記事を人に教える

白金台・佛所護念会教団本部

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

白金と言えば、新興宗教団体「幸福の科学」が次々進出しまくっている事は先に紹介したばかりだが、実はもう一つ別の宗教法人の中枢が存在していた。
佛所護念会教団というややマイナー気味な宗教団体の本部が白金台の一画にある。
30-313.jpg
白金台駅前の目黒通りから日吉坂を降りて高輪方面に至る道へ入る。そのまま進むと高輪警察署付近に行く事ができる道で、正面には超高層マンションの高輪ザ・レジデンスタワーが我が物顔でそびえている。


30-312.jpg
八芳園を過ぎた先、区立白金小学校などがある付近で突然な宗教建築が姿を表す。
30-311.jpg
その一つは大きなコンクリートの体育館風の建物だ。どっしりとした趣きだが造りは古い。
30-541.jpg
建物上部中央には佛所護念会教団のエンブレムが取り付けられていて、そこには「佛」とだけ書かれている。やっぱりさっきのエルカンターレ教団に比べるとどうしても地味ではある。
30-314.jpg
体育館風の建物の隣にはもう一つ、まるで城のような造りの教団施設が見える。こっちの方が宗教建築らしい。
30-315.jpg
さしずめ「白金城」とも呼ぶべき建物だが、屋根瓦にはしっかりと「佛」の字が刻まれたエンブレムが光っているのがわかる。
30-316.jpg
しかしこの教団本部、夕方4時になると門を閉鎖して中に入る事ができなくなる。閉まるの早すぎである。やはり参拝は早朝がベストなのだろうか。
あまり聞き慣れない名前の「佛所護念会教団」について少し調べてみたが、どうやら戦後の昭和25(1950)年に現在の教祖夫妻が霊友会から離脱した上で設立した教団らしい。いわば法華系教団の一派とも言える。
30-542.jpg
「城」の正面には信者用駐車場があるにはあるが、それほど広くはない。どこを見回しても地味な感じが否めないが、そもそも他教団の施設こそが無駄に豪華過ぎるだけなのだ。だからこそ笑えるのだが。
30-310.jpg
教団本部周辺には信者の寄宿舎にあたる施設も置かれている。エルカンターレ村とはかなり趣きは違うが、周囲は一応宗教タウンっぽくなっている。
30-309.jpg
また周囲の住宅街を歩き回ると至る所に信者に対してマナーを呼びかける看板が貼られているのが目に付く。信濃町のように教団が街中で我が物顔にしているのとは大違いで、こちらは至って謙虚である。
30-308.jpg
佛所護念会教団に隣接して建つ巨大な豪邸。教祖の自宅かと思ったが、表札の苗字が違っていた。どちらにしても白金界隈の豪邸率の高さはハンパないです。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.