記事を人に教える

【足立区】オウムも住んでる団地だらけタウン・竹ノ塚の外れ「保木間&西保木間」の街並み

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

東京23区中、地価が最も安く貧民窟と化しているエリアだといつも槍玉に上がる足立区の最果て、東武伊勢崎線「竹ノ塚」駅周辺のヤバイ街並みをこれまで何度かお伝えしてきた当取材班であるが、竹ノ塚エリアでヤバイのは駅の周辺だけとは限らないのがこの街の奥の深さである。

竹ノ塚駅から少し離れた一帯に「保木間」という一風変わった語感の地名を持つエリアが広がっている。ホキマと読むんですが何やらドラクエの呪文のようである。都心と埼玉のビミョーな地域を結ぶ国道4号日光街道沿いにも保木間交差点ってのがありますが…

保木間と地名の付いた一帯は足立区保木間一~五丁目、西保木間一~四丁目、東保木間一・二丁目にあたる一帯で、竹ノ塚エリア全体の中でも結構な面積を占めている。そのうち保木間二丁目には竹ノ塚の冬の風物詩になっているイルミネーションイベント「光の祭典」の主会場になる元渕江公園があり地元のヤンキーやリア充で賑わうが、ここの公衆トイレの落書きが酷い件には以前触れたことがある。

「保木間」の地名の由来がそもそも酷い件

そんな「保木間」の地名の由来だが、かつてこの一帯は低湿地帯にあって(足立区なんてどこもそうですが)、土地を開拓する際に木の柵を作って土を流れないようにして柵の間の土地を保ったこと、というのが有力らしいが、「ホキ(ホギ)」という言葉が崖(特に崩れやすい川崖)を意味する古語でもあり、どちらにしても状態の悪い土地であることを暗に示している。

この保木間地域は国道4号沿いで東京都の最北端に位置しており、毛長川を挟んですぐ北側が埼玉県草加市との都県境になっている。既にロードサイドの風景は下町オジサン御用達自家発電ボックスもとい個室DVD花太郎(しかもパチンコ屋の居抜きと思しい建物)だったり最早埼玉と何が違うのか見分けがつきません。

しかもこの保木間は高度経済成長期に整備された都営住宅があちらこちらに建っている「団地だらけタウン」である。とりわけ竹ノ塚駅北側の西保木間二~四丁目、竹の塚七丁目には大規模な都営住宅が広がっている。終戦直後は単なる農村地帯でしかなかったのに、公団住宅や都営住宅が雨後の筍の如く建てられあれよあれよと新住民が流れ込んだ竹ノ塚エリアの土地の歴史が伺える。

周辺の団地やアパートにお住まいのご老人が開店前から行列を作っている保木間五丁目の銭湯「松の湯」も戦後間近に建てられた古めかしい建物のまま営業している。どうやら東京都最北端の銭湯ということらしい。国道4号に架かる歩道橋の上からも煙突が見える。

オウム真理教の残党も住む保木間という土地

埼玉県境に程近い国道4号の西保木間交差点までやってきた。ここまで来ると竹ノ塚駅からも相当離れていて、酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが住んでいて去年センスプこと週刊文春が突撃取材を行い話題になった花畑団地の方が近くなる。

国道4号から枝分かれして草加市街に向かう東京都道・埼玉県道49号(足立越谷線)に入ったあたりに四階建ての怪しい佇まいのビルが現れる。ビルの窓ガラスは全て締め切られ、あらゆる角度に防犯カメラが取り付けられている物々しい建物だ。さらに玄関に面した部分には上下二段に分かれた駐輪スペースが置かれ、そこに十数台もの自転車が停まっている。

保木間五丁目に所在するこのビル、実はオウム真理教(現・アレフ)の「新保木間施設」と公安調査庁に公表されている教団の主要施設の一つとなっていて、入谷九丁目にある「足立入谷施設」、保木間一丁目にある「保木間施設」も含めて土地の安い足立区や埼玉県八潮、越谷といった一帯は教団施設が集中している。アレフは賃料の高い世田谷区の南烏山施設を引き払い、浮いた家賃を活動資金に回せるお得な足立区を拠点に活動しているというわけだ。

都道103号沿いもなかなかドイヒーな街並みである

今度は国道4号日光街道から数百メートル西に並行する都道103号(吉場安行東京線)沿いを歩く。ここも竹ノ塚駅東口住民を中心に南北方向の交通量が多い道路で、ローカルな食い物屋や場末感強いスナックが点在している。

道沿いに歩くと随分廃れた佇まいの二階建てアパート兼店舗の建物が現れる。一階の店舗スペースを見るとどうにもやれた店構えの酒場やボロ汚い店構えで中にいるチワワが妙に涙目なペットショップがずらりと並んでいて一種異様な空気が漂う。

そんなところで「さてと…今村です。」と店の看板で自己紹介されてもお前誰やねん的なツッコミしか出来ませんが足立区的なユルさが漂っていて何とも言えない。

その向かいにある移転済の空きテナントとなったスナックも昭和レトロ風味な佇まいで場末感半端ない。さすがの玉袋筋太郎のナイトスナッカーズもここまで足を運ぶことは無さそうな気配がするほど東京の外れすぎる土地だ。

東武バス仲保木間バス停の真ん前にある大衆中華料理「三陽」(みはる)も見た目にはごく普通の店構えだがドカチンが多い土地柄を鑑みてラーメン二玉入りのデカ盛りメニューを全力で推しているあたりが足立区テイストである。しかしこのへんの食い物屋、食べログはおろかネット情報ほぼ皆無の店ばかりですよ…

そして極めつけには戦後の臭いがプンプン漂うとある美容室の廃墟…外観には豆タイルを使っているあたりがガチである。恐らく店主が居なくなって相当年月が経っているはずだが、竹ノ塚の町外れという場所が仇になって解体されることもなく放置プレイをかまされているのだ。

「パーマ ミサ美容室」という屋号の丸い看板もオツすぎます…

どれだけ駅から離れた町外れでも地元の呑んだくれ下町民の溜まり場となるこうしたスナックばかりが多く見られる地域ほどガチなものはない。この後「西保木間四丁目アパート」という都営住宅を見に行ったのだがそこもキョーレツだった。レポートはまた次回。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.