「 埼玉県 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全121件中 16〜30件目を表示

【多国籍国家サイタマ】足立区のすぐ隣!埼玉県八潮市のパキスタン人集住地区「ヤシオスタン」に行こう!

【多国籍国家サイタマ】足立区のすぐ隣!埼玉県八潮市のパキスタン人集住地区「ヤシオスタン」に行こう!

止まらない東京一極集中。地方は過疎化が止まらず、東京とその周辺地域でのみ人口が増加している昨今、その内訳は別に元来の日本人だけとは限らない。日本に出稼ぎや留学、或いは政治難民として逃れてきた身分の不確かな外国人世帯もまた増えている。それらの...

>記事全文を読む

まさか東京23区のすぐ隣に“ダチョウ牧場”があるとは思いませんでした…新座市「だちょう牧場並木屋」

まさか東京23区のすぐ隣に“ダチョウ牧場”があるとは思いませんでした…新座市「だちょう牧場並木屋」

普段認識している「東京23区」は日本の首都であり大都会というイメージに満ちているが、それとは真逆のド田舎全開な光景が見れる稀有なエリアというのが練馬区の外れにある西大泉、大泉学園町といった地域で、そこから都県境を挟んで向かい合う埼玉県新座市...

>記事全文を読む

【外国人に住み良い埼玉県】本庄市・上里町のブラジル人集住ベルト地帯を見物に行った

【外国人に住み良い埼玉県】本庄市・上里町のブラジル人集住ベルト地帯を見物に行った

東京のすぐ隣にありながら、家賃相場もお安くチープでコスパに優れたお店が充実している街が豊富にある事で、微妙なお給料しか貰えないサラリーマンや外国人労働者がこぞって集住している埼玉県に関して、このような記事が。 「埼玉住みよい」外国人の...

>記事全文を読む

春日部土着民しか知らない場末の桃源郷「武里駅東口」の飲み屋街を歩く

春日部土着民しか知らない場末の桃源郷「武里駅東口」の飲み屋街を歩く

北千住から複々線区間が延々と続く通勤路線として発展度の高い東武伊勢崎線(意地でもスカイツリーラインとは言わない)の中でも、複々線区間の北限にある北越谷駅から先の区間はいよいよベッドタウンというよりも北関東の田舎町的な風情が強まってくる。春日...

>記事全文を読む

【リアル九龍城砦】芝園団地以上に中国化著しい「UR西川口市街地住宅」の中華料理屋で羊肉食いまくり

【リアル九龍城砦】芝園団地以上に中国化著しい「UR西川口市街地住宅」の中華料理屋で羊肉食いまくり

埼玉県川口市、JR京浜東北線西川口駅および蕨駅周辺が新興チャイナタウン化しているという話は以前にも当サイトで何度もお伝えしてきた。都内各所でも中国人観光客が団体で百貨店やドラッグストア、家電量販店等に殺到する「爆買い」がメジャー化し日常風景...

>記事全文を読む

80年代で発展が止まってしまった街…春日部市「武里駅西口」の場末感極まる昭和全開の街並み

80年代で発展が止まってしまった街…春日部市「武里駅西口」の場末感極まる昭和全開の街並み

皆様突然ですが「武里」という場所をご存知だろうか。東武伊勢崎線に乗ると春日部の二つ手前にある、各停しか止まらないローカル感溢れる駅である。春日部市の最南端にあり、隣は越谷市のせんげん台。巨大な団地で有名な武里団地があると言えば分かる人には「...

>記事全文を読む

西武百貨店が閉店!「春日部」の中心市街地はどうなるのか金子商店のおでんを食いながら考えた

西武百貨店が閉店!「春日部」の中心市街地はどうなるのか金子商店のおでんを食いながら考えた

埼玉県東部を代表する街、春日部市。東武伊勢崎線(意地でも東武スカイツリーラインとは言わない)で北千住から急行電車で片道約30分、大宮から東武野田線(意地でも東武アーバンパークラインとは言わない)で片道20分で来られるが、首都圏のベッドタウン...

>記事全文を読む

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

埼玉県蕨市・川口市を中心にトルコから日本に亡命してきたクルド人(クルド系トルコ人)が数多く居住し、この一帯が「ワラビスタン」と呼ばれている事は既に当サイトでも何度も取り上げてきた。毎年3月の春分の日に蕨市民公園で開催されるクルド人の新年祭「...

>記事全文を読む

【NK流から華流へ】埼玉の無法地帯タウン「西川口」がいつの間にか新中華街と化していた!

【NK流から華流へ】埼玉の無法地帯タウン「西川口」がいつの間にか新中華街と化していた!

埼玉県川口市の「西川口」という街は、一昔前までは東日本を代表する裏名所として世の男性諸君にその名を轟かせていた街だった。しかし2005年頃から警察による取り締まりが強化され、違法にソッチ系の商売をしている業者がみるみる撤退した挙句、駅周辺に...

>記事全文を読む

【知られざる戦争遺構】川越市某所に大量に投棄されている「陶製手榴弾」を見に行った

【知られざる戦争遺構】川越市某所に大量に投棄されている「陶製手榴弾」を見に行った

埼玉県川越市の東部、さいたま市との境界付近を流れる荒川に沿う形で伸びる「びん沼川」と呼ばれる川沿いに、第二次大戦中に製造された「陶製手榴弾」が大量に捨てられているのが戦後70年が過ぎた現在も見られるという話を聞き、居ても立っても居られなくな...

>記事全文を読む

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

川越市の観光名所となっている「蔵造りの町並み」で知られる一番街を抜けた北側の「札の辻」交差点近くに戦前からこの地にあった古い花街の遺構が残っているのだが、休日ともなると観光客が闊歩するメインストリートの目と鼻の先にありながらまるで見捨てられ...

>記事全文を読む

【ギャンブル飯】揚げ物・モツ・炭水化物!「川口オートレース場」で新年早々食い散らかしてきた

【ギャンブル飯】揚げ物・モツ・炭水化物!「川口オートレース場」で新年早々食い散らかしてきた

全国各地にある公営ギャンブル場の中でもとりわけ存在感が薄い「オートレース場」。日本全国探してもたったの6ヶ所しか残っておらず、そのうち3ヶ所は関東近県(船橋、川口、伊勢崎)に集中している。だがその中でもオートレース発祥の地である船橋オートレ...

>記事全文を読む

埼玉県と長野県を唯一繋ぐ「旧中津川林道」を走ったら凄まじい悪路で生きた心地がしなかった (全2ページ)

埼玉県と長野県を唯一繋ぐ「旧中津川林道」を走ったら凄まじい悪路で生きた心地がしなかった (全2ページ)

日本全国に存在する都道府県境…それは明治の廃藩置県の時代から殆ど変わる事なく残っているもので、ごく一部の越県合併といった出来事を除けば我々が生まれるずっと前から同じ場所に存在し続けているというのが当然で、その境目が生活圏関係なしに街のど真ん...

>記事全文を読む

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

クルド人とは国家を持たない世界最大の民族であり、その最大の人口を持つトルコ南東部から政治的な迫害を理由に日本に亡命してきた人々が暮らしているのが埼玉県蕨市周辺である。 そんな蕨が彼らの第二の故郷「ワラビスタン」と呼ばれていると...

>記事全文を読む

北浦和駅前に昭和過ぎるオツな酒場通りが生き残っていた!「三州屋商店会」を歩く

北浦和駅前に昭和過ぎるオツな酒場通りが生き残っていた!「三州屋商店会」を歩く

今回当取材班がやってきたのは、さいたま市浦和区、京浜東北線北浦和駅近くの一画。浦和と大宮に挟まれて地味な存在感を放つこの界隈だが、滅多な用事では降りる機会も無さそうな場所にわざわざ来た理由…それは「北浦和駅近くにボロくてヤバイ飲食街がありま...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.