「 横浜市 」一覧

全77件中 31〜45件目を表示

NO IMAGE

横浜南太田「乞食谷戸」の現在 (3) ニューママセンター

横浜市南区南太田界隈、今では寂れた下町となったドンドン商店街をどんどん突き進んで行く事にする。 道すがらにあったのはドンドン囲碁センター。頭の健康に碁。 定年退職後の暇そうな老人の皆さんがドンドン勝負に没頭している。

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜南太田「乞食谷戸」の現在 (2) ドンドン商店街

横浜市南区南太田界隈に存在したと言われる「乞食谷戸」と呼ばれた昔の貧民窟の面影を訪ねにやってきた訳だが、現在はもちろん存在している訳でもなく、普通の古い住宅地が残っているだけだ。 京急南太田駅からドンドン商店街に続く路地。隣の黄金町や日ノ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜南太田「乞食谷戸」の現在 (1) 京急南太田駅

日ノ出町や黄金町など横浜でもかなりDEEPな街を通り抜ける京急沿線、黄金町駅のもう一つ先に南太田という駅がある。 南太田駅と言えば各駅停車が快特電車に抜かれる待避駅としか知られていなかったり、駅を降りると地味な住宅地が広がっているだけのな...

>記事全文を読む

首都圏屈指の超多国籍団地!横浜市泉区「神奈川県営いちょう団地」訪問 (全5ページ)

首都圏屈指の超多国籍団地!横浜市泉区「神奈川県営いちょう団地」訪問 (全5ページ)

少子高齢化社会が本格化する日本において、その傍らでは将来の労働力不足を補うかのように外国人移民の流入が加速度的に高まっている。そして既に住民が外国人だらけになった団地が日本各地で次々生まれている。 当取材班では、これまでもブラジル人だ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

もう一つの横浜ドヤ街「中村町」 (3) レトロ建築

寿町以前のドヤ街の系譜が今に残る街、港町横浜の暗部とも言える風景が連なる南区中村町界隈を引き続き歩く事にしよう。 中村川に架かる浦舟水道橋は遠くからも目立つ真っ赤なトラス橋である。首都高の高架に遮られてしまってはいるが、存在感が大きい。明...

>記事全文を読む

NO IMAGE

もう一つの横浜ドヤ街「中村町」 (2) 簡易宿泊所

寿町と並んで地味にドヤ街が形成されている、横浜市南区中村町界隈。 中村川沿いの道を歩くと簡易宿泊所がずらりと並ぶ独特の景観が見られる。 規模は寿町には及ばないが、中村町もまた横浜開港の歴史とともにあり続ける労働者の町だった。江戸時代に始ま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

もう一つの横浜ドヤ街「中村町」 (1) 三吉橋通

下町全開の横浜橋通商店街のアーケードを抜けた先にも「三吉橋通商店会」が続いているが、その先の中村川を渡った向こう側の中村町は、寿町と同じくドヤ街である。寿町と比べると存在感に欠けるが、住宅街に紛れて簡易宿泊所が何軒も連なっていて、やはり独特...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜赤線地帯 永楽町・真金町「永真遊郭」跡 (2)

横浜市南区真金町、そこは横浜における赤線地帯「永真遊郭」を抱え、また落語家の桂歌丸氏が生涯に渡って住んできた街でもある。幕末の港崎遊郭の時代から続いた遊郭の歴史は昭和33(1968)年の売防法施行により生涯を閉じた。 そんな歌丸氏を育んだ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜赤線地帯 永楽町・真金町「永真遊郭」跡 (1)

横浜市南区、地下鉄阪東橋駅が最寄りのド下町商店街「横浜橋通商店街」は連日貧民相手に安売り大戦争勃発中のエネルギッシュでヤバイ商店街だが、そこから外れた永楽町・真金町界隈は「永真遊郭」という元赤線地帯だった。 この永真遊郭は横浜における遊郭...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ハマのアメ横・洪福寺松原商店街 (2)

おそらく横浜市内で最も活気に溢れる商店街であろうと思われる、保土ヶ谷区の「洪福寺松原商店街」。相鉄線天王町駅から徒歩5分程度の場所にある商店街は、決して大規模でもないが、安売り店舗の密集具合は半端ないのだ。 旧「オガワ薬品」の謎の果物屋の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ハマのアメ横・洪福寺松原商店街 (1)

横浜市には「ハマの三大商店街」などと呼ばれる威勢の良い下町系商店街が3つ存在している。一つは神奈川区の六角橋商店街、もう一つは南区の横浜橋通商店街。 どちらも駅に近い場所に所在していて通勤帰りの買い物にも便利な場所なのだが、ここ保土ヶ谷区...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (5) 天王町日用品市場<後編>

横浜市保土ケ谷区天王町は、戦前に従業員7000人を数える富士紡績の巨大紡績工場があった事もあり、古くから栄えていた街だったそうだが、天王町日用品市場はそんな天王町の栄枯盛衰の一部始終を見守るかのように街の歴史の重みを抱えたまま崩壊寸前のバラ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (4) 天王町日用品市場<中編>

天王町日用品市場の中は、戦後の光景が今に息づくタイムカプセルのような空間だった。 かつては市場だったようだが、現在は殆どが表の店舗の物置き場として使われているため、一見すると中に入ってもいいのかどうか...といった佇まいなのだが、この奥に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (3) 天王町日用品市場<前編>

相鉄天王町駅からシルクロード天王町商店街を抜けて洪福寺松原商店街方面に向かう途中、国道16号八王子街道の手前で商店街を左に折れると、極端に鄙びた2階建ての商店の建物が姿を現す。 現在もその建物は使われていて、道路に面した部分には中華料理屋...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (2) 横浜ビジネスパーク

相鉄天王町駅と星川駅の間あたりに、やけに場違いなオフィス街の拠点が広がっている場所がある。「横浜ビジネスパーク」という所で、別に横浜市がらみの第三セクターなどではなく、野村不動産が所有する民間運営の施設となっている。 もともとこの土地には...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.