「 バラック 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

紀伊國屋書店新宿本店様をはじめ多数書店で目立つ場所に大量平積み陳列、売り切れ続出の事態となっており、遂に緊急増刷掛かりました。東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!

全23件中 1〜15件目を表示

東芝工場と競馬場厩舎のある街、川崎市幸区小向町にある激レトロ市場「小向マーケット」を見に来た

東芝工場と競馬場厩舎のある街、川崎市幸区小向町にある激レトロ市場「小向マーケット」を見に来た

この所、凶悪少年犯罪の舞台として注目度が俄然急上昇している「川崎国」もとい神奈川県川崎市…多摩川に沿って様々な昭和の情景(主に貧民窟)が残されているこの土地の奥深さたるや、スルメの如く「噛めば噛むほど」味わい深いものがある。

>記事全文を読む

東武練馬駅至近、練馬区北町にあるバラック横丁「北町楽天地」がオンボロ過ぎて凄い

東武練馬駅至近、練馬区北町にあるバラック横丁「北町楽天地」がオンボロ過ぎて凄い

東武練馬駅…その駅名を聞いてもいまいちピンと来ない人の方が恐らくは多いのかも知れない。「練馬区」と耳にするとだいたいは西武線方面を思い浮かべるからだ。しかし練馬区の北の境目は東武東上線沿線にまで伸びていて、成増駅の二つ手前にあるのが、この東...

>記事全文を読む

立ち退きで虫の息状態となった芝浦四丁目「高浜橋バラック」の現在の姿をご覧下さい

立ち退きで虫の息状態となった芝浦四丁目「高浜橋バラック」の現在の姿をご覧下さい

東京都港区芝浦四丁目、JR田町駅、品川駅、京急泉岳寺駅、どの駅からも徒歩10分以上離れた場所にある「高浜橋」のたもとに、芝浦運河に沿って戦後のドサクサで生まれたバラック村が今日まで生き続けてきた。在日朝鮮人を中心に貧困層がこの土地になだれ込...

>記事全文を読む

東京駅至近のド都心にある奇跡の光景!激渋昭和ガード下バラック飲食街「今川小路」がまだある件

東京駅至近のド都心にある奇跡の光景!激渋昭和ガード下バラック飲食街「今川小路」がまだある件

東京駅と神田駅の間に、戦後の闇市時代から殆どその姿を変えずに生き続けるガード下横丁「今川小路」は当サイトでもかなり以前に紹介した事がある。その後「上野東京ライン」こと東北縦貫線計画で今川小路の真上の高架橋が大規模工事を行うこともあって、いよ...

>記事全文を読む

杉並区和泉、玉川上水新水路跡の超絶バラック家屋ゾーンは一体何なのか

杉並区和泉、玉川上水新水路跡の超絶バラック家屋ゾーンは一体何なのか

京王線代田橋駅から甲州街道を挟んだ北側にある杉並区和泉と言えば、沖縄タウン化した激寂れ商店街で知られる「和泉明店街」があったりする場所なのだが、この商店街の近くにとんでもない昭和の残骸が残っているというので様子を見に行く事にした。

>記事全文を読む

横浜駅のすぐお隣なのに駅前のオンボロ場末具合が半端ない「保土ヶ谷駅東口商店街」 (全2ページ)

横浜駅のすぐお隣なのに駅前のオンボロ場末具合が半端ない「保土ヶ谷駅東口商店街」 (全2ページ)

横浜の中でもちょっとマイナーで地味な存在感のある「保土ヶ谷区」。地名の「ほど」が女陰の古語で、アレの形をした谷があったとかその程度の認識しかなかったが、横浜駅にも程近く、かつては程ヶ谷宿という宿場町まであったという一帯。 そん...

>記事全文を読む

中央線タウン「高円寺」に生き続ける戦後の残照。この街に私娼窟はあったのか

中央線タウン「高円寺」に生き続ける戦後の残照。この街に私娼窟はあったのか

今回やってきたのは中央線タウン「高円寺」。聞く所によるとこの街には戦後の一時期赤線があったとか無かったとか、玉の井や鳩の街のようにきっちり街の歴史に残っている訳でもないので正直どういったところか分からんのだが、どうも気になってしょう...

>記事全文を読む

戦後の残照、川崎市幸区「戸手4丁目12番地」多摩川河川敷不法占拠バラック村はいま

戦後の残照、川崎市幸区「戸手4丁目12番地」多摩川河川敷不法占拠バラック村はいま

川崎市幸区「戸手4丁目12番地」の多摩川河川敷、ここに在日コリアンを中心に集住していた不法占拠バラックがあったという話は以前から知っていたが、2007年に立ち退きが終わり、跡地は殆どマンションに建て代わったという情報を聞いていて、もうすっか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

江東区扇橋二丁目交差点・江東公園脇のバラック飲食街

日本のパナマ運河こと扇橋閘門で有名な江東区扇橋界隈を引き続きレポートする。 扇橋二丁目交差点の南東角には江東公園という、区の名前を冠した割にはしょぼい公園がある。 この江東公園の縁に沿って何やら戦後のドサクサっぽい古い飲食街が四ツ目通りに...

>記事全文を読む

NO IMAGE

地上げで壊滅寸前「中野45番街」の現状 (2)

中野ブロードウェイのすぐ隣に広がる、戦後のドサクサ臭がキョーレツに残る飲み屋街「中野45番街」は度重なる地上げ屋の攻撃に遭いながらも、首の皮一枚残した状態で辛うじて姿を留めていた。 中野北口住民が行き交う足も決して踏み入れる事もない廃墟だ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

地上げで壊滅寸前「中野45番街」の現状 (1)

またまた、かなり久しぶりに中野の街にやってきた。中野と言えばどこぞの調査で「住みたい街」「住んでよかった街」のランキングに常連で出てくるような街で、吉祥寺や下北沢だのといった浮ついたおのぼりさんの闊歩する街というイメージが個人的には強い。非...

>記事全文を読む

荻窪駅北口に残る闇市発祥バラック密集地帯!「荻窪銀座街」 (全4ページ)

荻窪駅北口に残る闇市発祥バラック密集地帯!「荻窪銀座街」 (全4ページ)

東京DEEP案内取材班、久々にオレンジ色の中央線快速電車に乗って荻窪駅まで出てきた。杉並区にある駅で唯一中央線快速が終日停車する駅で、地下鉄丸ノ内線の始発駅もある事から利用者は多い。 毎度の事だが高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪とサブカル厨の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (3) 猛犬注意

小田原市早川の早川河川敷の一画に不自然に建てられた人家の数々。首都圏でもめっきり見かけなくなった「戦後」の風景がここにはある。 河川敷集落に入って路地を半分程進んできた。住民の生活音はわずかに聞こえるものの、住民が通りがかる事は一度もなか...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (2) 官地につき

小田原市早川にある早川河川敷に建てられた民家群の様子を確かめるべく訪れた東京DEEP案内取材班。その集落の入口には民団の「韓国人会館」があり、在日コリアンとの関わりがあるのは疑いようがない。神奈川と言えば川崎の戸手四丁目無番地が有名だが、そ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・早川河川敷バラック村 (1) 韓国人会館

箱根登山鉄道箱根板橋駅の近くを流れる早川は、箱根の芦ノ湖から相模湾に注ぐ二級河川である。その早川の上を西湘バイパスが跨ぎ箱根ターンパイク入口へと差し掛かる付近の河川敷に不自然に家々が立ち並ぶ場所があると聞いて、実態を知るべく現地を訪れた。 ...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.