記事を人に教える

サラリーマンの聖地「新橋」 (2) ガード下のカオス

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

JR神田駅から新橋駅までの間は、高架下建築の聖地とも言うべき光景が広がっている。
特に有楽町から新橋にかけては居酒屋を中心とした高架下建築が、古い煉瓦作りの橋桁にすっぽり嵌っていて、この上ない風情を見せ付ける。
19-31.jpg
昼間でも真っ暗なガード下の佇まいは、電車の中で揺られているだけでは体感できない東京のもう一つの日常が広がっているようでもある。
明治時代に作られたという高架橋の煉瓦作りの壁が今でもしっかり残っている。


19-52.jpg
ガード下の車道部分に組み込まれた鉄筋も相当な年代モノだということが見て取れるだろう。
19-27.jpg
特に強烈なのが新橋駅を出てすぐ北側に位置する「二葉橋ガード」の下。まるで洞窟のような趣きを見せるガード下には「羅生門」といういかにもな名前の居酒屋あり。
19-28.jpg
中に入ると本当に洞窟みたいな作りをしており衝撃的。目の前に銀座があるだなんてとても実感できない光景ですよ。
19-51.jpg
新橋から有楽町方面には居酒屋やコンビニなどが明治時代の煉瓦作りのガード下にガッチリ組み込まれていて見た目にも珍しい。
19-53.jpg
まあ、サラリーマンの街なので普段の鬱憤を晴らすための店も沢山あるわけですが(笑)ガード下にはこっそりアダルトショップもある。周囲にラブホテルもない立地でこのような店があるのは、やっぱりそれはそれで珍しい。
19-79.jpg
そして夜ともなると新橋のガード下はホームレスのオッサンの寝床にもなるのだ。
19-80.jpg
渋谷みたくDQNな若者に絡まれる恐れはあまり無さそうが酔っ払ったオヤジに絡まれる恐れがありそうな場所だ。新橋界隈は大手町あたりのような単純なオフィス街ではなく深夜まで大勢の人が歩いている。
19-81.jpg
しかし新橋のガード下で最も艶めかしいのはやはり烏森口を出たところにある新橋西口通りの界隈かと思う。夜な夜な中国人や東南アジアのお姉さんが立ち並んで「お兄さんマッサージどう?」と声を掛けてくる、怪しげな一帯。
19-82.jpg
そこには「新橋ロマン劇場」という成人映画館が…
高架下建築でもポルノシアターが入っているのはかなりレアなケースだ。
仕事と家庭に挟まれていたまには息抜き、というか一発抜いておきたいサラリーマンには絶好のオアシスである。ロマン劇場という名前も素敵である。男のロマンだね。
19-112.jpg
しかし大阪の「新世界国際劇場」でも上映されていた「馬小舎の未亡人」がこっちでも上映されているのには笑ったw
「あの世の亭主は馬並で…この前の男が人並だった。いっそ、本当の馬(以下自主規制)」
19-83.jpg
色々アンダーグラウンドが詰まった新橋のガード下だが、まだまだ見所はある。長くなりそうなので、後ほどお伝えしようと思う。
新橋関連リンク
新橋フラッシュ

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.