記事を人に教える

下町探索・西日暮里 (2) 水泳北島祭り

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

先日、京成線の高架下建築の様子を眺めに西日暮里を訪れた時のことである。
路上が妙に騒がしいなと思ったら、地元でお祭りが行われていた。
24-09.jpg
8月末に行われる「諏方神社」の例大祭。
威勢の良い男達の掛け声に沸きあがっていた。


24-14.jpg
神輿だけではなく白馬まで現れていてかなり本格的。
東京の祭は、地元町内会それぞれが持つ神輿を持ち出して、ふんどし姿でケツ丸出しの暑苦しい男衆が「セイヤッ、セイヤッ」と掛け声を挙げながら練り歩くスタイルのものが多い。言うまでもなくゲイ歓喜のイベントだ。
ちなみに、良く言われている「東京三大祭」には、アキバのオタクどもも便乗する「神田明神の神田祭」、ヤクザが神輿に乗ることで有名な「浅草神社の三社祭」、それに東京版の祇園祭とも言われる「日枝神社の山王祭」があるが、他にも至る所で神輿祭りが展開されている。
24-15.jpg
祭りの行列の後を追うように西日暮里駅から町屋駅方面に北東へ続く道すがら、とある店の前を通りがかる。
24-16.jpg
やたらめったら「きたじま」「きたじま」と書かれているかと思いきや、いっぱい花が飾られていて、なんだかおめでたい雰囲気に包まれている。
24-17.jpg
良く見ると水泳の北島康介選手の名前と五輪マークが書かれた紙がベッタリ張られているわけだが、ここでようやく、この場所に有名人の実家があるということに気づいたわけだ(笑)
訪れたのが2008年8月末。ちょうど北京五輪の開催後で彼が故郷に「金メダル2個」の華を持って帰ってきていた時期だったのだ。
24-18.jpg
道の向かい側が実家の肉屋「北島商店」の立派な建物だった。
24-19.jpg
しかしここぞとばかりに手前味噌過ぎにポスター張りまくりで笑える。名物のメンチカツを買う為に並ぶお客の列が店の前に出来る程の評判らしい。一時期テレビでもうるさい程に言っていたので、来たついでだから食ってみようかと思っていたのだが…
24-20.jpg
店だけは開いていたものの、日曜日は販売しておりませんとのこと。そら残念や。
結局食えずじまいで帰る羽目になってしまいますた。
お暇でミーハーで肉好きな方は是非行ってみるが良い。

西日暮里といえばこれ
西日暮里ブルース

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.