「 横浜市 」一覧

全77件中 61〜75件目を表示

NO IMAGE

超絶つまらないと評判の横浜開国博Y150を体験してきた (1)

東京DEEP案内で博覧会のレポートをやるのは少し趣旨がズレてるんじゃないのかという突っ込みが来そうなので予め先制しておくが(笑) 実は逢阪は博覧会というのが好きで、2005年にはあの愛知万博にもしょっちゅう通いつめていたし、1990年の大阪...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東海道神奈川宿 (5) 京急神奈川駅と高島台

日本の都市において、おおよそ都道府県名を冠した駅というのは県庁所在地の中心的ターミナル駅で、重要な役割を持つ駅だという「固定観念」があるものだが、そういう視点で見るとどうしても解せないのが神奈川県名を冠する「神奈川駅」の存在ではないだろうか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東海道神奈川宿 (4) 「神奈川=韓川」説

古くは東海道神奈川宿や神奈川湊があり賑わっていた街道沿いの宿場町、そんな神奈川区神奈川の街を歩いていると、そこには意外にも韓国系の店やキリスト教会が目立つ。 もっとも横浜だって戦時中は空襲で市域の3分の1が焼け野原に遭うなど戦災の被害を経...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東海道神奈川宿 (3) 横浜のアメリカ・米軍ノースドック

神奈川県と言えば本州で最も米軍施設が置かれている特殊な土地柄を持つ。 ペリーの黒船来航から150年、何やら因縁めいたものも感じずにはいられないが、有名な横須賀基地や厚木基地、座間キャンプといった大型施設に留まらず、横浜市内には何ヶ所か米軍が...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東海道神奈川宿 (2) 神奈川県横浜市神奈川区神奈川

東海道神奈川宿と神奈川湊の歴史の匂いがかすかに残る、横浜駅の東側一帯をふらふら散歩しています。 かつては神奈川湊と呼ばれ、神奈川県の名前にもなった由緒ある場所であり、なおかつ巨大ターミナルとなった横浜駅から徒歩圏とはとても思えない、すこぶ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東海道神奈川宿 (1) 知られざる横浜港

毎日数百万単位で通勤通学のために民族大移動が起こる東京~横浜間だが、意外に見過ごされがちな街が多い。今日は横浜駅の隣、京浜東北線の東神奈川駅を訪れた。 東神奈川駅がある横浜市神奈川区、ここは神奈川県の県名にもなった「東海道神奈川宿」がある...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (7) 最強ガード下「国道駅」<後編>

昭和5年開業、京浜工業地帯への通勤の足として作られた鶴見線の一つ目の駅「国道駅」に来ている。そこは70年前の駅構内がそのまま残された貴重な空間である。 鶴見線の駅は鶴見駅を除けば全て無人駅となっており、この国道駅も例外ではない。しかし時折...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (6) 最強ガード下「国道駅」<前編>

京浜工業地帯のDEEPゾーン「鶴見線」界隈を巡る旅、沖縄南米タウンを堪能した後は「国道駅」を訪れた。完成した当時「国道1号」だった京浜国道、現在の国道15号がそばを走っているから国道駅という、なんとも安直なネーミングの駅は戦前の昭和5年に完...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (5) 鶴見区の沖縄南米タウン<後編>

関東有数の沖縄タウンである鶴見区「仲通商店街」訪問レポートはまだまだ続く。せっかくだし腹も減ったので、沖鶴会館1階にある「おきなわ亭」に入った。見た感じ比較的入りやすい店構えだが、実は横浜駅西口にも店がある。 明るく清潔な店内は決して玄人...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (4) 鶴見区の沖縄南米タウン<中編>

横浜市鶴見区仲通、神奈川県で最も沖縄系住民が多く暮らしていると言われるエリアだ。 京浜工業地帯とともに発展した下町の姿は、この国の産業構造の変化とともに色褪せて寂れている。 午後7時を過ぎると商店街は見事にシャッター通りと化していた。そこ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (3) 鶴見区の沖縄南米タウン<前編>

鶴見線の醍醐味である京浜工業地帯沿いにあるオンボロ木造駅舎を巡る小さな旅をほどほどに満喫した後、我々はもう一つの目的である鶴見区の「沖縄タウン」訪問のために最寄り駅である弁天橋駅を降りた。 日本は大正時代の工業化によりそこで働く労働力を確...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (2) 海と東芝しかない海芝浦駅

日も暮れかかる夕方6時半、京浜工業地帯への通勤路線として使われている超マイナー路線「鶴見線」に乗って終点の海芝浦駅に降り立つと、これから仕事を終えて帰るサラリーマンの姿がぞろぞろ電車に乗り込んできた。 工場地帯とイメージしていたので、もっ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (1) 京浜工業地帯の足

オシャレな街、デートスポット、ファミリー向け、などと色々とトレンディな語られ方をする都市が横浜市なのだが、一方で同じ横浜市なのにそうした視点ではさっぱり見向きもされない地域がある。 川崎と隣接する「鶴見区」の存在だ。区内の大半は京浜工業地帯...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ローカル麺「サンマーメン」を食する

港ヨコハマ、ペリーの黒船来航により開国させられ、ただの寒村に過ぎなかったこの地に多くの外国人が移り住み、洋の東西を問わずあらゆる人々と文化を受け入れた。 観光地としてまず第一に挙げられる横浜中華街に見るように、横浜の食文化に限った話、とりわ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜DEEP・横浜橋通商店街 (2) 横浜の鶴橋

横浜市内有数の歴史を誇る商店街「横浜橋通商店街」の探索はまだまだ続く。 この商店街の面白いところは、何も激安の食料品や衣料品ばかりではない。 商店街の至る所にある韓国食材の店の数々だ。 注意して見て回るとやたらと多い事に気が付く。 本場大...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.