「 川崎市 」一覧

全50件中 31〜45件目を表示

NO IMAGE

武蔵小杉最強伝説 (3) 法政通り・府中街道

東急武蔵小杉駅から南側の府中街道を跨ぐと、その先には「法政通り南壱番街」が続いている。法政通り商店街と呼んだ方が通りが良い。 その商店街の名前の通り、道なりに進むと中高一貫校の法政大学第二中・高等学校がある。駅前を見る限りはとても文教地区...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小杉最強伝説 (2) 東横線武蔵小杉駅前

横須賀線ホームの開業で街が一変しようとしている武蔵小杉駅周辺。横須賀線改札のある東側一帯は既にタワーマンションが乱立して、それまでの工業地帯の姿が消えかかろうとしている。 今度は元から市街地だった東横線武蔵小杉駅西側一帯を散策してみようと...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小杉最強伝説 (1) これが横須賀線武蔵小杉駅

ネット上でよく「武蔵小杉最強伝説」などと書かれたコピペを見かけるのだが、どこがどう最強なのかと思ったら最近になって横須賀線の武蔵小杉駅が開業したと言うことでやけにこの界隈がアツい。 一体どうなっているのかと思い、東京DEEP案内取材班は急遽...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎北部民・新旧百合ヶ丘対決 (3) シンユリネーゼ

川崎北部民の生活実態を観察すべく小田急線に乗り込み百合ヶ丘駅を降りた我々は弘法の松公園を過ぎていよいよ川崎のビバリーヒルズとも一部では言われている高級住宅ゾーン・新百合ヶ丘に足を踏み入れるのだ。 特に新百合ヶ丘界隈で高級住宅街とチヤホヤさ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎北部民・新旧百合ヶ丘対決 (2) オールドニュータウン

昭和35年開業、ニュータウン計画の走りとして多摩丘陵に開発された「百合ヶ丘駅」周辺に来ている。 街が造成されてから半世紀が経過した間に、ただの山でしかなかった土地にはさまざまな人間の暮らしや人生そのものをひっくるめて、いろんな垢が染み付いて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎北部民・新旧百合ヶ丘対決 (1) 百合ヶ丘駅前

川崎市北部の麻生区住民を名乗る読者の方からメールを頂いた。 「東京DEEP案内で川崎といったらもっぱら海側ばかり取り上げてますがたまには山側も来てください」 そういえば川崎市北部は全くノーマークだった。 小田急線や東急線に乗ると、いかにも幸...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (12) 産業道路ホームレス村

川崎コリアタウンのネイティブな祭り「大交流祭」を体験しようと再度川崎臨海工業地帯を訪問した我々東京DEEP案内取材班。 前回訪問できなかった、セメント通り西側の浜町商店街界隈から産業道路沿いの道を再度散歩しようということになった。 もはや...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (11) 朝鮮学校大交流祭

川崎DEEPコリアタウン「おおひん地区」を度々訪れてはタウンレポートをお送りしていたわけだが、先日訪問したときに桜本商店街の一角にこんなポスターが掛かっていた事がずっと気がかりになっていた。 「第6回 KAWASAKI大交流祭 I LOV...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (10) 浜川崎ゴーストタウン

川崎コリアタウン「おおひん地区」を抜けて辿り着いたのは産業道路「鋼管通り交差点」。京浜工業地帯の中核を成す川崎において街の名前が鋼管だったりセメントだったりゴムだったりするのはそのまま街の歴史を物語っているようでもある。 実際に川崎区鋼管...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (9) 産業道路沿いを歩く

やはり普通の日本人とはどこかズレた感覚を持つ人が多い川崎コリアタウンのセメント通りを過ぎて、首都圏最悪クラスの排気ガス汚染で有名な「産業道路」沿いに少し歩いていく事にした。 するとのっけから「うそ丼」と書かれた謎の食い物屋を発見する。 「...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (8) 神奈川の朝鮮

川崎コリアタウンの台所「桜本商店街」を抜けてさらに南へ進む。朝鮮総連川崎支部があるなどしてコリアタウンの中でも最もコアな部分を通り過ぎるとその先にはさらに旧朝銀系金融機関「ハナ信用組合川崎支店」の建物が現れる。 旧朝銀系というのは、主な顧...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (7) アリランの家

川崎コリアタウン探訪の旅がまだまだ続きます。 桜本商店街を訪れてうろうろしていたものの、何も昼飯にコリアタウンだからと韓国料理屋や焼肉屋に限る事はないと思っていたら、商店街の入口から道路を挟んだ向かいに気になる定食屋を発見したので入ってみる...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (6) 桜本商店街

再び川崎コリアタウン「おおひん地区」を訪ね歩いた。 川崎区大島、桜本、浜町、池上町の一帯をまとめて「おおひん地区」と名づけたのは地元の在日コリアンのオヤジだと聞いたが、あまり一般的にこの呼び名が広がっていないのは大阪西成の釜ヶ崎を「あいりん...

>記事全文を読む

川崎臨海部・池上町に残る不法占拠地帯コリアタウン「群電前」探訪 (全5ページ)

川崎臨海部・池上町に残る不法占拠地帯コリアタウン「群電前」探訪 (全5ページ)

川崎市川崎区池上町。大田区の池上ではない。京浜工業地帯におけるコリアタウン「おおひん地区」の最奥部に位置し、唯一産業道路と貨物線の東側にある2万3千㎡にも及ぶ敷地にまるで陸の孤島のように存在する住宅地だ。 その池上町の敷地は、かつて戦...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎DEEP下町詣 (3) 観音町廃墟住宅<後編>

川崎大師から南方向へ歩くと、徐々にコリアタウン「おおひん地区」へと近づく。かつて京浜工業地帯で働く労働者の街として発展したこの地域は今では栄光の陰もなく、まさに「都会の田舎」たる静けさを見せる。 関東における川崎公害は関西で言う所の尼崎や...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.