「 遊園地 」一覧

全8件中 1〜8件目を表示

「横浜ドリームランド」を覚えていますか?横浜・戸塚の外れに夢の残骸を探しに行きました (全2ページ)

「横浜ドリームランド」を覚えていますか?横浜・戸塚の外れに夢の残骸を探しに行きました (全2ページ)

日本国内にある「巨大遊園地の廃墟」の衝撃的な写真がネット上でえらい話題になっていたのを目にした。それは奈良県奈良市にある「奈良ドリームランド」の廃墟で、同遊園地は昭和36(1961)年に開業、ディズニーランドが出来る以前から存在していた国内...

>記事全文を読む

東急プラザ蒲田屋上遊園地が3月2日で閉店!都内からデパ屋観覧車が消える日

東急プラザ蒲田屋上遊園地が3月2日で閉店!都内からデパ屋観覧車が消える日

「消えそうな昭和遺産」の括りに入るものの一つに「デパートの屋上遊園地」が挙げられる。昭和の時代には百貨店へのお買い物は一家の休日イベントで、お買い物を楽しんで、食事を楽しんで、それから屋上遊園地へ…なんて流れがあって、昭和生まれ世代であれば...

>記事全文を読む

市川の梨園地帯に鎮座するヤンキーDQN仕様な巨大ゲーセン「大慶園遊園地」

市川の梨園地帯に鎮座するヤンキーDQN仕様な巨大ゲーセン「大慶園遊園地」

「ゲームセンター」という空間、今でこそ真新しく綺麗な場所が増えて昔のイメージからは遠ざかりつつあるが、それこそインベーダーゲームが流行っていた頃から90年代までのそれというのは、不良の溜まり場のイメージが強く絶えず不穏な空気が漂っていた。そ...

>記事全文を読む

川越丸広百貨店の屋上遊園地「わんぱくランド」で遊ぼう

川越丸広百貨店の屋上遊園地「わんぱくランド」で遊ぼう

川越と言えば蔵造りの町並みが有名な観光名所になっている観光不毛県埼玉の中でも稀有な地域な訳であるが東京から手軽に来れる距離にあるので毎週休みの日にはそこそこ賑わっている。レトロな風景を求めて川越にやってくる観光客が多い中、デパートの屋上にま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

盲腸線「西武豊島線」に乗って豊島園へ (2) プール釣り堀

浦安のネズミーランドが幅を効かせるようになってはや四半世紀が経つ東京のテーマパーク事情。しかしどっこい都内に生き残る老舗遊園地「としまえん」は古臭い姿を残しながらも今も練馬のファミリー達に愛され続けている。 で、冬場にやってくると平日なん...

>記事全文を読む

NO IMAGE

盲腸線「西武豊島線」に乗って豊島園へ (1) としまえん

東京の遊園地と言えば誰しもが千葉県浦安市にあるネズミーランドと答えるこんなご時世、いやそこ東京都じゃねえしと突っ込むのも毎度野暮な話だが、なにも遊園地と言えばネズミーばかりではない。都内にはマイナーながらも戦前期より続く歴史ある遊園地がいく...

>記事全文を読む

NO IMAGE

よみうりランド・巨人への道を登る

弁天洞窟や穴澤天神社など洞窟てんこもりゾーンとしてすっかり認識してしまっている稲城市の京王よみうりランド駅周辺だが、やっぱりメインコンテンツはよみうりランドと、そこに至る直通ゴンドラである。 街の怪しいものや暗部が大好きな取材班がとても遊...

>記事全文を読む

NO IMAGE

下町の象徴「浅草」 浅草花やしき

浅草と言えばもう一つ、見逃してはならない施設がある。 1853年に開園して以来の日本最古の遊園地と言われる「花やしき」だ。 浅草寺に隣接する敷地5800平米の狭い敷地にありとあらゆる遊具が密集し独特の雰囲気を放つ。 入場料900円、それと...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.