「 神奈川県 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全216件中 61〜75件目を表示

NO IMAGE

川崎市多摩区菅仙谷の旅 (4) 小沢城址

川崎市多摩区"菅""仙谷"を見下ろす高台に「"小沢"城址」があるという縁起の悪い三連コンボで笑えてしまうが、その小沢城址へ抜ける道がどこにあるのかわからず右往左往してしまった。 住宅地の途中からちらりと見える、個人の家の脇から伸びる細い裏...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎市多摩区菅仙谷の旅 (3) 菅仙谷なかよし公園

我々は川崎市北部の住宅地・菅仙谷(すげせんごく)へと足を踏み入れていた。ネタとしては既に賞味期限切れの「菅仙谷なかよし公園」の存在を確かめる為である。 奇遇にも菅直人首相と影の首相と持て囃される仙谷氏(当時は官房長官)との因果を感じさせる...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎市多摩区菅仙谷の旅 (2) この先行き止まり

稲田堤駅から菅仙谷に向けてしばらく歩くと、街並みは新興住宅地ながらも田舎の里山が残るなんとも都会らしくない風景へと変わる。 道中にまた一軒、無人販売所があった。 近所の農家で取れた野菜や柿の実などが並べられている。 しつこいですが新宿から...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎市多摩区菅仙谷の旅 (1) 稲田堤駅前

この短期間に地震やら津波やら原発やら色んな問題がありすぎて、川崎市多摩区に菅仙谷(すげせんごく)という縁起の悪い地名があるという話はネタとしてはすっかり賞味期限切れな感が否めないがせっかく行ったのでレポートしようと思う。 菅仙谷への玄関口...

>記事全文を読む

NO IMAGE

パチンコ屋だらけの湘南台駅前 (2)

横浜郊外、神奈川県藤沢市北部にあるベッドタウン「湘南台」。近年鉄道網の開通で急激に発展してきた一方で駅前に出来る店はなぜかパチンコ屋ばかりという歪な成長を遂げた街だ。引き続き散策する事としよう。 こう見えても湘南台は一応学生街でもある。慶...

>記事全文を読む

NO IMAGE

パチンコ屋だらけの湘南台駅前 (1)

横浜駅から市営地下鉄や相鉄線などに乗ると終点が「湘南台」になっている。この駅は小田急江ノ島線も走っており3つの鉄道路線が入り混じる横浜郊外のベッドタウンといった位置付けで、特に東京方面から来る用事もなさそうな場所だが、たまたま訪れる機会があ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

サーファーの聖地・湘南茅ヶ崎 (3) 茅ヶ崎海岸

サザンオールスターズの地元、サーファーの聖地、日本のジャージーショア「茅ヶ崎」の街を散策する東京DEEP案内取材班。茅ヶ崎駅南口から「雄三通り」をとことこ海に向けて歩いて行くと徒歩20分程度で太平洋が眺められる茅ヶ崎海岸へと至る。 海に近...

>記事全文を読む

NO IMAGE

サーファーの聖地・湘南茅ヶ崎 (2) サザン神社

JR茅ヶ崎駅南口を降りて南西方向の路地に進むと「サザン通り商店街」というそのまんまなネーミングの商店街がある。茅ヶ崎=サザンというのは周知の通りなので改めて説明するまでもないが、色々とオモロい事になっているので散策してみる事にする。 商店...

>記事全文を読む

NO IMAGE

サーファーの聖地・湘南茅ヶ崎 (1) 雄三通り

汚い貧民窟の路地裏やら不法占拠バラックばかり眺めて鼻息荒くレポートしてばかりの東京DEEP案内取材班も、たまには海に癒されたいよね、と東海道線の電車に揺られて乗りながら考えていたら、茅ヶ崎駅で途中下車してしまっていた。 茅ヶ崎駅は東海道線の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (3) 猛犬注意

小田原市早川の早川河川敷の一画に不自然に建てられた人家の数々。首都圏でもめっきり見かけなくなった「戦後」の風景がここにはある。 河川敷集落に入って路地を半分程進んできた。住民の生活音はわずかに聞こえるものの、住民が通りがかる事は一度もなか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (2) 官地につき

小田原市早川にある早川河川敷に建てられた民家群の様子を確かめるべく訪れた東京DEEP案内取材班。その集落の入口には民団の「韓国人会館」があり、在日コリアンとの関わりがあるのは疑いようがない。神奈川と言えば川崎の戸手四丁目無番地が有名だが、そ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (1) 韓国人会館

箱根登山鉄道箱根板橋駅の近くを流れる早川は、箱根の芦ノ湖から相模湾に注ぐ二級河川である。その早川の上を西湘バイパスが跨ぎ箱根ターンパイク入口へと差し掛かる付近の河川敷に不自然に家々が立ち並ぶ場所があると聞いて、実態を知るべく現地を訪れた。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・箱根板橋駅前「市営福井島住宅」

小田原駅から先、大勢の観光客を載せて走る箱根登山鉄道の一つ目の「箱根板橋駅」で降りる。城下町小田原は大きな街だが、一駅離れるだけで田舎っぷりが半端ない。 東京の板橋もたいがいな場末の下町だが、ここ小田原の箱根板橋も下町風情が強い街並みが残...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (4)

小田原市本町、かつて宿場町として、さらに漁師町としても賑わった旧市街地における大人の社交所「宮小路」の現在は古びたスナックや連れ込み宿が辛うじて残るオールドタウンと化してしまっていた。 老い先短い高齢者を見ているような気分になっていたたま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (3)

小田原旧市街地の繁華街「宮小路」は寂れてどうにもならない商店街や外国人パブばかりかという訳でもなく、実はこっそり旅館街も残っている。 国道1号の国際通り交差点から西側2つめ、セブンイレブンの店舗がある路地を入り込むとそこが旅館街の成れの果...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.