エリア別ガイド

記事を人に教える

「東京DEEP案内」編集部によるエリア別ガイドです。各地域についての当編集部の独自見解が淡々と書き連ねてあります。毒舌混じりなのは仕様ですので予めお断りしておきます。また、鉄道駅別ガイドは「DEEP案内タウンガイド」でもぼちぼちやってます(不定期更新)。あなたの住みたい街選びに、または既にあなたの住んでしまっている街の本性を知りたい場合に、こちらも併せてお読み下さい。

東京23区

日本の首都東京のうち区部に属する地域。23区には超絶セレブエリアからエリートゾーン、ド底辺貧民窟に至るまでありとあらゆる人種が狭い土地にひしめき合っており、自分が住んでいる区や街の特徴や、隅田川の西か東か、山の手か下町かという様々な違いで都民達は格付けしあっている。23区の人口は約930万人(2016年10月現在)。人口減少社会にある日本国内で数少ない人口増加地域である。

東京都多摩地域・島嶼部

日本の首都東京のうち区部以外に属する地域。武蔵野市や三鷹市のような23区並みに人気の高いエリアもあれば清瀬や東村山のような埼玉と見分けの付かないエリア、多摩梨県と言われる八王子、神奈川と間違えそうになる町田、奥多摩や島嶼部のようなとんでもない秘境までを幅広く抱えている。人口は約430万人(2016年10月現在)。近年は都心回帰の流れが強いため中央線沿線を除けば概ね人口は減少傾向にある。

神奈川県

東京の南側に隣接する県。幕末の黒船来航による開国以来開かれた港町横浜を県庁所在地とし、県の大部分は東京のベッドタウンと化している。京浜工業地帯を抱える川崎市や軍港の街横須賀市、セレブと意識高い系の大好きな湘南、工業団地を数多く抱える相模地方から著名な温泉観光地の箱根・湯河原までその表情は様々である。人口は約915万人(2016年10月現在)。東京通勤圏のみ人口増加傾向にある。

埼玉県

東京の北側に隣接する県。池袋や上野、浅草から関東平野が広がる郊外に伸びる通勤路線沿いに街が発展したベッドタウン県だが川越や秩父といった地味な観光名所も存在する。神奈川と違いブランド意識は皆無。長年ダサイタマと嘲笑の対象にされるも生活利便性の高さや豊富な自然環境(田んぼと畑だらけ)、コスパの良さが見直されている。人口は約729万人(2016年10月現在)。東京通勤圏のみ人口増加傾向にある。

千葉県

東京の東側に隣接する県。総武線などの通勤路線で行ける地域は東京のベッドタウンとして発展するも、県庁所在地の千葉市から先は隔絶されたチバラギヤンキー仕様の独自文化を持つ半島県である。成田空港という空の玄関口もあるが、その他の地域は概ね地方都市さながらの過疎地帯だ。人口は約624万人(2016年10月現在)。他県同様東京通勤圏の人口が増えているが鈍化傾向にある。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.