「 埼玉県 」一覧

全124件中 91〜105件目を表示

埼玉県民の日フリー乗車券で埼玉のチベット「秩父」に行ってきた (全10ページ)

埼玉県民の日フリー乗車券で埼玉のチベット「秩父」に行ってきた (全10ページ)

東京から西武鉄道に揺られて約2時間、関東平野から遠く離れ、広大な秩父山地に遮られた埼玉県のチベット「秩父」の地を訪れた。飯能駅から西武秩父行きの電車に乗ると1時間近くもの間、山岳地帯を縫うように走る。もう気分は小旅行である。池袋まで約1時間...

>記事全文を読む

警察署設置はいつ?足立区辺縁、オウムも巣食う治安最悪な街「埼玉県八潮市」はどんなとこ? (全3ページ)

警察署設置はいつ?足立区辺縁、オウムも巣食う治安最悪な街「埼玉県八潮市」はどんなとこ? (全3ページ)

東京23区最強のDQNスラム地帯とかねてから評判の高い「足立区」に隣接する埼玉県八潮市は、近年つくばエクスプレスの開業でベッドタウンとしての開発がいよいよ始まろうとしている東京近郊最後のフロンティア。 つくばエクスプレスの区間...

>記事全文を読む

所沢市・西武球場前にある一大テーマパーク級珍寺!「山口観音」が面白い (全3ページ)

所沢市・西武球場前にある一大テーマパーク級珍寺!「山口観音」が面白い (全3ページ)

同じ埼玉県でも西武線沿線はどこか毛並みが異なる。浦和や大宮みたいにサッカーキチ◯イでもなく、しかも山が近い。西武線に乗って所沢駅まで行き、さらに西武球場前駅まで行くと、いよいよ車窓の風景に山が見え始めてきて、田舎臭さを惜しみなく晒す。黄色い...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉県日高市・古代朝鮮渡来人の郷「高麗」 (6)

埼玉県日高市にある日本の朝鮮「高麗郡」の中心的な存在で、高麗神社と同じく高麗王若光を祀る「聖天院」。普通の寺かと思いきや、やはりどこかしら朝鮮テイストが感じられる変わった寺なのである。 丘陵の中腹に置かれた聖天院の本堂。どうやら本堂のある...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉県日高市・古代朝鮮渡来人の郷「高麗」 (5)

埼玉県日高市に滅亡した古代朝鮮の国・高句麗から来た渡来人の生き残りが開いたとされる「高麗郷」という街がある事は以前お伝えしたのだが、再度訪問するきっかけがあったので新たなレポートを加えたい。 西武池袋線で終点の飯能まで向かい、さらに秩父行...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢の遊郭跡・有楽町(うらまち)界隈を歩く (2)

海老屋横町にある「三好亭」所沢唯一の現存遊郭建築を横目に、かつての花街の名残りを探しに有楽町(浦町)界隈を歩くことにした。 現在の所沢市有楽町は、うらびれた街で「浦町」だったのか、東京の有楽町から見たら笑っちゃうくらいに寂れに寂れた街並み...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢の遊郭跡・有楽町(うらまち)界隈を歩く (1)

江戸時代から宿場町だった所沢には「浦町」と呼ばれる花街があり、明治・大正時代に栄えていた。街に織物商の姿が、飛行場が出来てからは軍人達の姿も加わりさぞ賑わったと言われている。 浦町は小金井街道(江戸道)に並行して北側の東川沿いを走る裏通り...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢市御幸町・路地裏酒場「盃横丁」

所沢市御幸町の小金井街道から北側の路地に入ると、タワーマンションだらけの街道沿いとは違って古い住宅街や商店が残る旧市街地らしい風景が残っている。 一方通行入口の標識が示す狭い路地の先に商店の案内看板が沢山並んでいるのが見える。所沢銀座...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小金井街道・所沢銀座商店街

駅前の様子だけ見ていると、没個性的なベッドタウンで何も面白みがなさそうな印象を受ける所沢の街だが、本来の街の中心は駅から離れた小金井街道沿いにある。 プロペ通りを抜け、ファルマン通り交差点の先に伸びる小金井街道沿いが旧市街地。もともと所沢...

>記事全文を読む

NO IMAGE

西武王国・所沢駅前プロペ通り商店街

ベッドタウン県である埼玉県は東京から伸びるそれぞれの鉄道沿線で全く違った生活圏が点在していて、全く街の様子も違っている訳であるが、これまであまり来ていなかった西武線沿線もそろそろ攻めておこうということで我々は西武王国こと所沢の街を訪れた。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

さいたま団地探訪・三郷市「みさと団地」 (3)

埼玉県三郷市にある超巨大団地群「みさと団地」の中を引き続き探索し続けることにしよう。 広大なみさと団地の中には小学校が5校、中学校が2校、住居棟や集会所、商店棟など全てを合わせると14の街区に約240棟、9106世帯18052人が生活を送...

>記事全文を読む

NO IMAGE

さいたま団地探訪・三郷市「みさと団地」 (2)

人口13万人の埼玉県三郷市でもそのうち2万人の収容人口を誇るマンモス団地「みさと団地」の中は非常に広大である。 この団地の端から端までを一度で全て見て回るのは不可能である。したがって今回は団地の主要部となる中央ブロックを起点に団地各所をさ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

さいたま団地探訪・三郷市「みさと団地」 (1)

東京の郊外はどこもかしこもベッドタウンとして開発されまくって、余った土地などもはや皆無だろうと勝手に思い込んでいるが、東京23区に一応隣接している葛飾区の北側にある埼玉県三郷市は、武蔵野線新三郷駅周辺の「新三郷ららシティ」の開発で新しい街が...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉県名発祥の地・さきたま古墳群 (3) ゼリーフライ

さきたま古墳公園の駐車場の前、県道沿いに一軒の土産物屋がある。 駐車場に向けて埼玉銘菓十万石饅頭の看板を掲げる「さかもと商店」。観光客もまばらなさきたま古墳群の中で代表的な店である。ここで行田市が誇るソウルフード「ゼリーフライ」が食える。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉県名発祥の地・さきたま古墳群 (2) 古墳公園

埼玉県名発祥の地は、関東随一の規模を誇る古墳群が存在する歴史の地でもある。行田市埼玉地区にある「さきたま古墳群」をさらに散策する。 古墳公園の敷地内に建つ「史蹟埼玉村古墳群」と書かれた石柱を見ると昭和二十六年の日付が入っている。古墳群は公...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.