「 赤線地帯 」一覧

全67件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (2)

戦前に花街があったという東急目黒線西小山駅周辺を引き続きぶらぶらと目的もなく歩いて行く事にする。 先にも言ったが東急目黒線の地下化工事の影響で西小山の駅周辺も駅舎や駅前あたりが小奇麗になっていたり若干の変化が見られる訳だが、線路跡が遊歩道...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (1)

東急目黒線武蔵小山駅前も超長い商店街があったり戦後のドサクサのような飲食街があったりでネタの尽きない街だが、そこからさらに隣には「西小山」という駅がある。 地下化してから駅舎が新しくなって駅前風景は何となく小奇麗な感じの西小山駅前に出てき...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (4)

現在はやたらめったらスナックやバーや飲食街諸々が密集しまくっている印象の武蔵小山駅前のドサクサ路地裏横丁。しかしその街並みをよーく観察すると意味深な建物がわずかに残っているのが見られる。 この2階建ての飲食店ビル、見た目に「昔何かがあった...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (3)

武蔵小山界隈は空襲の被害に遭って焼け野原になったそうだが、戦後に区画整理が行われいち早く商店街が復旧し、古くから繁華街として賑わったそうだ。この胡散臭い横丁も他と同じく戦後のドサクサで建てられたものがそのまま残っているのではないかと考えられ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (2)

のっけから怪しい佇まいを残す東急目黒線武蔵小山駅前の闇市テイストな路地裏横丁。下町らしい活気を放つのはやはり勤め人が帰ってくる夜になってからである。再度時間をずらして日が暮れた頃に訪れた。 駅を出た真正面から始まる戦後のドサクサ横丁。闇夜...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (1)

武蔵小山駅の真ん前にいかにも戦後のドサクサ臭が漂う一角が残っている。パルム商店街よりもむしろ見ごたえがあるのがこの路地裏にひしめく昭和レトロゾーンである。 小奇麗なパルム商店街とは裏腹にこちら側の風景は場末の下町そのまんまな景色を残してい...

>記事全文を読む

むかし花街いま下町!総武線沿線のドマイナータウン「江戸川区平井」を歩く

むかし花街いま下町!総武線沿線のドマイナータウン「江戸川区平井」を歩く

総武線沿線の「東京東側」はどこもかしこもオッサンゾーンだらけで笑ってしまう訳だが、今回はその中でも比較的存在感の薄い「平井駅」で降りてみた。亀戸と新小岩の間にあり、西に旧中川、東に荒川を挟んで中州のようになった一帯に広がる下町ゾーンである。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (4)

小田原市本町、かつて宿場町として、さらに漁師町としても賑わった旧市街地における大人の社交所「宮小路」の現在は古びたスナックや連れ込み宿が辛うじて残るオールドタウンと化してしまっていた。 老い先短い高齢者を見ているような気分になっていたたま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (3)

小田原旧市街地の繁華街「宮小路」は寂れてどうにもならない商店街や外国人パブばかりかという訳でもなく、実はこっそり旅館街も残っている。 国道1号の国際通り交差点から西側2つめ、セブンイレブンの店舗がある路地を入り込むとそこが旅館街の成れの果...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (2)

かつて小田原の夜の街として賑わっていたという「宮小路」も、駅から徒歩10分以上という立地の悪さもあってか、訪れてみると気の毒なくらいに寂れてしまっていてなんともいたたまれない気持ちになる。 国際通り交差点の近くから宮小路の路地に入る。目の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原アンダーグラウンド「宮小路」 (1)

小田原駅から少し離れた本町あたりが昔の繁華街だったが今では無残なシャッター通りと化している様子は先程見てきた。 本町二丁目、国道1号線の南側と青物町商店街の西側一帯を「宮小路」と呼び、ここは三業地でもあった古くからの小田原における歓楽街。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

松戸の赤線地帯「平潟遊郭」跡を訪ねる

松戸駅西口から江戸川堤防に向けて歩いた辺り、坂川に掛かる一平橋を渡った西側一帯、今では鄙びた住宅地になっているだけだが、昔は平潟(ひらかた)と呼ばれ、ここには遊郭があった。江戸時代より宿場町の遊里として栄え、飯盛女を抱える旅籠屋が軒を連ねて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (3)

かつて朝霞に存在した米軍基地「キャンプ・ドレイク」。それは広大な面積を持ち、朝霞に留まらず和光、新座、さらに都県境を跨いだ練馬区にまで及ぶ巨大基地だった。 国道254号川越街道を隔てて北側をノースキャンプ、南側をサウスキャンプと言った。現在...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (2)

朝霞に残る米軍基地「キャンプ・ドレイク」の痕跡を求めて、東武東上線朝霞駅からてくてく歩き出した訳だが、突き当たりT字路となる栄町四丁目交差点に辿り着くと、今まで欠片ほども見かけなかった古い歓楽街の名残りが一斉に姿を現す。 古ぼけたコンクリ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍基地キャンプ・ドレイクの痕跡「朝霞」を歩く (1)

池袋から東武東上線に乗って朝霞までやってきた。埼玉県朝霞市と言えば街の南側に広がる陸上自衛隊朝霞駐屯地に加え、いまなお残る広大な米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡地が返還後も長らく手付かずのままになっていたりと、色々ミリタリー臭の濃ゆい街であ...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.