「 レトロ 」一覧

全132件中 106〜120件目を表示

NO IMAGE

マッドシティと呼ばないで 常磐線「松戸」を歩く (1)

常磐線に乗って千葉県の松戸駅までやってきた。綾瀬や亀有や金町など都内の場末の下町なんぞをガン無視して走る常磐線快速なら上野や北千住からも目と鼻の先、そんな近郊ベッドタウンとしての位置づけにある松戸はマツドという字面から「MAD CITY」な...

>記事全文を読む

埼玉県民の日フリー乗車券で埼玉のチベット「秩父」に行ってきた (全10ページ)

埼玉県民の日フリー乗車券で埼玉のチベット「秩父」に行ってきた (全10ページ)

東京から西武鉄道に揺られて約2時間、関東平野から遠く離れ、広大な秩父山地に遮られた埼玉県のチベット「秩父」の地を訪れた。飯能駅から西武秩父行きの電車に乗ると1時間近くもの間、山岳地帯を縫うように走る。もう気分は小旅行である。池袋まで約1時間...

>記事全文を読む

東日本屈指の漁港「銚子市田中町」の赤線跡が中国スナック街になっていた

東日本屈指の漁港「銚子市田中町」の赤線跡が中国スナック街になっていた

東京から車で片道二時間、関東の東の最果てに位置する東日本屈指の漁港・千葉県銚子市に特飲街の成れの果てとなった盛り場が残っているというので見に行った。

>記事全文を読む

NO IMAGE

所沢市御幸町・路地裏酒場「盃横丁」

所沢市御幸町の小金井街道から北側の路地に入ると、タワーマンションだらけの街道沿いとは違って古い住宅街や商店が残る旧市街地らしい風景が残っている。 一方通行入口の標識が示す狭い路地の先に商店の案内看板が沢山並んでいるのが見える。所沢銀座...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (8) 三崎下町商店街<後編>

映画ロケ地だったりゲームソフトのロケ地だったりして来た事はなくとも「そう言えば見た事があるかも知れない」デジャブに襲われそうになる商店街、それが三浦半島最先端、三崎港にある三崎下町商店街である。 しかし相変わらず閉めたままの店ばかりで泣け...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (6) 三崎下町商店街<前編>

三崎港と城ヶ島を回った後に、どうしても行っておきたい場所があったので寄ってきた。 三崎港住民の集う「三崎下町商店街」である。商店街は「三崎銀座商店街」をはじめ「サンロード」「すずらん通り」「日の出通り」などと通り毎に違った名称がつけられてい...

>記事全文を読む

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田が戦前、花街として賑わったという歴史はそこかしこで耳にしたものの、今更来て見てもどこにその名残りがあるのかさっぱり分からない。 先にも記した通り、五反田駅西側一帯は戦時中の空襲で焼け野原となった経緯があるためだが、そんな五反田の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

品川DEEP「五反田」 (2) 洋食屋グリルエフの路地裏

周辺の再開発やオフィス街化で表向きはどんどん綺麗になっていくばかりの五反田界隈だが、五反田駅東口の歓楽街「五反田有楽街」の入口付近にかなり怪しげな一画が残っている。 酷く老朽化した7階建ての細長いビルは、既にテナントも撤退しているのか表の...

>記事全文を読む

東京の空の玄関口、羽田空港の足元は都内とは思えぬ鄙びた漁村だった!「羽田」界隈を歩く (全4ページ)

東京の空の玄関口、羽田空港の足元は都内とは思えぬ鄙びた漁村だった!「羽田」界隈を歩く (全4ページ)

羽田空港は東京への空の玄関口として沢山の利用者がいる一方で、空港がある羽田そのものがどんな街なのかという事はあまり知られていない。空港が出来る前は東京髄一の漁場で、遠浅の干拓地が広がり、昔から漁業が盛んだったという場所だ。

>記事全文を読む

懸垂式モノレールが走る微妙な大都会!政令指定都市「千葉市」を歩く (全6ページ)

懸垂式モノレールが走る微妙な大都会!政令指定都市「千葉市」を歩く (全6ページ)

総武線快速で東京駅からおよそ40分、千葉県の県庁所在地で代表的都市である「千葉駅」の前に降り立った。

>記事全文を読む

東急大井町線「下神明」駅前の胡散臭げな自販機コーナー

東急大井町線「下神明」駅前の胡散臭げな自販機コーナー

前回訪問した東急大井町線の高架下がやたらヤバかったので、再度探索を続ける事にした。大井町駅の西側、品川区役所前から隣の下神明駅にかけての一帯に、見事な高架下建築がずらりと並んでいたのだ。

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前プチ九龍城砦「代々木会館」 (2)

JR代々木駅前にそびえる廃墟ビル「代々木会館」を引き続きリサーチする。 このビルは2001年当時に建て替え計画があったものの、諸事情で工事も行われず、2009年末現在でもビルがそのまま残されている。 廃墟同然の姿を晒す代々木会館ビル...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前プチ九龍城砦「代々木会館」 (1)

毎日電車に乗って大量の人間が行き来する山手線の代々木駅前に誰にも見向きされずに廃墟同然で佇む怪しげな雑居ビルがあるという事を聞きつけて我々はやってきた。代々木駅は新宿駅の隣であるが、タカシマヤタイムズスクエアやサザンテラスからは目と鼻の先に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

総武線に乗って津田沼の銭湯遺産「鷺沼温泉」へひとっ風呂

東京DEEP案内取材班へ届いたタレコミ情報により「昭和初期に建てられ80年間そのまま使われている超絶レトロ銭湯」がここ津田沼にあるという話を聞きつけて、かれこれ津田沼の街を小一時間歩き続けた挙句、国道14号千葉街道の「鷺沼一丁目」交差点まで...

>記事全文を読む

NO IMAGE

新御徒町・佐竹商店街 (1) レトロ商店街

まさに買い物天国と化す「御徒町」の界隈を散歩しているわけだが、我々は仲御徒町駅から超カオスな紫色の「多慶屋」ゾーンを掻い潜り、その先を目指す事にした。 実は以前とある方から、御徒町の東側にひっそり佇むアーケードつき商店街「佐竹商店街」を是...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.