「 赤線地帯 」一覧

全67件中 31〜45件目を表示

NO IMAGE

セメントと織物産業で栄えた「秩父」の花街跡 (2)

秩父に残る花街の痕跡を見に本町の下平通りを通りがかったが、さらに路地裏に足を踏み入れるとまだまだ見所が残っている。 ヨガ教室となっている元妓楼(花月)の向かいから車幅ぎりぎりの細い路地が奥へ伸びているので入ってみると、住宅街に紛れて廃...

>記事全文を読む

NO IMAGE

新宿二丁目に眠る遊郭の残滓・投げ込み寺「成覚寺」

今やもっぱらゲイタウンとしか認識されなくなった「新宿二丁目」。だが新宿が宿場町だった江戸時代に遡るとこの一帯は新宿遊郭と呼ばれる色街で、その名残りは現在も新宿二丁目北側、靖国通り沿いの成覚寺という寺にある。 新宿二丁目の仲通りから靖国通り...

>記事全文を読む

新小岩ルミエール商店街の先にあった戦後の赤線地帯!松島三丁目「丸健カフェー街」を見る (全2ページ)

新小岩ルミエール商店街の先にあった戦後の赤線地帯!松島三丁目「丸健カフェー街」を見る (全2ページ)

駅前からパチンコ屋が乱立するパチンコ岩の異名を持つ東京の東の外れの歓楽街「新小岩」だが、昔から娯楽産業が盛んだった街の歴史の一つに、この街に「丸健カフェー街」と呼ばれる赤線地帯が存在していた事が挙げられる。 「◯に健の字」のトレードマ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線クオリティ「新小岩」 ルミエール商店街

先日、総武線の新小岩駅に立ち寄るきっかけがあり、少々街をうろついてみることにした。 JR新小岩駅は総武線の各駅停車だけでなく快速電車も止まる駅で利用者も多く、駅前はかなり栄えている。東京駅から総武線快速、秋葉原駅から各駅停車、どちらでも1...

>記事全文を読む

NO IMAGE

亀戸天神社と天神裏の赤線跡 (2)

学問の神様菅原道真を祀り合格祈願の参拝者が絶えない亀戸天神社の真裏には、大規模な花街が存在していた。 現在は殆ど住宅地に変わってしまってはいるが、何軒か料亭が残っていたり、わずかに風情が残ってもいる。建て替え工事の最中なのか、かつて料亭街...

>記事全文を読む

NO IMAGE

亀戸天神社と天神裏の赤線跡 (1)

錦糸町の隣、貧民御用達スーパーがあったり九龍城があったりオウムが炭疽菌をばらまいたりと色々アンダーグラウンドな臭いの漂う街が亀戸だが、対外的には「亀戸天神社」が有名である。 全国各地の天神社と同様、菅原道真を祀る学業成就祈願の神社として多...

>記事全文を読む

東日本屈指の漁港「銚子市田中町」の赤線跡が中国スナック街になっていた

東日本屈指の漁港「銚子市田中町」の赤線跡が中国スナック街になっていた

東京から車で片道二時間、関東の東の最果てに位置する東日本屈指の漁港・千葉県銚子市に特飲街の成れの果てとなった盛り場が残っているというので見に行った。

>記事全文を読む

NO IMAGE

底辺外国人労働者に支えられる漁港・銚子市の現状 (1)

東京DEEP案内取材班は遠路はるばる千葉県の東の最果て、銚子市にやってきた。利根川最下流、太平洋に突き出す形で伸びる漁港と醤油の街、東京から見れば地の果てのような場所で、千葉市からでも特急電車で1時間半も掛かる僻地だが、千葉県内では千葉市の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

藤沢辰巳町新地の連れ込み宿「仙成旅館」に泊まる

先日訪れた藤沢駅北口の旧辰巳町にある赤線跡「藤沢新地」。その一角に何軒か連れ込み宿(転業旅館?)の建物が残っていたのだが、そのうち唯一営業を続けている「仙成旅館」に先日宿泊してきた。 この土地には仙成旅館の他、隣接する駐車場用地にあった「...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍立川基地の残滓・赤線跡「錦町楽天地&羽衣新天地」

軍都だった立川の街にはシネマ通り以外にも錦町楽天地と羽衣新天地、2ヶ所の赤線地帯の残骸が残っている。今度はそちらに向かうことにする。 まずは「錦町楽天地」へ。立川駅南口からウインズの前を通って徒歩10分程度の住宅街の中にある。戦前から...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍立川基地の残滓・赤線跡「シネマ通り」

立川と言えば、駅北口に広大な米軍基地の跡が残っている。戦後に立川飛行場の敷地が米軍に接収され「キャンプフィンカム」として利用されていた時期に、米兵の慰安施設も兼ねて、立川駅周辺には赤線地帯があったという。 その名残りが、立川駅北口と立...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢の遊郭跡・有楽町(うらまち)界隈を歩く (2)

海老屋横町にある「三好亭」所沢唯一の現存遊郭建築を横目に、かつての花街の名残りを探しに有楽町(浦町)界隈を歩くことにした。 現在の所沢市有楽町は、うらびれた街で「浦町」だったのか、東京の有楽町から見たら笑っちゃうくらいに寂れに寂れた街並み...

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢の遊郭跡・有楽町(うらまち)界隈を歩く (1)

江戸時代から宿場町だった所沢には「浦町」と呼ばれる花街があり、明治・大正時代に栄えていた。街に織物商の姿が、飛行場が出来てからは軍人達の姿も加わりさぞ賑わったと言われている。 浦町は小金井街道(江戸道)に並行して北側の東川沿いを走る裏通り...

>記事全文を読む

江東区東陽町に吉原に次ぐ東京第二の遊郭があった…赤線地帯・洲崎パラダイスの街「深川洲崎弁天町」を歩く (全6ページ)

江東区東陽町に吉原に次ぐ東京第二の遊郭があった…赤線地帯・洲崎パラダイスの街「深川洲崎弁天町」を歩く (全6ページ)

昭和33(1968)年の法律施行まで日本各地に存在した「赤線地帯」。それは吉原や真金町のように江戸時代から続く遊郭の成れの果てであったり、玉の井や鳩の街のように戦後になって私娼窟を特例的に営業を許してきた場所であったりと様々である。 ...

>記事全文を読む

東京都下唯一、現役の遊郭建築が残る街!八王子市「田町遊郭」 (全3ページ)

東京都下唯一、現役の遊郭建築が残る街!八王子市「田町遊郭」 (全3ページ)

八王子駅北口からかなり離れた、浅川沿いの田町という所に遊郭跡があるという話を聞きつけて、再度八王子の地を訪れた。

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.