「 赤線地帯 」一覧

全67件中 1〜15件目を表示

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

日本最大級の遊郭として江戸時代から昭和33(1958)年の売防法施行まで340年間の歴史を歩んできた吉原遊郭だが、吉原大火、関東大震災、東京大空襲と幾度も災難に見舞われてきた故に残念ながらこの土地に伝統的な遊郭建築は一切残っていない。 ...

>記事全文を読む

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原...そこは江戸時代に始まり売防法施行の昭和33(1958)年まで340年に渡って続いていた日本最大級の遊郭、そして今も現役の色街として全国区でその名を轟かせている、そんな場所である。現在の住所は「台東区千束四丁目」。最寄りは地下鉄日比...

>記事全文を読む

町田の暗黒街は南口にあり!消えた駅裏私娼街「田んぼ」の痕跡を求めて

町田の暗黒街は南口にあり!消えた駅裏私娼街「田んぼ」の痕跡を求めて

新宿駅から小田急線の快速急行で片道30分、横浜駅から横浜線で35分、東京と神奈川の都県境に挟まれながら発展してきた衛星都市「町田」の中でも、中心繁華街から線路で分断された町田駅南口は長らく発展から取り残され、いかがわしい歓楽街として街に暗い...

>記事全文を読む

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く (全2ページ)

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く (全2ページ)

川崎と言えばガラの悪い街だという印象は相変わらず強い訳だが、駅前の繁華街を見ている限りは綺麗に整備されていて表向きはそれほど酷くもないように見える。しかし、中心繁華街の二ヶ所に堀之内・南町という一大悪所を擁し、東田町は市役所の真ん前にも関わ...

>記事全文を読む

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

川越市の観光名所となっている「蔵造りの町並み」で知られる一番街を抜けた北側の「札の辻」交差点近くに戦前からこの地にあった古い花街の遺構が残っているのだが、休日ともなると観光客が闊歩するメインストリートの目と鼻の先にありながらまるで見捨てられ...

>記事全文を読む

千葉県の水郷観光地「佐原」に花街跡っぽいそそられる路地裏飲食店街がある件

千葉県の水郷観光地「佐原」に花街跡っぽいそそられる路地裏飲食店街がある件

千葉県の北東部、江戸時代から利根川の水運で栄え、あの伊能忠敬ゆかりの地である「小野川沿いの古い町並み」が観光資源で知られる水郷の街、佐原を訪れた時の事であった。JR佐原駅から古い町並みまで歩いて向かう途中にかなり古びた飲食店街が密集する一角...

>記事全文を読む

これは青線跡?「蒲田西口すずらん通り」裏に存在する場末の激渋飲食店街

これは青線跡?「蒲田西口すずらん通り」裏に存在する場末の激渋飲食店街

東京都区内最南端の繁華街「蒲田」と言えば下町風情全開でホームレスのオッサンが多くて難民キャンプ臭半端ない街だが、最近は駅ビルが小奇麗になって、貴重な観覧車付きデパ屋遊園地で有名な「東急プラザ蒲田」もリニューアル、様々イメチェンしとりますが、...

>記事全文を読む

京急鶴見駅前にある「鶴見三業地会」商店街のアウトローぶりが半端ない件

京急鶴見駅前にある「鶴見三業地会」商店街のアウトローぶりが半端ない件

川崎のすぐ隣にある街、鶴見。一応住所は横浜市なんですが、横浜というよりは距離的にも文化的にも蒲田、川崎と並べた方が近いという間柄。そして川崎と並んで京浜工業地帯の一角を占める街。久しぶりにこの街にやってきたが、JR鶴見駅を降りたら右翼の街宣...

>記事全文を読む

中央線タウン「高円寺」に生き続ける戦後の残照。この街に私娼窟はあったのか

中央線タウン「高円寺」に生き続ける戦後の残照。この街に私娼窟はあったのか

今回やってきたのは中央線タウン「高円寺」。聞く所によるとこの街には戦後の一時期赤線があったとか無かったとか、玉の井や鳩の街のようにきっちり街の歴史に残っている訳でもないので正直どういったところか分からんのだが、どうも気になってしょう...

>記事全文を読む

都内唯一現役遊郭建築が残る八王子市田町の「旅館松屋」全焼…その焼け跡を訪ねる

都内唯一現役遊郭建築が残る八王子市田町の「旅館松屋」全焼…その焼け跡を訪ねる

東京都八王子市。都心からかなり離れた街で、なかなか行く用事も思い浮かばない場所だが、この街には東京都下で唯一戦前の遊郭建築が残されている「田町」という地区がある。品川の手前の田町ではない。明治時代の大火を契機に全焼した遊郭自体が移転...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三鷹駅前にあった赤線地帯「武蔵八丁特飲街」

今回やってきたのは「住みたい街ナンバーワン(笑)」吉祥寺の隣にある中央線三鷹駅。総武線各駅停車の終着駅でもあり日常的に多くの利用者がいる。武蔵野のお上品なベッドタウン的な雰囲気もあってまあ何となくスルーしていた場所なのだが... 三鷹駅と...

>記事全文を読む

川越市西小仙波町・喜多院裏の遊郭跡

川越市西小仙波町・喜多院裏の遊郭跡

埼玉の川越は「小江戸川越」と呼ばれるだけあって江戸時代からの豪勢な蔵造りの町並みが残る歴史の深い街。表の歴史もあれば当然裏の歴史もある訳で、川越の街には遊郭もあったらしい。

>記事全文を読む

軍港の遊里の面影は何処へ?横須賀市上町「柏木田遊郭跡」を歩く (全2ページ)

軍港の遊里の面影は何処へ?横須賀市上町「柏木田遊郭跡」を歩く (全2ページ)

アメリカの香り漂う軍港の街・横須賀市にはかつて遊郭が三ヶ所存在していたのだが前回はそのうち一ヶ所、京急県立大学駅が最寄りの「安浦」を当サイトで紹介したものの他の二ヶ所は名残りが殆ど見られず行くだけ行って撮った写真を放置かましたままだったので...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (4)

西小山駅前の商店街とニコニコ通りとの間をぶった切る広い目の道路を東側へ進んでいくと立会川の暗渠に合流する。 この通りに沿った建物も見事に古いモルタル塗りの商店跡が立ち並んでいるので一見して雰囲気が異様だ。戦後の花街跡は西小山駅の南東側にあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (3)

品川区と目黒区の境目を走る東急目黒線、西小山駅周辺の商店街。駅から線路を挟んで北側は目黒区原町になる。 今度は駅の北側真正面から伸びている商店街に向けて進んでいく。東急沿線らしい高級感はやはりこの駅周辺には全く当てはまらない。

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.