「 商店街 」一覧

全224件中 61〜75件目を表示

千葉のムスリム街は既に東西線行徳駅前にありますから。マジで国際化が激しい件

千葉のムスリム街は既に東西線行徳駅前にありますから。マジで国際化が激しい件

先日こんな報道があったんですが... 「千葉にムスリム街を」市長提言 海外からの集客狙う 千葉市の市長がムスリムタウンを作る云々という提言を行ったという話、日本ではイスラム教徒が本国同様に、特にハラルフードや日々の礼拝などイスラ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

昭和の面影・東四つ木「木根川商店街」が激渋な件

スカイツリー至近の墨田区八広の皮革産業地帯から木根川橋を渡り荒川を跨いだ川向かいは葛飾区東四つ木。そこもまるで見捨てられたかのような海抜ゼロメートル地帯の下町空間が広がっている訳であるが、その一角にこれまた廃クオリティな昭和の商店街の残骸ら...

>記事全文を読む

秩父路の入口、西武線沿線の奥座敷「飯能」の花街跡と飯能河原を歩く (全3ページ)

秩父路の入口、西武線沿線の奥座敷「飯能」の花街跡と飯能河原を歩く (全3ページ)

秩父路の入口である埼玉県飯能市は今でこそマイナーな田舎町の一つとしか認識されない場所で、特に東横線沿線住民あたりから見ると直通運転が予定されている副都心線のホームで飯能行き電車を見ると「どこそれ?」となってしまいそうな存在だが、織物産業の他...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前徒歩0分の場末「武蔵関」 (2)

東京で住みたい街ナンバーワン「吉祥寺」に程近い西武新宿線武蔵関駅。家賃相場が高くて住めない吉祥寺の代用品として住むにはあまりにも違いすぎる場末感満載の街並みにあんぐりしてきたが、それはあくまで北口の話だ。 一方で駅前らしい風景を見せている...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前徒歩0分の場末「武蔵関」 (1)

東京には他の都市圏では考えられないくらいに街のブランド志向が強い。東急小田急じゃなきゃヤダとかそういう志向である。その結果街の人気は常に「西高東低」となっているのが東京の常だが、一方で「西側」に位置していながらまるで見向きもされていないのが...

>記事全文を読む

NO IMAGE

池袋のお隣・帝銀事件でおなじみ「椎名町」 (3)

今回は「帝銀事件」の現場見たさに西武池袋線椎名町駅の北口周辺をふらふら歩きまわった訳だが、60年以上も前の事件の痕跡よりもむしろ駅前の雑多で下町臭い風景が気になってじっくり見て回った。 駅前のすずらん通りアーケードを抜けた先を南北に走る商...

>記事全文を読む

NO IMAGE

池袋のお隣・帝銀事件でおなじみ「椎名町」 (2)

池袋からたったの一駅、西武池袋線椎名町駅を降りると目の前には雑然とした下町全開の駅前風景が広がる。 駅前にお決まりのパチンコ屋、そして西武線沿線ではお馴染みの「ぎょうざの満洲」やそれに準じたちょっと貧乏臭いチェーン系飲食店が狭い路地に密集...

>記事全文を読む

NO IMAGE

池袋のお隣・帝銀事件でおなじみ「椎名町」 (1)

池袋を始点として練馬や西東京、そして埼玉の所沢や飯能へ至る西武池袋線の各駅停車に乗ると、池袋の隣に椎名町という駅がある。 今回はこの椎名町駅周辺をうろうろ歩く事にした。駅名は椎名町だけど、付近の住所は豊島区長崎とか西池袋になる。のっけから...

>記事全文を読む

まだキューポラのある街「川口」 (全4ページ)

まだキューポラのある街「川口」 (全4ページ)

川口市と言えば我々取材班的にはもっぱら西川口ばかりが思い浮かぶが、それでは埼玉有数の工業都市として栄えてきた川口に対して失礼過ぎる訳で、そういえば今まで赤羽や西川口、蕨といった京浜東北線DEEPゾーンに囲まれ見向きもしなかった川口駅を降りる...

>記事全文を読む

NO IMAGE

23区の最果て・練馬区大泉学園町 (5) 新座市栄五丁目

東京の外れ、練馬区大泉学園町と複雑に境を接する埼玉県新座市栄四丁目には「四条名店街」という寂しい場末の商店街が残っていたが、実は新座市栄にはもう一つ商店街がある。 それが栄五丁目にあるというので、引き続き碁盤目状に整備された住宅地を都県境...

>記事全文を読む

NO IMAGE

23区の最果て・練馬区大泉学園町 (4) 新座市栄四丁目

練馬区の最果て「大泉学園町」は戦前にニュータウンとして開発された碁盤目状の街路がそのまま残り、今でも「風致地区」と呼ばれる優良住宅地になっているが、そこから少しずれると突然住所が埼玉県新座市に変わる。街は練馬区側と新座市側に跨っているのだ。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

23区の最果て・練馬区大泉学園町 (3) 都民農園セコニック

吉祥寺駅あたりで見かける西武バスの行先表示に「都民農園セコニック」という妙な名前の路線があるのを目にした事はあっても、それが一体何を意味するのかは知らないままでいた訳だ。 「都民農園」と「セコニック」の間の言語感覚のギャップも違和感バリバ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

23区の最果て・練馬区大泉学園町 (2) 風致地区

東京23区北西部の最果てゾーン、練馬区大泉学園町までわざわざ訪れた。関東大震災後の住宅需要に応える為にコクドの前身である箱根土地会社によって開発されたニュータウンは現在も碁盤目状の区画を持つ住宅地として生き続けている。 そんな大泉学園町を...

>記事全文を読む

NO IMAGE

23区の最果て・練馬区大泉学園町 (1) 大泉学園通り

東京23区と一言で言えどもひたすら広大なのは頭では分かってはいるが、練馬区の端っこに行くような機会などなかなかある訳もなかろう。23区の広大さに打ちひしがれて何も考えたくないような投げやりな精神状態の時に行きたくなるのが練馬区の端の端にある...

>記事全文を読む

NO IMAGE

日本のパナマ運河らしい江東区扇橋 (1) 扇橋商店街

今回取材班が訪れたのはド下町深川エリアの江東区扇橋という所。あまり馴染みのない場所だったり、浅草橋あたりにある「柳橋」とごっちゃになっていて、どこだそりゃ?と思っていたのだが、この街には「日本のパナマ運河」と随分大それた呼び方をされている扇...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.