「 遊郭 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全31件中 1〜15件目を表示

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

日本最大級の遊郭として江戸時代から昭和33(1958)年の売防法施行まで340年間の歴史を歩んできた吉原遊郭だが、吉原大火、関東大震災、東京大空襲と幾度も災難に見舞われてきた故に残念ながらこの土地に伝統的な遊郭建築は一切残っていない。 ...

>記事全文を読む

吉原遊郭の名残りを留める「千束四丁目」仲之町通りと普通公衆浴場

吉原遊郭の名残りを留める「千束四丁目」仲之町通りと普通公衆浴場

江戸時代に遊郭が開かれおよそ400年、今もなお全国最大級の「お風呂屋さん」街として名を馳せる「吉原」。旧遊郭地が現在もそのまま台東区千束四丁目に属している。

>記事全文を読む

吉原遊郭の総鎮守「吉原神社」と遊女達の不幸な歴史を留める「吉原弁財天」

吉原遊郭の総鎮守「吉原神社」と遊女達の不幸な歴史を留める「吉原弁財天」

旧吉原遊郭では大門以外から遊郭への出入りは、鷲神社の酉の市といった特別な時期以外は認められていなかったが、今となってはどこからでも出入りできる。仲之町通りを突っ切って郭の外との境目に「水道尻(すいどじり・みとじり)」と呼ばれる一角があり、そ...

>記事全文を読む

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原...そこは江戸時代に始まり売防法施行の昭和33(1958)年まで340年に渡って続いていた日本最大級の遊郭、そして今も現役の色街として全国区でその名を轟かせている、そんな場所である。現在の住所は「台東区千束四丁目」。最寄りは地下鉄日比...

>記事全文を読む

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く (全2ページ)

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く (全2ページ)

川崎と言えばガラの悪い街だという印象は相変わらず強い訳だが、駅前の繁華街を見ている限りは綺麗に整備されていて表向きはそれほど酷くもないように見える。しかし、中心繁華街の二ヶ所に堀之内・南町という一大悪所を擁し、東田町は市役所の真ん前にも関わ...

>記事全文を読む

都内唯一現役遊郭建築が残る八王子市田町の「旅館松屋」全焼…その焼け跡を訪ねる

都内唯一現役遊郭建築が残る八王子市田町の「旅館松屋」全焼…その焼け跡を訪ねる

東京都八王子市。都心からかなり離れた街で、なかなか行く用事も思い浮かばない場所だが、この街には東京都下で唯一戦前の遊郭建築が残されている「田町」という地区がある。品川の手前の田町ではない。明治時代の大火を契機に全焼した遊郭自体が移転...

>記事全文を読む

川越市西小仙波町・喜多院裏の遊郭跡

川越市西小仙波町・喜多院裏の遊郭跡

埼玉の川越は「小江戸川越」と呼ばれるだけあって江戸時代からの豪勢な蔵造りの町並みが残る歴史の深い街。表の歴史もあれば当然裏の歴史もある訳で、川越の街には遊郭もあったらしい。

>記事全文を読む

軍港の遊里の面影は何処へ?横須賀市上町「柏木田遊郭跡」を歩く (全2ページ)

軍港の遊里の面影は何処へ?横須賀市上町「柏木田遊郭跡」を歩く (全2ページ)

アメリカの香り漂う軍港の街・横須賀市にはかつて遊郭が三ヶ所存在していたのだが前回はそのうち一ヶ所、京急県立大学駅が最寄りの「安浦」を当サイトで紹介したものの他の二ヶ所は名残りが殆ど見られず行くだけ行って撮った写真を放置かましたままだったので...

>記事全文を読む

NO IMAGE

松戸・平潟遊郭の遊女に拝まれた「池田弁財天」

松戸市役所の真裏に、平潟遊郭に関わりのある神社がひっそりと残っているというので見に行った。 その名も池田弁財天。かつて平潟遊郭の地で働いていた遊女が下の病にかからぬようにと巳の日に神社を訪れ祈願をしていたと言われる。ただこの神社、非常に場...

>記事全文を読む

NO IMAGE

松戸の赤線地帯「平潟遊郭」跡を訪ねる

松戸駅西口から江戸川堤防に向けて歩いた辺り、坂川に掛かる一平橋を渡った西側一帯、今では鄙びた住宅地になっているだけだが、昔は平潟(ひらかた)と呼ばれ、ここには遊郭があった。江戸時代より宿場町の遊里として栄え、飯盛女を抱える旅籠屋が軒を連ねて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

新宿二丁目に眠る遊郭の残滓・投げ込み寺「成覚寺」

今やもっぱらゲイタウンとしか認識されなくなった「新宿二丁目」。だが新宿が宿場町だった江戸時代に遡るとこの一帯は新宿遊郭と呼ばれる色街で、その名残りは現在も新宿二丁目北側、靖国通り沿いの成覚寺という寺にある。 新宿二丁目の仲通りから靖国通り...

>記事全文を読む

NO IMAGE

パワースポット観光地「鎌倉」 御霊神社

江ノ電の長谷駅と極楽寺駅の間を歩くと、その途中に御霊神社がある。平安時代後期の武将鎌倉景政を祀る神社だ。 6月中旬~7月初旬に来ると、境内にアジサイが咲く事から花見に訪れる観光客が非常に多い。神社の真ん前に江ノ電の踏切があって、正面からの...

>記事全文を読む

かつて遊郭もあった中山道沿いの旧宿場町「板橋仲宿」を歩く (全2ページ)

かつて遊郭もあった中山道沿いの旧宿場町「板橋仲宿」を歩く (全2ページ)

板橋の仲宿商店街がなかなか面白いと聞いていたのでやってきた。都営三田線板橋区役所前駅が最寄りだ。

>記事全文を読む

NO IMAGE

藤沢辰巳町新地の連れ込み宿「仙成旅館」に泊まる

先日訪れた藤沢駅北口の旧辰巳町にある赤線跡「藤沢新地」。その一角に何軒か連れ込み宿(転業旅館?)の建物が残っていたのだが、そのうち唯一営業を続けている「仙成旅館」に先日宿泊してきた。 この土地には仙成旅館の他、隣接する駐車場用地にあった「...

>記事全文を読む

NO IMAGE

米軍立川基地の残滓・赤線跡「錦町楽天地&羽衣新天地」

軍都だった立川の街にはシネマ通り以外にも錦町楽天地と羽衣新天地、2ヶ所の赤線地帯の残骸が残っている。今度はそちらに向かうことにする。 まずは「錦町楽天地」へ。立川駅南口からウインズの前を通って徒歩10分程度の住宅街の中にある。戦前から...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.