央区 銀座

それが銀座のど真ん中、銀座四丁目交差点にも近い晴海通り沿いにある「三原橋地下街」と呼ばれる古い地下街。厳密には地下街というよりも晴海通りの下を跨ぐ地下通路に店が並んでいる程度のものだが、昭和27(1952)年12月に完成し60年以上の年月を刻む「日本最古の地下街」の一つだとも言われる場所。

中央区 銀座

元々この三原橋地下街がある場所には三十間堀川という川が流れていた。戦災を受けて破壊された銀座界隈から出た瓦礫を処理するため、この川が埋め立てられ、残った橋の下が地下街として整備された。晴海通りを挟んだ両側には「三原橋観光館」というビルが建てられ、この地下街と一体化している。

中央区 銀座

晴海通りから見える「銀座シネパトス1・2・3」の看板。この地下街の下には映画館もあり、戦後の時代から変わらない飲食街が形成され、年々街並みが綺麗に洗練されていく銀座の街の中にタイムカプセルのように当時のままの風情が保たれていた訳ですが…

中央区 銀座

この三原橋地下街が老朽化を理由に解体される事が決まり、無くなる前の姿を写真に残しておこうと何度か現地に足を運んでいた。地下街という通り、その入口は晴海通りに建つ三原橋観光館の建物裏にあり、階段を降りた下に広がっている。

中央区 銀座

三原橋地下街の中は、まさしく「昭和の飲食街」。同じ銀座と言えども、セレブ御用達な高級感は微塵にも感じさせない、どちらかと言えばオッサン好みの定食屋や酒場なんかが連なっていた。

中央区 銀座

和食一式をおかずに酒が飲めた在りし日の「食事処三原」の店先。値段設定が現在の銀座では不可能ではなかろうかというリーズナブルな設定。「インゲのごま和へ」に昭和を感じさせる。

中央区 銀座

映画館「銀座シネパトス」の方はというと、2013年3月末で既に営業終了していて、昭和42(1967)年に「銀座地球座」として開業してから45年の歴史に幕を閉じている。たまたま来た時のものだが、上映していたのは今や世界的グラビアスターを目指そうとしている小向美奈子主演「花と蛇3」だった。

中央区 銀座

銀座シネパトスで上映していた映画というのも、メジャーなシネコンにはないような壇蜜主演のこうした映画だとかだったり …

中央区 銀座

製作総指揮大川隆法、幸福の科学系近未来予言映画「神秘の法」だったり銀座のど真ん中とはとても思えぬ場末空間で色々と神秘体験できる貴重な映画館だったのに無くなってしまって残念無念。

中央区 銀座

銀座シネパトスが閉館した2013年3月末から、三原橋地下街にあった飲食店も次から次へと櫛の歯が欠けたように店じまいしていった。どれもこの地下街が出来てから50年にも及ぶ営業を続けていた店ばかり。「お食事処三原」も2013年5月末で閉店。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.