記事を人に教える

高齢者向けタウン「巣鴨」 (1) 地蔵通り商店街

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

この国は凄まじいスピードで少子高齢化が進んでいるので、これからもお年寄りの人口比率がどんどん伸びてくるに違いない。そんなわけで東京DEEP案内もお年寄りに優しいサイトを目指そう(笑)
そういうことで「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨にやってきた。
46-01.jpg
巣鴨」は池袋から山手線で2つ目。東京(大手町)駅の方面からも都営三田線を使って直接来る事が出来る。巣鴨駅を降りて目の前の国道17号白山通りを商店街沿いに進むと嫌でも目に付く「巣鴨地蔵通商店街」の看板。
とことん高齢者向けの街であると言う事は街の至る所に垣間見える。ジジババ向けのJR巣鴨駅構内の広告から始まり、マクドナルドの座席にも優先席が設けられる(→詳細)など、そこかしこに高齢者への配慮がある。


46-04.jpg
巣鴨地蔵通商店街に入る。休日ともなると老人でごった返す様はまさに「おばあちゃんの原宿」であるが、都電庚申塚駅の手前まで続く商店街は結構長い。その多くが高齢者向けの飲食店や健康グッズの店、ババ服専門店などで固められている。
ちょうどやってきたのが2007年の夏の総選挙のシーズンで、商店街の前では各候補者が入れ替わり立ち代わり街頭演説をしている様子を見る事ができた。
選挙に興味がない若者よりも確実に投票に行ってくれる高齢者の方がアピールする甲斐があると言わんばかりに、次々と候補者がやってくる。
46-02.jpg
身体障害者+在日コリアンという二つのマイノリティ属性を持つ金政玉氏が街頭演説している。
46-05.jpg
「雑草力」(マイノリティーパワー)で日本を変える
wwwwwwww
民主党から比例候補として出馬して最下位で落選するなどもはや泡沫候補並みのネタだが、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長でアジア・太平洋人権情報センターヒューライツ大阪元会長、ピースおおさか元館長、主体思想国際研究所理事という素晴らしい肩書きを持つ武者小路公秀氏も応援していたというから笑ってしまう。
もちろんこういう候補を出す民主党が売国だとかウヨに批判されまくっている理由の一つにもなっている。
46-03.jpg
国民新党から比例で出馬した、チベット出身の政治学者ペマ・ギャルポ氏まで街頭演説してましたがな。
もう、素人目に見てもどこの国の選挙やらさっぱりわからないのが日本の政治です。もちろん巣鴨の街を歩くおばあちゃん軍団は街頭演説などどこ吹く風で目の前を通り過ぎるのでした。
46-48.jpg
政治のような堅い話は嫌いだが、堅いおせんべいはジジババの好物である。巣鴨地蔵通商店街には様々なせんべいやあられの専門店が軒を連ねて、所々では試食なんかもやっていたりして、その度にジジババが群がる姿を見る事が出来る。
46-11.jpg
あちらこちらにあるババ服専門店でも、このようにおばあちゃんが密集しまくっていて凄い状態になる。巣鴨地蔵通商店街の瞬間高齢者率は限りなく100%に近い。
46-09.jpg
それから久々に巣鴨にやってきて、どうも最近巣鴨に新しいマスコットキャラが出来たということを知った。
名前は「すがもん」。
そのまんまやがな。
46-10.jpg
ちょうどこの日はイベントをやっていて商店街の関係者が慌しく動き回っていた。「すがもん」の着ぐるみがお披露目だそうで、商店街入口には「すがもん」のケツだけがぬいぐるみに…
次のページではとげぬき地蔵の「高岩寺」に参拝する。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.