記事を人に教える

浜松町・東京三大スラム「芝新網町」を訪ねて (1)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

JR浜松町駅前から東海道、国道15号第一京浜を南に向かうと金杉橋がある。今の住所で言う所の港区浜松町二丁目付近。明治時代に生まれたと言われる東京三大スラムのうちの一つがこの土地にあった。当時は「芝新網町」という地名で、四谷の鮫河橋、上野の下谷万年町と並ぶ指折りの貧民窟だったと言われる。
30-587.jpg
いま訪れてもどこがどう貧民窟だったのかさっぱり分からない訳で、おおむねオフィス街として認識されているエリアだ。
かつての芝新網町は参拝者で賑わう増上寺から外れた場所にあり「願人坊主」と呼ばれる乞食の僧侶がたむろし、「ぐれ宿」と呼ばれる浮浪者や乞食を対象とした木賃宿、今で言う所の「ドヤ」が密集していた街だそうだ。


30-585.jpg
今でも首都高の高架が遮る金杉橋の下を流れる渋谷川下流の古川を眺めると、かつての江戸前の情緒を残すような屋形船がずらりと停泊している光景を拝む事が出来る。
30-702.jpg
実はJR線の車窓からちらりと見える訳であるが、首都高の高架が川の上に被さっていて暗いというのもあるので注意深く観察しないと気付かない。実際に金杉橋の上から見ないとこのような風景があるとは想像しがたいだろうな。
30-588.jpg
上流側を見てみるとこっちは屋形船ではなく漁船のような小船が沢山並んでいる。まさかここから漁に出ていく訳ではないとは思うが、高速道路に蓋をされるような形で江戸前の庶民の暮らしが今なお守られているように見える。
30-586.jpg
屋形船が橋の真下にも止まっている。以前ボヤ騒ぎでもあったのか知らんが「タバコ捨てないで」と注意書きの看板が3ヶ所も置かれていた。
こうした屋形船が夜ともなれば芝浦とお台場の間の海上に明かりを灯して客商売に励んでいる。
30-701.jpg
金杉橋のたもとに昔の町名を記した案内板があるのでだいたいどこらへんが「芝新網町」だったかというのはこれを見ると一目で分かる。だがもちろん明治時代にそこが貧民窟だったなんて一言も書かれていない訳だ。町の中央にあった掘割を境に「新網町北側」「新網町南側」と分かれていたようだ。
30-577.jpg
浜松町駅前の世界貿易センタービルの南側一帯が旧「芝新網町」という事だったので、いま味気ないオフィス街と化しているこの辺りがそうだったはずだ。今では貧民窟の面影はなく、金杉橋の近くに屋形船を並べる船宿が川沿いに何軒も店を構えている。
30-703.jpg
殆どが無機質なオフィスビルか雑居ビルとなっている界隈で唯一「新網町」の時代から残っていると思われる小さなお稲荷さんがかつての町のど真ん中に鎮座している。
30-704.jpg
讃岐稲荷神社、小白稲荷神社の二つの鳥居があるこの神社、明治維新前は讃岐の高松藩の大名屋敷だった。昔はこの神社のあたりに掘割があって町を二分していた。
30-578.jpg
古川を背に並ぶ船宿の数々を見に行く事にする。古い地図では「湊町」になっており、こちらは新網町ではない。今でも船宿が古川の両岸に5~6軒くらいは現役で営業しているようで、ここいら付近だけが唯一昔の風情を残しているようだ。
30-584.jpg
船宿「竹内」の横に入ると奥に古びた宿と小さな鳥居が置かれた祠が残っていた。古川を挟んだ向かいにはイマドキのいかにもな東京的風景の豪華タワーマンションが迫る。極端な新旧対比。
30-579.jpg
船宿が並ぶ道筋をJR線のガード下に向けて進む。一軒だけ残る年季の入った居酒屋「港町十三番地」。確かに浜松町二丁目十三番地だった。
30-580.jpg
山手線や京浜東北線、それに東海道線やら新幹線までひっきりなしに往来するJRのガード下を潜ればそこは東芝本社などがある大規模オフィス街。ガード下にはスーツ姿のサラリーマンが行き来する。
30-581.jpg
ガード下の傍らにはいわくありげな古い地蔵が残る。ささやかに花束と供え物が置かれていた。土地を見守るかのようにこの場に佇む。
30-582.jpg
ここを通り過ぎるサラリーマン達もまさかここがスラムだったなんて想像だに出来ないだろう。百年経つと街はたいそう変わってしまうものである。
30-583.jpg
浜松町二丁目と芝浦のオフィス街を繋ぐガード下に潜る。かなり低く圧迫感の激しい天井。土台が老朽化しているせいかそこからさらに鉄筋で補強しているため、さらに天井が低くなっていた。このガード下にも昔は乞食とか居たんでしょうかね。やっぱり想像がつかんが。
参考記事
屋形船はしや発祥の地 浜松町2丁目

貧民の帝都 (文春新書)
貧民の帝都 (文春新書)

posted with amazlet at 11.02.02
塩見 鮮一郎
文藝春秋
売り上げランキング: 12705
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.