「 レトロ 」一覧

全132件中 31〜45件目を表示

西武多摩湖線一橋学園駅最寄りのレトロで三色旗な「小平団地」とその周辺を歩く

西武多摩湖線一橋学園駅最寄りのレトロで三色旗な「小平団地」とその周辺を歩く

JR中央線国分寺駅から出ている「西武国分寺線・多摩湖線」のマイナー気味な2路線。地元民でなければなかなか使わない路線なのだろうが、そんな国分寺線に乗って鷹の台駅で降りると朝鮮大学校と創価学園と「ふれあい下水道館」がある香ばしい街である事はだ...

>記事全文を読む

消えるオートレース発祥の地…2016年3月末で廃止された「船橋オートレース場」を見納めに行った

消えるオートレース発祥の地…2016年3月末で廃止された「船橋オートレース場」を見納めに行った

3月というと卒業式のシーズンでもあり別れの季節だとも申しますようですが、年度末のこの時期に閉鎖してしまう施設というのも中にはある訳で、それぞれに慣れ親しんだ場所や人々との別れを惜しむ声が出てくるものでもある。で、今月末に閉鎖が決まっていると...

>記事全文を読む

【海老名市】もし間違って「厚木駅」で降りてしまったらどうすればいいのか【偽厚木】

【海老名市】もし間違って「厚木駅」で降りてしまったらどうすればいいのか【偽厚木】

小田急線で新宿から片道50分掛かる神奈川県の県央地域に属する厚木市。その中心市街地にあたるのはもちろん本厚木駅周辺なのだが、小田急線で来ると本厚木の一つ手前に「厚木駅」というものが存在する。

>記事全文を読む

80年代で発展が止まってしまった街…春日部市「武里駅西口」の場末感極まる昭和全開の街並み

80年代で発展が止まってしまった街…春日部市「武里駅西口」の場末感極まる昭和全開の街並み

皆様突然ですが「武里」という場所をご存知だろうか。東武伊勢崎線に乗ると春日部の二つ手前にある、各停しか止まらないローカル感溢れる駅である。春日部市の最南端にあり、隣は越谷市のせんげん台。巨大な団地で有名な武里団地があると言えば分かる人には「...

>記事全文を読む

西武百貨店が閉店!「春日部」の中心市街地はどうなるのか金子商店のおでんを食いながら考えた

西武百貨店が閉店!「春日部」の中心市街地はどうなるのか金子商店のおでんを食いながら考えた

埼玉県東部を代表する街、春日部市。東武伊勢崎線(意地でも東武スカイツリーラインとは言わない)で北千住から急行電車で片道約30分、大宮から東武野田線(意地でも東武アーバンパークラインとは言わない)で片道20分で来られるが、首都圏のベッドタウン...

>記事全文を読む

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

日本最大級の遊郭として江戸時代から昭和33(1958)年の売防法施行まで340年間の歴史を歩んできた吉原遊郭だが、吉原大火、関東大震災、東京大空襲と幾度も災難に見舞われてきた故に残念ながらこの土地に伝統的な遊郭建築は一切残っていない。 ...

>記事全文を読む

生まれて60年、戦後の佇まいが残る町田の名所「町田仲見世商店街」を訪ねる

生まれて60年、戦後の佇まいが残る町田の名所「町田仲見世商店街」を訪ねる

新宿、八王子、横浜の3つの拠点都市の中継地点に位置する東京なのか神奈川なのかよくわからない「町田」。駅周辺はかなりの繁華街になっていて人通りも激しく、しかし腐れヤンキーやチンピラが闊歩していて粗暴犯も多い物騒な土地柄でもあり、足立区あたりと...

>記事全文を読む

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

小江戸川越に残る花街の遺構…ほぼ廃墟状態の激渋飲み屋街「弁天横丁」

川越市の観光名所となっている「蔵造りの町並み」で知られる一番街を抜けた北側の「札の辻」交差点近くに戦前からこの地にあった古い花街の遺構が残っているのだが、休日ともなると観光客が闊歩するメインストリートの目と鼻の先にありながらまるで見捨てられ...

>記事全文を読む

都内で唯一鉄道が通らないマイナー過ぎる街・武蔵村山市の「村山団地」が超絶レトロだった

都内で唯一鉄道が通らないマイナー過ぎる街・武蔵村山市の「村山団地」が超絶レトロだった

東京都多摩地方に唯一「鉄道が通らない市」がある。それが都内屈指のマイナー市「武蔵村山市」だ。多摩地方北部に位置し、北隣には狭山湖や多摩湖を隔てて埼玉県所沢市が、西隣には西多摩郡瑞穂町、それに福生市に属する米軍横田基地、東隣には東大和市、南隣...

>記事全文を読む

甲州街道沿いに放置状態の都営住宅が!調布市「都営下石原アパート」の怪

甲州街道沿いに放置状態の都営住宅が!調布市「都営下石原アパート」の怪

江戸から甲府を結ぶ甲州街道、現在では新宿からだいたい京王線沿線を並行して府中や八王子方面に抜けて山梨方面に続く国道20号の事を指す。その途中で通りがかる調布市の一角に奇妙な光景を見かけた。

>記事全文を読む

東芝工場と競馬場厩舎のある街、川崎市幸区小向町にある激レトロ市場「小向マーケット」を見に来た

東芝工場と競馬場厩舎のある街、川崎市幸区小向町にある激レトロ市場「小向マーケット」を見に来た

この所、凶悪少年犯罪の舞台として注目度が俄然急上昇している「川崎国」もとい神奈川県川崎市…多摩川に沿って様々な昭和の情景(主に貧民窟)が残されているこの土地の奥深さたるや、スルメの如く「噛めば噛むほど」味わい深いものがある。

>記事全文を読む

95年の歴史に終止符!今月末で閉鎖が決まった「文京区設真砂市場」を見納めに来た

95年の歴史に終止符!今月末で閉鎖が決まった「文京区設真砂市場」を見納めに来た

東京には至る所に戦前からの歴史を持つ古い市場が生き残っているのだが、先日練馬区の江古田市場が無くなったばかりなのに、また大正時代からの歴史があった市場が無くなろうとしている。文京区にある「文京区設真砂市場」だ。

>記事全文を読む

江古田市場亡き今、ここ数年で消えた「江古田」のレトロな風景をまとめてみる

江古田市場亡き今、ここ数年で消えた「江古田」のレトロな風景をまとめてみる

池袋から西武池袋線で3駅、日大芸術学部、武蔵野音楽大学、武蔵大学と3つの大学キャンパスがひしめく練馬の学生街「江古田」。当取材班も何かと足が向く機会の多い場所なのだが、何度も訪れているうちに随分消えてしまった風景が多いように感じる。

>記事全文を読む

谷中銀座のご近所にある激渋アーケード飲食街「谷中初音小路」を見に来た

谷中銀座のご近所にある激渋アーケード飲食街「谷中初音小路」を見に来た

日暮里駅西口に広がる下町観光ゾーン「谷中」と言えば、もう完全に観光地化してしまった谷中銀座商店街を始め、戦前から残る住宅街の路地やら寺町やらそういうものがあり、土日ともなると沢山のイカニモ風な観光客が街のそこかしこでそぞろ歩いている。

>記事全文を読む

清見屋、丸越、富士デパート…無残な廃墟百貨店群!千葉県の水郷観光名所「佐原」駅前の激寂れな商店街を歩く

清見屋、丸越、富士デパート…無残な廃墟百貨店群!千葉県の水郷観光名所「佐原」駅前の激寂れな商店街を歩く

成田空港と銚子の間に佐原という街がある。市町村合併で千葉県香取市の一部となったが、利根川を跨いだ先の茨城県潮来市とセットで「水郷の街」として観光名所になっている街だ。なかなか来ようと決心が付かなければここまで来ない距離感のある場所だが、東京...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.