記事を人に教える

下町の象徴「浅草」 商店街・地下街

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

下町の象徴とも言える「浅草」へは地下鉄銀座線・都営浅草線、それと少し離れた場所にあるつくばエクスプレスの駅から向かう事ができる。
43-01.jpg
吾妻橋交差点のY字路に立つデパート「松屋」の中に東武伊勢崎線浅草駅も入る。群馬の伊勢崎や栃木の日光までを走る長距離路線であるにもかかわらず、ターミナル駅であるはずの浅草駅が山手線に接続していない。だから伊勢崎線住民が都心に通勤するには北千住や押上で直通乗り入れ運転をしている地下鉄日比谷線か半蔵門線に入っていくのだ。


43-117.jpg
東武浅草駅の目の前からは、これもまた浅草名物のアーケード付き商店街「新仲見世商店街」が広がっている。
「仲見世」という日本最古の商店街が存在する浅草だけあって、この他にも無数の商店街があり縦横無尽にアーケードが広がっている。あまりアーケード付き商店街を見かけない東京では総延長にすると最もアーケードの長い商店街がある街だと思う。
43-42.jpg
やはり浅草という場所柄どこを歩いても観光客が多い反面、店を見るとオバ服専門店やら昔ながらの大衆食堂が相変わらず優勢である。いくら観光地になろうとも下町は下町なのだ。観光客に紛れて地元の怖い兄さんとかをよく見かけるのもアウトローの本場浅草ならでは。
43-11.jpg
きっと東京DEEP案内好みの変な店もどこかに紛れているだろうが、浅草に来ると常に混雑しまくりゆえ人混みは嫌いなのでなかなか発掘作業が進んでいない。今後進めていこうと思うので首を長くして待っててくださいです。。。
43-14.jpg
アンダーグラウンド好きな東京DEEP案内取材班は人混みの多い地上を避けて、地下に潜ることにした。東武浅草駅方面から新仲見世を入った付近には地下鉄銀座線への近道となる入口がなんともそそられる格好で開けている。
43-15.jpg
地下に潜ると天井がやたら低く外国人観光客なら頭をぶつけてアウチとか言ってしまいそうな状態だが、その地下通路の作りがひたすら古い事に驚くだろう。この先には「浅草地下街」がある。
浅草にも地下街が!と意外に思うかも知れないが、ところがどっこい、あるのだ。案内図を見ると店舗が20軒くらい並んでいるようだ。
43-12.jpg
実際に浅草地下街に下りてみると物凄くレトロな佇まいを見せている。そして鼻につく油臭いとも言えなくもない匂いはその地下街の歴史の深みを感じさせてくれる。
ただならぬ地下街だと思ったら、なんと昭和30年に出来たものだという。
現役で営業している中では東京最古の地下街だ。
めっきり地下街やアーケード付き商店街は大阪の専売特許くらいの勢いで構えていたら浅草に来て面食らった。
43-13.jpg
しかも並んでいる店もやたら雑多で笑える。居酒屋やタイ料理もあるかと思いきや占いの店、気功治療、マッサージ、焼きそば屋、エロビデオ屋と様々。散髪屋はカット専門700円などと書かれており貧民大歓喜。
43-16.jpg
たった100メートル足らずの小規模な地下街だがDEEPさは浅草の商店街のどこよりも勝っている。日本最古の地下鉄路線である銀座線の沿線は他にもいくつか古い地下街が点在しているので、興味があればもっと探検してみるがよかろう。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.