「 蕨 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全10件中 1〜10件目を表示

【ワラビスタン】本当に意外すぎますが「成人式発祥の地」は埼玉県蕨市でした

【ワラビスタン】本当に意外すぎますが「成人式発祥の地」は埼玉県蕨市でした

今年2017年も相変わらずの恒例行事「成人式」が全国各地で開催され、またマスコミ御一同は「荒れる成人式」の画欲しさに北九州やら沖縄などに足を伸ばしては一生に一度の事だからと何をしても良いと勘違いして暴れ回るDQNを増長しておりますが、成人式...

>記事全文を読む

埼玉ロードサイドDQN文化が感じられる「蕨市の国道17号沿い」が色々と役満状態でした

埼玉ロードサイドDQN文化が感じられる「蕨市の国道17号沿い」が色々と役満状態でした

京浜東北線で赤羽から三駅、日本一小さな市としても有名な「埼玉県蕨市」と言えば、これまでもクルド人の住まうワラビスタンだの共産党市政だの住民票の置けるネットカフェだの、東京の目と鼻の先で小さいながらもピリリと辛い山椒の如く香ばしくビンボー臭い...

>記事全文を読む

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

埼玉県蕨市・川口市を中心にトルコから日本に亡命してきたクルド人(クルド系トルコ人)が数多く居住し、この一帯が「ワラビスタン」と呼ばれている事は既に当サイトでも何度も取り上げてきた。毎年3月の春分の日に蕨市民公園で開催されるクルド人の新年祭「...

>記事全文を読む

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

クルド人とは国家を持たない世界最大の民族であり、その最大の人口を持つトルコ南東部から政治的な迫害を理由に日本に亡命してきた人々が暮らしているのが埼玉県蕨市周辺である。 そんな蕨が彼らの第二の故郷「ワラビスタン」と呼ばれていると...

>記事全文を読む

ワラビスタンと呼ばれる亡命クルド人第二の故郷「蕨」で行われる新年祭・ネウロズに行ってきた(2014年)

ワラビスタンと呼ばれる亡命クルド人第二の故郷「蕨」で行われる新年祭・ネウロズに行ってきた(2014年)

埼玉県蕨市が亡命クルド人集住地になっていて「ワラビスタン」と呼ばれている事を以前お伝えした。クルド人と言えばトルコやイランなどの山岳地帯に住む国を持たない民族で、1990年代以降、迫害を受けた末に亡命し日本に流れ住み着いた人々がいる...

>記事全文を読む

大小便禁止!ゴミ落下注意!中国人だらけの「川口芝園団地」見学リターンズ

大小便禁止!ゴミ落下注意!中国人だらけの「川口芝園団地」見学リターンズ

埼玉県川口市にある「芝園団地」。昭和50年代に造成された2400世帯が暮らす県内有数のマンモス団地である。築30年以上を迎えるこの団地の住民の約3~4割が中国人ばかりで占められているという特異な状況は、以前当サイトでもレポートした事がある。...

>記事全文を読む

実録・ワラビスタン!外国人だらけの町「蕨」に亡命クルド人が住んでいる件

実録・ワラビスタン!外国人だらけの町「蕨」に亡命クルド人が住んでいる件

赤羽から京浜東北線で3駅隣。埼玉県の小さな貧民都市「蕨市」を幾度と無く訪れている我々取材班。共産党市政だったりネカフェに住民票が置けたり外国人労働者の流入が激しかったり色々と貧困層に優しい街づくりが展開されているのだが、ふとWikipedi...

>記事全文を読む

アイヤー!中国人だらけの「川口芝園団地」を訪ねる・2010年度版 (全2ページ)

アイヤー!中国人だらけの「川口芝園団地」を訪ねる・2010年度版 (全2ページ)

日本では入国管理法の改正が行われた1990年以降、就労目的で日本に移住する在日外国人の数が急増した。それは全国各地にニューカマー外国人街を形成する大きなきっかけとなった。日本語も分からないまま彼らが異国での暮らしを続ける為に必要だったのは言...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉歴史探検・蕨 中山道蕨宿

東京DEEP案内ではこれまで散々蕨の町のヤバイ所ばかり案内しまくってきたわけで、これで終わってはさすがに蕨市民に失礼にあたるので(笑)中山道蕨宿に続く道を少しばかり散歩してみることにした。

>記事全文を読む

ネットカフェ難民と共産党市政と外国人の街!全国最小の市「蕨市」を歩く (2009年・全4ページ)

ネットカフェ難民と共産党市政と外国人の街!全国最小の市「蕨市」を歩く (2009年・全4ページ)

上野からJR京浜東北線に乗っておよそ20分。ピンクタウン「西川口」とギャンブル路線武蔵野線の乗換駅「南浦和」を両隣に控える「蕨」。 蕨駅を抱える埼玉県蕨市、古くは中山道蕨宿が置かれた宿場町、戦後は成人式発祥の地として知られ、全国で最も...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.