記事を人に教える

マッドシティと呼ばないで 常磐線「松戸」を歩く (1)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

常磐線に乗って千葉県の松戸駅までやってきた。綾瀬や亀有や金町など都内の場末の下町なんぞをガン無視して走る常磐線快速なら上野や北千住からも目と鼻の先、そんな近郊ベッドタウンとしての位置づけにある松戸はマツドという字面から「MAD CITY」などと陰口を叩かれるDQNゾーンと噂が高く隣の「柏」とはライバル関係にある。
93-48.jpg
柏よりは一回り小さいかな、と思える控えめな駅前ペデストリアンデッキに降り立つと学生の姿がしこたま多い辺りは柏駅前の風景と似通っている。ただ人通りもこっちの方が控えめ。
都心から近い事もあって意外に見過ごしていた「松戸」。
あてもなくこの街をそぞろ歩きしながら観察してみようと思った訳だ。


93-47.jpg
松戸駅の西口、東口どちらも商店が多くそこそこ栄えた印象を受けるがサラ金だのパチ屋だの個室ビデオ屋などがある辺りは隣の金町あたりの貧乏臭さがそのまま漂ってきて、やっぱり常磐線文化圏なんだね、と納得。
93-49.jpg
東口に移るとやはりこちらも似たような感じの庶民的な雰囲気の駅前風景。松戸駅は常磐線の他、新京成線も走っていて津田沼やら鎌ヶ谷やら常盤平やらを通って終点はここ松戸。江戸川を跨ぐとすぐ東京と埼玉の都県境が迫るが、やっぱりここは千葉県の生活圏なのである。
93-50.jpg
でもまあどちらかと言うと東口の方が繁華街っぽい。真正面にはイトーヨーカドーもあるし、どこにでもある没個性的な郊外都市といった印象。市役所とか胡散臭い歓楽街っぽいものは全て東口だ。後でこの辺はみっちり探索する。
93-46.jpg
再び西口に戻る。今回松戸を訪れたのは「平潟遊郭」という昔の遊里跡を見たかったからだ。駅前は近代的を装っているが、流山街道の辺りまで出てくると古臭いモルタル壁の飲食店なんぞが現れて下町全開な風景へと変わる。
93-28.jpg
流山街道沿いの古臭い街並みが気になったので、ふらふらと春雨橋の方まで脱線してしまった。この付近は江戸川へ注ぎ込む支流の坂川が流れていてさながら水郷都市のような趣きすらある。今回はこの先の葛飾橋の辺りまで歩いた訳だが、それもまた後でみっちりと。
93-27.jpg
この辺りは水戸街道の松戸宿があった為にとりわけ街並みが古い。とは言っても周囲にどんどん面白みのないマンションが立ち並んでいるので風情は失われている。ベッドタウンですものしょうがないですね。
93-25.jpg
この坂川に沿って南へ歩くと松戸の総鎮守・松戸神社の境内へと至る。歴史ある神社という他は特に目立ったものがないが、昔からの住民らしき爺さん婆さんの憩いの場となっていた。
93-26.jpg
境内には松戸出身の山崎直子宇宙飛行士が松戸神社のお守りを持って宇宙に飛んだ事を記念して掲示板に色々貼り出されているのが見られる。松戸の事をマッドシティとか言ってすみませんでした。凄いですね。
93-45.jpg
あと松戸の名物と言えば「マツドナルド」かと思ったがそれは根も葉もないガセである。名物らしい名物は「茄子のよいち漬」らしい。那須じゃなくて茄子。小茄子の麹漬けである。やはり千葉の渋谷などと持て囃される柏なんぞと比べると地味かも知れない。
今回はそんな松戸の街をしこたまうろつき回る事にする。
本当に「MAD CITY」なのか確かめたいし。

これでいいのか千葉県東葛エリア (地域批評シリーズ日本の特別地域 14)
小森 雅人 川野輪 真彦 藤江 孝次
マイクロマガジン社
売り上げランキング: 73494
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.