記事を人に教える

西の錦糸町と呼ばれた中央線沿線屈指のギャンブルタウン「立川駅北口」の盛り場を歩く

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

中央線に乗って新宿から約30分。南口にはウインズ、北口には立川競輪場もある多摩地域屈指のギャンブルタウン、「西の錦糸町」の異名もある立川駅周辺だが、戦後の一時期には米軍基地(キャンプフィンカム)があった影響で、軍人を相手にした怪しげな赤線地帯もあった、という事でその赤線地帯の名残りでも見に来ようかと思って来たのだが駅北口周辺もなかなか香ばしい繁華街が広がっているので、そういうものを見物してみる事にした。

立川市 立川

まずは立川駅北口へ。駅前には立派なペデストリアンデッキが完備されており衛星都市としての風格が現れている。多摩代表都市だったはずの八王子市のイニシアティブを揺るがしかねない程に発展している訳で…

立川市 立川

駅前には多摩モノレールのごつい駅舎まであって、なかなかの都会ぶりを見せるのであった。立川駅北口、南口に2つの駅があり、鉄道のない武蔵村山市への最寄りとなる上北台駅と、多摩ニュータウン中心地域である多摩センター駅との間を結んでいる。今時の立川市民はモノレールとIKEAがある事を自慢に八王子市に対する優越感を感じているらしい。

立川市 立川

しかし近代的街並みが広がる駅前のペデストリアンデッキを降りたら、途端に下品な街並みになってしまうのが立川クオリティ。ビックカメラ裏手の路地に入るとパチンコ屋や焼肉屋が立ち並ぶ怪しい街並みに変わる。パチンコ屋が繁盛し過ぎて放置自転車だらけ。

立川市 立川

パチンコ屋の隣にはかなり年季の入った老舗の焼肉屋「慶州苑」の建物がある。パチンコ屋の裏に焼肉屋なんて物凄く駅前路地裏の定番パターンなんですがここらへんも戦後のドサクサなんでしょうかね。どうでもいいですが創業者さんのお名前は金玉なんとかさんでした。

立川市 立川

北口も色々見るものはあるんですが、やはり気になるのは立川競輪場に続く中央線沿いの道でしょうかね。結構駅から遠いので送迎バスを使った方が早いが、この道中もオヤジ密度が高い盛り場の一画を成している。

立川市 立川

さっすが、北口にもこの手の店がお約束のようにございますわね。伊達に「西の錦糸町」とは呼ばれていない多摩屈指の飲む打つ買うタウン立川!

立川市 立川

だが特に陰鬱ぶりが際立っているのが立川通りの西側一帯の区域だ。この通り、かつてソッチ系のお店であったであろう建物が廃墟化して見るも無残な姿になっている。2010年に来た時からずっとこのまんま…なんなのここ…

立川市 立川

壁にスプレーで直書きされた「駐車禁止 駐輪禁止 けいさつ届けます 罰せられます」の注意書きが並々ならぬ電波を放っている。怨念すら感じる光景だが、こんなおっかない場所、夜に通りがかりたくないですね…

立川市 立川

もっとも最近、この廃墟ビルの真向かいにはこちら西八王子駅前の某インプラント歯科の歯槽膿漏患者の歯茎剥き出しの不気味な広告がでかでかとビルの壁に貼りだされるようになり、激しく街の景観を面白可笑しいものに変えてしまっています。これが許される緩さが立川クオリティなのです。何卒お察し下さい。もっとも、首都高から中央道に向かう途中に大量にこの歯科医院の広告がありますよね…

立川市 立川

線路沿いの道を歩いていると今度はきわどい三角地にドドーンとそびえる、いかにも夜のテナントビルですといった佇まいの建物が現れる。船橋にもある「セリクラ」とかいうソッチ系の店舗も入居してて怪しげなんですが…

立川市 立川

ビル名は「嫩ソシアルビル」。「嫩」がさっぱり読めませんが。どうやらこれで「ふたば」と読むそうです。「嫐る」の字に似てますが、そういう意味はないようです。

立川市 立川

以前はこういったソッチ系のお店も入居していたので全体的ないかがわしさ度数が半端無かったんですが、2015年の再訪時にはタイ料理屋に変わっていました。上層階にはサウナやカプセルホテルもあるようだ。

立川市 立川

それに普通に食べログ上位に出てくる行列の出来る何故かダビデの星マークのラーメン屋とかもあるし。別にユダヤ系とかそういう訳ではなかったですが、美味しかったですよ。「楽観」さん。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.