記事を人に教える

電脳九龍城「ウェアハウス川崎店」の本気過ぎる内装の再現度に腰が抜けた (全2ページ)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

川崎市 ウェアハウス川崎店

川崎市にある「ウェアハウス川崎店」、内装がとんでもなく凄まじすぎてヤバいと評判を散々聞いていて、普段ゲームセンターなどの娯楽施設にあまり足を運ばない我々でもさすがに気になったので、見に来ました。

川崎市 ウェアハウス川崎店

果たしてウェアハウス川崎店がどのようにヤバいかというのはまず導入部分である建物外観からお確かめ頂きたい。周囲の街並みから大きく逸脱した巨大な錆ついた箱のような建物…そこに「あなたのウェアハウス」のロゴが入っている事で、この建物が娯楽施設である事が分かる人には分かるが、分からん人には「なんじゃこりゃ」だよな…

川崎市 ウェアハウス川崎店

京急線やJR線の車窓からも見えるインパクト大な建物には偽中国語っぽい文字が…
「超娯楽魔窟煩悩覚醒 贅沢三昧」
「一日五食 電脳九龍城二升五合」

…「なんじゃこりゃ」連発したくなりますね。場所は川崎駅から徒歩7~8分くらいの所。日進町という川崎の小さなドヤ街が近くにあります。

川崎市 ウェアハウス川崎店

それでは入ってみる事にしましょうかね。ちなみにウェアハウス川崎店だけ「18歳未満立入禁止」のルールを敷いている。高校生以下のヤンキーやDQNの立ち入りを最初からお断りしている大人の為の遊び場という訳か。

ここで一つ注意点があります。ウェアハウス川崎店は「館内写真撮影禁止」の決まりがあって無断での撮影はご法度です。当取材班はウェアハウス川崎店に了承を得た上で館内撮影及びブログ掲載の許可を受けております。ご協力感謝します。

川崎市 ウェアハウス川崎店

入口の扉が開くと、秘密基地の入口のようなクソ怪しげなエントランスが現れ「電脳九龍城」の文字が飛び込んでくる。ウェアハウス川崎店の店内は、今は亡き香港の魔窟「九龍城砦(九龍寨城)」をモデルに作られた内装が施されている。これが如何に本気過ぎてヤバいか…

川崎市 ウェアハウス川崎店

秘密基地のゲートを潜ると中から現れたのは…まさに香港にあった九龍城砦のあの路地…天井からは電気や電話の廃線がだらーんと垂れ下がり、雨水なのが屎尿なのか得体の知れない液体が雨漏りのようにポツポツと…とそこまで本格的な廃墟感はないが、トタン板継ぎ接ぎやら天井に数多くのパイプを這わせている所とか、色々と現地のそれに近づけている。

川崎市 ウェアハウス川崎店

扉の向こうから聞こえてくる不法占拠住民の生活音…日本のスラムで有名な大阪市西成区の釜ヶ崎が面積0.62平方キロメートルで人口約3万人であるのに対し、香港九龍城砦は面積僅か0.026平方キロに15階建ての不法建築住居が折り重なりその中の人口は3万とも5万、もしくは10万人居たとも言われていたので如何に異常な住環境だったか想像してみよう。

川崎市 ウェアハウス川崎店

そんな世界屈指の不法占拠スラム「九龍城砦」は1994年までに解体され、その後香港はイギリスから中国に返還され、跡地は九龍寨城公園になってしまった。あ、入口は一方通行になってますよ。出ようと思ったら「こちからは出れません」といんちき臭い日本語が書かれている。

川崎市 ウェアハウス川崎店

一度入ったら出られない魔窟の住民は…どこかで見た事のある某O工業の某なんたらドールが寝てました。さすがにそのまま載せるのはマズイので加工してます。さすが18歳未満立ち入り禁止の事だけはある!

川崎市 ウェアハウス川崎店

ちなみに一階駐車場側の入口もこんな感じ。自家用車で来てもたっぷり立体駐車場が完備されているので無問題である。懐が広いなあ。

川崎市 ウェアハウス川崎店

駐車場側からのエントランスもかなりキテますね…エメラルドグリーンに輝く足場の水たまりと奇妙に折れ曲がった手摺り。異界の入口に相応しい。

川崎市 ウェアハウス川崎店

それではエスカレーターかエレベーターに乗って「電脳九龍城」の中を目指しましょうね。2階がゲームコーナー、3階がメダルゲーム、4階がビリヤード&ダーツ場、5階がネットカフェになってますんで。

>2ページ目を読む



The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.