記事を人に教える

【コスパで選べば埼玉】首都圏で最もコスパの良い街!「戸田市美女木」にお安く住め!

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

<1ページ目を読む

しかし、そんな都合の良い事ばかり伝えるのが我々東京DEEP案内ではない。戸田市美女木の住環境や治安の問題についても説明しておく必要がある。土地が安いという事はどういう意味なのか、もっと真剣に考えてから住むかどうか決めた方が良い。

ド底辺街道・国道17号「新大宮バイパス」戸田市区間が酷すぎる

片側三車線のだだっ広い新大宮バイパス(国道17号)と頭上を走る首都高埼玉大宮線、そこに交差する外環自動車道とその下を並走する国道298号が十字に交わる戸田市美女木、都内からも近い交通の要衝として大規模な工業団地や倉庫街が形成されたブルーカラー地帯である。戸田にしろ八潮にしろ、嫌悪物件である工業地帯やそのへんのゴチャゴチャしたものが都内からはじき出された感じになっているのが露骨に出ているのは…お察し下さい。

しかしどうでもいいですが、埼玉県内にある国道17号の東京方面の案内板に巣鴨ではなく国道17号から外れた「池袋」の地名が出ているのは、やっぱり埼玉県民にとって池袋は特別な場所だからなんでしょうかね。将来、新大宮バイパスが都心方面に延伸して、そのうち中途半端に途切れた要町通りに接続しそうな感じがしますが、何年先の話になるやら。

埼京線しか乗らない人々がまず見る事のない、田舎臭さ漂うロードサイド店舗の展覧会となっているのが新大宮バイパスの戸田市区間である。とにかく並んでいる店が我が国の都市文明のおおよそ闇の部分しか反映していないだろうと思うくらいに酷すぎる。

個室DVDボックスやらディスカウントスーパー、パチンコ屋もあればラーメン屋、さらには「すたみな太郎」まであるという、どこぞの地方のやさぐれ感丸出しのド底辺仕様な車窓風景であるが、埼玉では概ね普通に見られる日常風景でしかない。そしていくら客層が悪いからといって、わざわざ前会計システムを取っているリンガーハットのロードサイド店舗(大宮バイパス浦和店)があるのは首都圏では我々の知る限りここくらいだ。よほど食い逃げ被害が酷いのだろう。

膨大な交通量を誇る新大宮バイパス、開通以来多くの交通事故死者を出した事もあり、地元民によって建立された「交通事故犠牲者地蔵」が中央分離帯に鎮座している始末である。戸田市美女木や隣接するさいたま市南区内谷付近は家賃相場が安いぶん、そこに暮らす人々の人命もお安くなってしまっている。

とにかく治安が悪そうでしょうがない街、戸田市美女木

今度は新大宮バイパスを外れて美女木の街中に入っていく。武蔵浦和駅から路線バスが発着している国際興業バス「美女木バス停」。江戸時代に編纂された「新編武蔵風土記稿」曰く、京から美しい官女がこの地に遣わされた、という事(京都から美女が来た→美女来→美女木、なんやそれ!)が地名の由来になっているらしいが、周囲を見回しても炭水化物太りしたオバチャンと金髪茶髪のヤンママしかいない。

そして美女木は戸田市の中で最も外れた場所にあるという土地柄ゆえ、あちこちに治安の悪さを窺わせる、こうした類の看板を目にするのである。「知らない人には気安くついていかない」…当たり前の事なんですが、とりわけ新大宮バイパスや首都高・外環道などが整備されてしまった事で、他地域から悪さをしに来る人間にとっては、逃走経路の確保が容易である事だけは確かだ。

車上荒らし・ひったくりに注意せよと警告する美女木一丁目町会の看板。よく見りゃ警察署名が「蕨警察署」である。そう、人口13万8千人を数える人口急増地帯・戸田市には警察署が存在しない。隣の蕨市にある蕨警察署が管轄している区域で、さらに蕨警察署から最も離れた地域がここ美女木なのだ。これは八潮市の管轄が草加警察署なのと同じ治安上の深刻な問題を抱えているのだ。戸田警察署はいつ出来るのだろうか、それが市民の懸案事項である。

車上荒らしやひったくりにも注意しなければならないが、美女木で農園をやっている地主なんかは「野菜泥棒」にも悩まされている。まだ食べられない野菜でも平気でパクられるようである。このへんに暮らしている貧乏人連中は野生動物並みの民度なのか?

そんな治安の悪さのあまりか、戸田美女木郵便局の玄関口には「母ちゃん泣くで 盗ったらあかん」とドロボーの皆様方をなぜか大阪弁で諭す「戸田市犯罪のないまちづくり協議会」によるポスターも張り出されている。ここは大阪ではなく埼玉なのですが、だんだんと両者の区別がわからなくなってきました。

その他にも「自転車盗難被害多発中」「資源物の持ち去り行為多発中」と様々な盗難被害を訴える地域の掲示板の張り紙の数々が容赦ない件。「東京に近いのに家賃相場が安い」という意味、分かりましたよね?

安アパートに隣接する砂利敷きの月極駐車場の塀には高確率で貼り付けられている「カードでお金」「車でお金」の看板の数々。お金の工面に困ったら、自家用車をお金に変えてしまうのも簡単。考えれば自転車さえあれば武蔵浦和駅まで通う事も余裕で可能だし、道中は平坦だし色々と捗る。なお、戸田市美女木の賃貸物件はファミリー向けの2LDKや3DKでも7~8万円台と激安。ワンルームでも風呂付き物件が4万円以下で見つかる、というのが相場である。

上京したのは良いものの貯金も尽きて家賃も払えず、夢破れて田舎に帰る前に見るべき街、それが戸田市美女木である。貴方もこの街でならもうひと踏ん張り出来るかも知れない。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.