記事を人に教える

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (3)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

小田原旧市街地の繁華街「宮小路」は寂れてどうにもならない商店街や外国人パブばかりかという訳でもなく、実はこっそり旅館街も残っている。
94-62.jpg
国道1号の国際通り交差点から西側2つめ、セブンイレブンの店舗がある路地を入り込むとそこが旅館街の成れの果て。「連れ込み」の名残りが濃厚に感じられる旅館沢本ほか数軒。


94-61.jpg
藤沢の辰巳町にもこうしたボロ旅館が何軒か残っていたが同じような経緯を辿ってきたのだろうなと邪推。さらに隣には棟続きにスナックが一軒。
94-60.jpg
その隣に建つ外壁が酷く汚れたビルもサウナ&ホテルらしい。すっかり経年劣化で黒ずんだ看板に凄みを感じる。どうやらここも現役で営業中の模様。
94-59.jpg
ホテルの玄関口。「Comy」と書かれた店の屋号の看板が酷くレトロ過ぎる。このホテルだけ未だにGHQ占領下か何かだろうか。神奈川だったらあり得るかも知れんな…ってそんなわけないだろ。
94-58.jpg
旅館沢本とホテルの建物に挟まれて反対側の通りに抜ける隙間があるので中に入ってみた。猫しか通らないような怪しい路地裏は大好物である。建物の横っ面も酷く古めかしい。
94-57.jpg
どう見ても廃墟探検気分だが両方とも現役の宿泊施設ですので誤解なきよう。
94-54.jpg
旅館沢本の裏側もなかなか迫力がある外観だ。ロマンスカーに乗って箱根観光に来るようなオシャレさんには全く無縁そうな風格が漂っております。
94-55.jpg
裏側に出てくると、こっちにはちゃんとしたホテルの看板がある。あくまでビジネスホテルという位置付けだが、ご宿泊・ご休憩の料金表示が明記してあるところから見ると、やっぱりそういう使われ方をしている感じがする。それはそうとテレビデオって懐かしいなオイ。
94-56.jpg
笑えたのだがその看板をよーく眺めてみると、うっすらと文字が見えてくるのだ。以前はモロにその手の店舗だったようだ。
94-63.jpg
旅館の隣の敷地から再度路地を抜けて元に戻ってきた。何の店か分からないけど怪しい看板がビルの横から顔を出している。子供やカップル連れだとちょっと歩くの躊躇いそうでんな。
94-64.jpg
その雑居ビルの壁には、何やら意味深に憂いの表情を浮かべる真っ赤な人魚のレリーフがあった。土地のもたらす因縁からか物悲しさを誘う。
94-65.jpg
で、その真ん前の空き地は何ともアレな高級車の駐車場となっておりました。やっぱりこの界隈には組事務所があるみたい。花街の歴史と表裏一体といった所でしょうか。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.