「 廃墟 」一覧

全81件中 46〜60件目を表示

NO IMAGE

セレブ外国人タウン「広尾」に下町の路地裏風景がある件 (3)

広尾商店街北側の路地裏には本当に驚いてしまった訳だが、広尾という街は路地裏が面白い街だと言うのは、商店街南側の路地も見てから判断しよう。 広尾商店街南側に入ると、さすがに人がすれ違うのもやっとという程のものでもないが、やはり狭い路地に住宅...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢の遊郭跡・有楽町(うらまち)界隈を歩く (2)

海老屋横町にある「三好亭」所沢唯一の現存遊郭建築を横目に、かつての花街の名残りを探しに有楽町(浦町)界隈を歩くことにした。 現在の所沢市有楽町は、うらびれた街で「浦町」だったのか、東京の有楽町から見たら笑っちゃうくらいに寂れに寂れた街並み...

>記事全文を読む

日本赤軍のアジトもあった西千葉駅南口の崩壊寸前建築物「西千葉ストアー」

日本赤軍のアジトもあった西千葉駅南口の崩壊寸前建築物「西千葉ストアー」

総武線で千葉に向かう手前、西千葉駅を通りがかると車窓からとんでもなくオンボロの市場のような建物が見える。あまりに気になってしょうがなかったので見に行く事にした。

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (5) 天王町日用品市場<後編>

横浜市保土ケ谷区天王町は、戦前に従業員7000人を数える富士紡績の巨大紡績工場があった事もあり、古くから栄えていた街だったそうだが、天王町日用品市場はそんな天王町の栄枯盛衰の一部始終を見守るかのように街の歴史の重みを抱えたまま崩壊寸前のバラ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (4) 天王町日用品市場<中編>

天王町日用品市場の中は、戦後の光景が今に息づくタイムカプセルのような空間だった。 かつては市場だったようだが、現在は殆どが表の店舗の物置き場として使われているため、一見すると中に入ってもいいのかどうか...といった佇まいなのだが、この奥に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

横浜ド下町ゾーン「天王町」 (3) 天王町日用品市場<前編>

相鉄天王町駅からシルクロード天王町商店街を抜けて洪福寺松原商店街方面に向かう途中、国道16号八王子街道の手前で商店街を左に折れると、極端に鄙びた2階建ての商店の建物が姿を現す。 現在もその建物は使われていて、道路に面した部分には中華料理屋...

>記事全文を読む

NO IMAGE

世田谷らしからぬ超下町「エーダンモール深沢」 (2)

東京スイーツタウンの代表格「自由が丘」から駅前の自由通りを北上、目黒通りを挟んで旧呑川緑道に入りとぼとぼと歩いて駅からおよそ2キロの道のり、世田谷区深沢三丁目の一画に広がる超下町商店街「エーダンモール深沢」。 そこは戦後建設された都営団地...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湘南DEEP「藤沢」 (7) 仲好会飲食街

藤沢駅北口、辰巳町の歓楽街はその殆どが平凡なマンション街に変わろうとしていて、昔から続く風俗店やスナック、バー、居酒屋が入る建物は街の新陳代謝を受け入れるかのごとく次々姿を消しているような状態だった。 もう一ヶ所、銀座通り北側の路地に「仲...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湘南DEEP「藤沢」 (5) 消えた小鳥の街

藤沢駅北口に残る「旧辰巳町」の赤線の痕跡を引き続き辿る事にする。 飲食朋友会のバラック酒場を抜けて、耐震強度偽装問題で建て直されたマンションを過ぎると、その向こうにもまたまた飲食街が姿を現す。 先程と同じように個人経営の小さなスナックが密...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湘南DEEP「藤沢」 (4) 飲食朋友会バラック<後編>

藤沢駅北口、藤沢銀座通り(サムジュモール)の脇に残る「飲食朋友会」バラック酒場の廃墟。それは街に暮らす人々の記憶の片隅にすら失われた昭和の風景、それも旧辰巳町の赤線地帯の名残りという、どす黒い街の澱が色濃く残る空間。 こんな物凄い場所だが...

>記事全文を読む

NO IMAGE

湘南DEEP「藤沢」 (3) 飲食朋友会バラック<前編>

再び藤沢駅北口に戻り、今度は駅北口から北西方向に伸びる「銀座通り商店街(藤沢銀座土曜会)」に沿って歩く。 先程の旧辰巳町の空き家と駐車場だらけの不気味な光景とは真逆の繁華街が連なる銀座通り。サムジュモールという焼肉に巻く野菜みたいな韓国語...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京都北区赤羽 (6) 赤羽東口の怪しい歓楽街<後編>

「赤羽東口駅前商店街」周辺の歓楽街に来ると、比較的パチンコ屋や居酒屋、カラオケなどが多い北側と、怪しげなピンサロが密集する南側に特徴が分かれている。 散髪屋の羅生門ビルの角から南側を見ると赤羽DQNオヤジ御用達の娯楽拠点がこれでもかと並ん...

>記事全文を読む

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田が戦前、花街として賑わったという歴史はそこかしこで耳にしたものの、今更来て見てもどこにその名残りがあるのかさっぱり分からない。 先にも記した通り、五反田駅西側一帯は戦時中の空襲で焼け野原となった経緯があるためだが、そんな五反田の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大宮駅前・放置プレイの地下街「大門地下道」 (2)

大宮駅東口に眠る謎の地下街「大門地下道」。そこは既に地下街としての機能をほぼ失い、通路は倉庫同然に使われていた。 通ってきた地下街の通路を振り返ると、こう見えても結構広い事が分かる。昭和35(1960)年に大宮駅前の中心市街地を襲った大火...

>記事全文を読む

NO IMAGE

川崎コリアタウン探訪 (14) 東田町・廃墟店舗群

川崎市役所が目の前にあるという街の中心地、川崎市川崎区東田町、平和通りの一角に戦後の闇市がそのまま残ったかのような怪しげな商店群が取り壊しを待つかのように佇んでいる。 細い路地裏に入ると、その両側にはまさに闇市とも言えるバラック家屋群がこ...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.