記事を人に教える

ガチな下町「荒川区町屋」 (4) 町屋七丁目アパート

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

町屋駅から尾竹橋通りをずずずーっと北上していくと隅田川に架かる尾竹橋の手前までが町屋エリアとなっていて非常に広大である。なおさら狭い路地が無尽蔵に張り巡らされているので、この街の全貌を掴むにはまだまだ時間が掛かりそうだ。
25-97.jpg
千住と向かい合う隅田川が湾曲した部分が町屋七丁目となっている。川沿いという事もあって駅前よりも町工場率がググっと上がり殺伐感が増した場所となっているのだが、そんな街並みに一棟だけぽつんと都営住宅の建物が残っているのだ。


25-98.jpg
その都営住宅の名前は「町屋七丁目アパート20号棟」。なぜこの場所に一棟だけあるのか不明だが残りの1~19号棟がどこにあるのかさっぱり分からない。1階部分は店舗となっていて居酒屋なんぞが申し訳程度に店を開けている。
25-110.jpg
だが残りの大部分は店が潰れて空き家となっていて放置プレイ状態となっていた。見るからに古い都営住宅だが生活感のなさも相まって寂しい事この上ない。
25-106.jpg
エレベーターのない5階建ての古典的な中層団地といった趣きの20号棟を見物する。きっと高齢化社会が局所的に進んでいるに違いなさそうな雰囲気だ。ひっそりと静まり返っている。
25-107.jpg
なぜか物干し台が1階部分にずらりと並べられていた。都営住宅の建物に向きあって自転車置き場が並行している。
25-108.jpg
正直ただのしょぼくれた都営住宅の成れの果てというだけならそれほど興味も惹かれなかったはずだが、20号棟の奥の光景を見て明らかにヤバげなガラクタの山が置かれているので即座にアンテナが危険信号を察知した。どーなってんだこりゃ。
25-109.jpg
建築資材のような廃棄物や鉄パイプの足場が組まれていたり、プランターに混じってでかい梯子や倉庫まで勝手に置かれていてカオスっぷりが容赦ない。俺の縄張りと言わんばかりの勢いで共用スペースが侵略されているのだ。
25-104.jpg
他にも廊下の一部が勝手に改造されたのか何か知らんが建て増しされて個人のスペースに化けていたりと色々凄い事になっている。都営住宅って本当におおらかなんですね。
25-105.jpg
20号棟の脇、自転車置き場がさらに連なっているがその横の壁にはいかにも貧民街らしくヤンキーの落書きがベッタリと書きこまれていた。
25-102.jpg
どこぞのヤンキーが微妙に読めない下手くそな字を格好つけて黒いスプレーで刻みこんであったその字を解読すると「墨田」「関東広域暴走族」の字が視認出来た。いまどき東京にもこんなん居るんですね。化石みたい。
25-103.jpg
しかし笑ってしまったのがこれ。
「チンカス荒川早くかかって来い テメーラ一人一人名前書いとけ」
墨田と荒川で暴走族同士の縄張り争いがあるっぽいですよん。スゲー。
きっとヤンキーメンバーがこの団地に住んでいるんだろうな。いつの時代の話だよ。
25-99.jpg
自分の縄張りを荒らされたと思ったのか知らんが団地に生息するなめ猫…いや近所の飼い猫が一匹我々のもとに迫ってきた。
25-100.jpg
「なんだーテメエはよォ、ここは誰のシマだと思ってんだよォ」と言わんばかりに、ニャンニャン近づいてきました。
25-101.jpg
敵意がないと分かるやいなや腹を見せてゴロンゴロンし始めた猫さん。ふははは、懐柔成功である。
25-111.jpg
共産党優勢な感じの町屋エリアだったがこの場所に限っては公明党ポスターの独壇場である。それもそのはず、すぐ近所に創価学会の施設があるのだ。いやはや、町屋の街外れもなかなか見逃せませんね。

ザ暴走族 FINAL DVD-BOX
ザ暴走族 FINAL DVD-BOX

posted with amazlet at 11.06.11
パワースポーツピクチャーズ (2010-12-24)
売り上げランキング: 79242
なめんなよ なめ猫THE MOVIE [DVD]
リバプール (2011-05-27)
売り上げランキング: 80545
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.