「 レトロ 」一覧

全132件中 91〜105件目を表示

NO IMAGE

横浜根岸界隈を行く (4) 根岸競馬場一等観覧席

横浜市中区簑沢、根岸森林公園のある高台西側の一角にそびえる日本最初の洋式競馬場の遺構、旧横浜競馬場(根岸競馬場)の一等観覧席。1930年に建設された建物は当時のままの姿を留めている。 現在では公園の広場と一体化していて、綺麗に整備されたな...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東急東横線「学芸大学」 (2) 第一ストアー

毎朝毎晩人々の行き交う学芸大学駅を降りたすぐ正面の所に、誰の目にも見過ごされているエアポケットのような謎めいた古い商業ビルが残っている。その名も「第一ストアー」。 それは戦後のドサクサで出来た駅前商店街の名残りであろうか、位置づけ的には自...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東急東横線「学芸大学」 (1) ニューサウナ学芸

ふとした事で東横線の学芸大学駅を降りて近辺をうろつく事になった。毎度ながらのスイーツ御用達路線で縁遠い沿線だが、どうも学芸大学駅周辺は自由が丘辺りのようなオシャレタウンになりきれない変なエキスがあちこち残っている。 散策のスタートは「ガク...

>記事全文を読む

NO IMAGE

五反田TOC(東京卸売りセンター)ビル

五反田駅からかなり離れた第二京浜沿いの場所にTOC(東京卸売りセンター)ビルというのがある。このビル、一言で言うとすれば複合商業施設の一つなのだが、建っている場所が駅前ではない上に設立経緯も変わっており色々と変わった特徴がある。 1970...

>記事全文を読む

NO IMAGE

五反田の怪しい路地裏洋食屋「グリルエフ」で食事しました

久しぶりに五反田を訪れた。池田山やら御殿山やら高級住宅地の高台が駅の周辺にボコボコあるのに谷底の狭い平地がたった五反しかないという事でその地名が付いた場所だが、狭い谷底に人の欲望が渦巻くように五反田有楽街といった場所がある香ばしい街だ。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ガチな下町「荒川区荒川」 (3) バラック商店街

ボロアパートや長屋、町工場が密集しまくる町屋駅南側の路地を引き続き歩いて行く事にする。区画整理もろくに行われず好き放題に建てられた人家が密集するような場所も随所に見られ、部外者にとっては迷路のようにも思える。 アパート群が並ぶ細い路地を抜...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ガチな下町「荒川区荒川」 (2) ボロ長屋と町工場

千代田線町屋駅南側一帯、荒川区役所に近い荒川区荒川は古い町工場とボロ長屋が並ぶ素の下町風景が濃密に残されている。そんな街並みを眺める為に路地を行ったり来たりしまくる我々取材班。 荒川区役所近くの路地にはこのようなオールトタン葺きの平屋建て...

>記事全文を読む

NO IMAGE

清澄白河駅前・旧東京市営清澄庭園店舗向住宅

半蔵門線の清澄白河駅で降りる。清澄庭園や深川江戸資料館といった施設がある深川エリアでもコアな一画だが、今まで殆ど来る用事もなかったような場所だ。 この清澄庭園も紀伊国屋文左衛門の屋敷跡だったというし明治時代から庭園として整備されていた由緒...

>記事全文を読む

人骨も出る新宿区の秘境地帯!旧陸軍用地「戸山ハイツ&箱根山」探索 (全6ページ)

人骨も出る新宿区の秘境地帯!旧陸軍用地「戸山ハイツ&箱根山」探索 (全6ページ)

新宿駅から歌舞伎町を跨いで徒歩20分ほどの場所に副都心線と都営大江戸線の東新宿駅がある。「新宿」を一つの繁華街として区切るとするならこの辺が最も北東端にあたるが、新宿というよりは新大久保の方がむしろ近い。

>記事全文を読む

NO IMAGE

ヴィンテージ都営住宅・台東小島アパート (2)

新御徒町駅南側、日本で二番目に古い商店街らしい佐竹商店街を抜けた先にある都営住宅「台東小島アパート」(1964年築)の中にお邪魔してきた。 11階建て団地の最上階まで上がると、見晴らしの良い屋上に辿り着く。建物中央の吹き抜けから階下の各世...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ヴィンテージ都営住宅・台東小島アパート (1)

東京各地にある都営住宅の中でも築40年、50年を越えた年代物の団地は決して少なくない。高度経済成長真っ只中で建設されたそれらの都営住宅の多くは住民がおしなべて高齢化し、外観も中身も熟成が進み過ぎてヤバイ事になっている。 そんなヴィンテージ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

小田原・箱根板橋駅前「市営福井島住宅」

小田原駅から先、大勢の観光客を載せて走る箱根登山鉄道の一つ目の「箱根板橋駅」で降りる。城下町小田原は大きな街だが、一駅離れるだけで田舎っぷりが半端ない。 東京の板橋もたいがいな場末の下町だが、ここ小田原の箱根板橋も下町風情が強い街並みが残...

>記事全文を読む

NO IMAGE

城下町小田原を歩く (4) 青物町商店街

旧市街地、すなわち本来の小田原市の中心市街地は駅前ではなく、かなり南側に外れた本町付近にある。国道1号線が東西を貫く「国際通り」交差点までやってきた。 この界隈の散策は小田原の街の原型を拝むには外せない。JR小田原駅から徒歩10分以上も掛...

>記事全文を読む

NO IMAGE

マッドシティと呼ばないで 常磐線「松戸」を歩く (3)

千葉都民のベッドタウンとして発展してきた松戸市は江戸時代から松戸城の城下町や宿場町、さらに江戸川流域の船の交易が盛んで飯盛旅籠が立ち並ぶ遊郭まであった歴史ある街。駅前は近代的になったとはいえ、流山街道や坂川が流れる駅南西部を散策するとまだま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

マッドシティと呼ばないで 常磐線「松戸」を歩く (2)

JR松戸駅西口の西側、駅前あたりで江戸川と並行しつつ春雨橋で流山街道を横切って矢切方面に流れて行く坂川という小さな川がある。この川沿いの街並みがレトロかつオンボロ具合が素敵で良いというので、少し散策する事にした。 松戸神社の前から坂川を南...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.