記事を人に教える

品川DEEP「大井町」 (4) 再開発寸前の下町

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

またしても大井町にやってきてしまった。
42-98.jpg
これまで大井町では東小路飲食店街東急大井町線高架下を訪問したが、まだまだ胡散臭いエリアが存在していたのである。本当にこの街はDEEPアンテナが反応しまくってしょうがない。


42-92.jpg
場所は再び東急大井町線沿いの道。先ほど訪問した高架下に近い所だ。
現在大井町西口は再開発計画により駅前がだだっ広い空き地になっているが、実はここいら「サンピア商店街」の南側一帯も再開発地区に含まれていて、昭和の匂い全開なオンボロ建築が今にも開発の名の下に消えようとしているのだ。
大井町西口に広がるDEEPゾーンをさらに攻めてみようと思う。
42-78.jpg
大井町駅西口界隈を歩いて街を観察すると、作りかけの計画道路がバラック建築に阻まれ区画がぐっちゃぐちゃになっているのが理解できるはずだ。
品川区役所前交差点の南側に出ると、その傾向が顕著であることが分かる。
品川区役所前交差点から南方向に道路を延伸しようとしているのが見えるが、立ち退き交渉に苦戦しているのかして計画は進んでいない模様。
42-79.jpg
ふと計画道路の脇に建つ古い木造建築に目が留まった。表に回ってみよう。
42-80.jpg
その建物の1階には戦後の時代からずっと営業を続けていそうな年季の入った韓国食品の店と、栄養楼という怪しげな名前の店があった。何の店か調べてみるとやはり案の定というかホルモンが自慢のいかにもDEEPな焼肉屋である。
ここから東側の一帯は場末のスナックやパチンコ屋の廃墟などが密集している非常に凄まじい場所になっているが、そちらの詳細は後ほどお伝えしたい。大井町西口再開発計画でこの焼肉屋を含めた建物も全て取り壊される予定となっている。
42-93.jpg
もう少し大井町駅寄りの場所に行くと、周囲がマンションに取り囲まれているにも関わらず一部分だけがオンボロ酒場が密集している不思議な一画があるのが見える。
42-96.jpg
その中を覗き見ると、人がすれ違うのもやっとといった狭い路地にこれまた間口の狭いボロ居酒屋が密集するダークゾーン。新宿で言えば小便横丁に近いノリすら感じるし、同じ大井町の中でも人通りの多い東小路飲食店街よりもさらにアングラ感が強い。
42-94.jpg
謎のオンボロ居酒屋密集地帯の向かいにも、なにやら公明党ポスターが貼られた居酒屋兼食堂が一軒ある。
42-95.jpg
そこの2階には白鳩さんが飼われておりました…
42-97.jpg
他にも若干ながらソッチ系の店舗がある、怪しさ満点の下町・大井町。
湯に喜ぶと書いて「ゆき」ですか。うまいなあ。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.