記事を人に教える

東京駅至近のド都心にある奇跡の光景!激渋昭和ガード下バラック飲食街「今川小路」がまだある件

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

東京駅と神田駅の間に、戦後の闇市時代から殆どその姿を変えずに生き続けるガード下横丁「今川小路」は当サイトでもかなり以前に紹介した事がある。その後「上野東京ライン」こと東北縦貫線計画で今川小路の真上の高架橋が大規模工事を行うこともあって、いよいよ解体されるかも…という噂もあったのだが、どうやらまだ残っているらしい。

千代田区 神田

…というわけで、またまた戦後の残照を求めて我々は神田駅から東京駅寄りに少し歩いたところにある「今川小路」の現況確認にやってきたのだ。このガード下、「白幡橋高架橋」という正式名称があるのだが、現在の住所は千代田区鍛冶町と中央区日本橋本石町に分かれている。

千代田区 神田

今川小路がある場所は神田駅南口から2~3分も歩かない東京駅寄りの一角。ホテルメイン神田という新し目なビジホが建ってますんでそこと線路沿いの間の細い路地を進みましょう。

千代田区 神田

神田駅付近もJRの高架橋工事なんかもあってだいぶ風景が変わりつつあるけど、ところがどっこい今川小路はというと…なんとまだ残っているではありませんか。東北縦貫線のせいで「立ち退き」にはならなかったらしい。まさに奇跡!

千代田区 神田

明らかに戦後のドサクサで出来た飲食街、残っている建物もおおよそ昭和30年代までに建てられた粗末な住居兼店舗ばかりである。

千代田区 神田

ガード下に完全に収まっているボロ長屋も、その半分くらいが廃屋同然になっているが、まだちょいちょいと居酒屋営業している店舗もあるし、住民の自転車まで置かれてある。

千代田区 神田

ド都心の一等地もいい所にこのような佇まいのバラック横丁が残っているのは、何度見ても奇跡だとしか言えない。なんかちょっと前にもNHKの連ドラ「あまちゃん」でロケ地に使ったらしいんですが…見てないので知りませんでした。

千代田区 神田

残っている居酒屋の建物を見ると、建物外観の柱にピンク色の豆タイルがびっしり使われているあたりも凄く「戦後」っぽくていいですね。

千代田区 神田

昼間来てもひっそり静まり返っているだけだが、神田と言えばオッサンパラダイスでバリバリなオフィス街。夜ともなると、それなりに酔客で賑わうようである。

千代田区 神田

確かにこの上には生活している人もいるみたいだし、ましてやこんな粗末なバラック長屋で、頭上をひっきりなしに行き来する通勤電車の騒音がダイレクトに来たりしないんでしょうか…山手線、京浜東北線、中央線、東北・上越新幹線、いっぱい走ってますよ?

千代田区 神田

二階部分が大きく前にせりだした住居兼店舗の造りも、戦後の盛り場建築でよく見かける「土地の有効活用」の典型例。丸い飾り窓がイカス。

千代田区 神田

解体された家の「貸付財産票」には在日コリアン系なお方の氏名が書かれていたりしたのもリアルでした。東日本旅客鉄道株式会社の表記がある通り、現在この土地はJR東日本が特例的にバラックの商店主達に貸し付けている状態になっている。

千代田区 神田

建物横手の壁に残る「麻雀 五月荘 コノ奥」の字。胡散臭い路地裏横丁には雀荘がお似合いですが、いつの時代にあった店なのかもう分からんですよ。

千代田区 神田

場末感もたいがいな横丁であるが「呑ん兵衛 神田(じんた)」辺りは食べログ(笑)にも口コミ登録されているような店だし、神田ならではのいかがわしげな店は見た所はないようだ。

千代田区 神田

そう言えばこのような場所にありがちな「共同トイレ」が見当たらないのが気になる所。今川小路で呑む人はどこでトイレを済ませているのだろうか…と思ったが、各店舗のトイレを借りているらしい。店舗の住民と共用ですかねやっぱり。

千代田区 神田

これでも、我々が最初に今川小路を見に来た2009年と比べるといくらか建物が無くなっている。特に東北縦貫線の高架橋を建設するガードの東側の建物なんかが無くなった訳だが、まだ8割くらいは残っている印象。

千代田区 神田

それどころかガード下バラックが解体された跡に新しくプレハブ小屋が建っていたりするのだから凄い。明らかに飲食店舗向けの設計で建てられたもので、今川小路は世代交代しながらも続行するつもり満々なのでしょうか。その割には空き店舗のままだが…

千代田区 神田

来年からはこの今川小路の上をさらにもう一本、上野と東京を結び東海道線や宇都宮線・高崎線・常磐線が直通運転する「上野東京ライン」が開通、行き来する電車の数がもっと増える予定だ。日本最大の大都市圏の公共交通をカバーする鉄道網のその下に、こんな昭和な風景は今後も生き続けるようだ。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.