東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全1195件中 1186〜1195件目を表示

NO IMAGE

高架下萌え (1) 神田高架下煉瓦造

巨大ターミナル駅の隣の駅というのはなぜか魔界の入り口だったり都心の裏の顔を見せている事が多い。この神田駅も例外ではない。 神田駅は東京駅のすぐ隣にあるにも関わらず、日本の中枢東京都千代田区らしからぬ猥雑さと仄暗さを匂わせる町並みが残ってい...

>記事全文を読む

亀戸「サンケイスーパー」のモッタイナイ商品棚

亀戸「サンケイスーパー」のモッタイナイ商品棚

大不況だデフレスパイラルだと騒がしい昨今ですが、庶民は財布の紐をピシっと締めて、それに対するマーケット側は安いこそが正義であるとばかりにどんどん安売り競争を過熱させている時代。 東京DEEP案内では、首都圏各所の所謂「貧民街」にも数多...

>記事全文を読む

NO IMAGE

基地の町・福生 (2) 赤線跡とコリアタウン

広大な米軍横田基地を抱える福生市。 東京の西の外れにある人口6万2千人の街。 市の面積の3分の1が米軍基地という特異な街は、東京の他の都市には存在しない個性を作り出している。平屋建ての米軍ハウスから生まれた音楽や文芸も様々。 さて、福生で在...

>記事全文を読む

NO IMAGE

基地の町・福生 (1) 横田基地と米軍ハウス

東京近郊には、神奈川県域を中心に、横須賀、厚木、座間、横浜(根岸)など数ヶ所に米軍施設があり、アメリカの軍隊が駐留している。毎年、桜のシーズンなどに、基地が一般に開放されてイベントを催す事もあるのだが、そういった「基地のある街」の日常風景を...

>記事全文を読む

家じゅう文字だらけの電波張り紙で覆われた禍々しい家…「羽田大鳥居電波住宅」 (全2ページ)

家じゅう文字だらけの電波張り紙で覆われた禍々しい家…「羽田大鳥居電波住宅」 (全2ページ)

※注意:この電波住宅レポートは2008年~2011年までに取材されたもので、当該物件は2011年9月に解体されて現存しません。当サイトの「電波住宅」シリーズの発端となった記念すべきレポートのため、そのままの状態で公開を続けているものです。ご...

>記事全文を読む

宗教と精神世界住人の坩堝・スピリチュアルタウン西荻窪 (2008年・全3ページ)

宗教と精神世界住人の坩堝・スピリチュアルタウン西荻窪 (2008年・全3ページ)

※注意 このレポートは東京DEEP案内が開設されて間もない2008年7月に書かれたもので、管理人逢阪は上京したてで無駄にはしゃいでいる故、文章構成や文体が幼稚でグダグダ状態で読みづらいものとなっておりますが、当時の編集部の力量を見る上で自ら...

>記事全文を読む

NO IMAGE

南千住・小塚原刑場跡「首切り地蔵」

大阪西成・釜ヶ崎に次ぐ、日本第二のドヤ街、東京山谷の入り口に位置する南千住駅。 東京メトロ日比谷線、JR常磐線、つくばエクスプレスが乗り入れる、この交通過密地帯のど真ん中にあるような駅の前は、信じられない程に寂れきっている。どちらかというと...

>記事全文を読む

創価学会村と呼ばれる「信濃町」を歩いてみました (全4ページ)

創価学会村と呼ばれる「信濃町」を歩いてみました (全4ページ)

2007年夏、初めての信濃町 東京の地理に詳しい知人の話で「一度信濃町と言う所に行ってみろ、凄いから」という強いお勧めを受けて、2007年の真夏の暑い中、新宿から総武線各駅電車に乗って信濃町駅を目指した。

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京上野コリアタウン探訪記 キムチ横丁

これでもかと関西各所のコリアタウンを渡り歩いてきた「大阪DEEP案内」は東京に来ても、やはりコリアタウンを探し回っているのだ。 日本の首都は東京でも「在日」の首都は大阪民国だと常々言ってはおるが、東京だって負けてはいないさ。大阪府が15万人...

>記事全文を読む

日暮里舎人ライナーに乗って出かける足立区縦断の旅 (全3ページ)

日暮里舎人ライナーに乗って出かける足立区縦断の旅 (全3ページ)

2008年3月30日、首都圏に新たな公共交通が誕生した。一つは「横浜市営地下鉄グリーンライン(日吉-中山)」だが、もう一つは足立区西部を南北に結ぶ新交通システム「日暮里・舎人ライナー」。

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.