「 品川区 」一覧

全49件中 16〜30件目を表示

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (2)

戦前に花街があったという東急目黒線西小山駅周辺を引き続きぶらぶらと目的もなく歩いて行く事にする。 先にも言ったが東急目黒線の地下化工事の影響で西小山の駅周辺も駅舎や駅前あたりが小奇麗になっていたり若干の変化が見られる訳だが、線路跡が遊歩道...

>記事全文を読む

NO IMAGE

武蔵小山の隣・東急目黒線「西小山」 (1)

東急目黒線武蔵小山駅前も超長い商店街があったり戦後のドサクサのような飲食街があったりでネタの尽きない街だが、そこからさらに隣には「西小山」という駅がある。 地下化してから駅舎が新しくなって駅前風景は何となく小奇麗な感じの西小山駅前に出てき...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (4)

現在はやたらめったらスナックやバーや飲食街諸々が密集しまくっている印象の武蔵小山駅前のドサクサ路地裏横丁。しかしその街並みをよーく観察すると意味深な建物がわずかに残っているのが見られる。 この2階建ての飲食店ビル、見た目に「昔何かがあった...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (3)

武蔵小山界隈は空襲の被害に遭って焼け野原になったそうだが、戦後に区画整理が行われいち早く商店街が復旧し、古くから繁華街として賑わったそうだ。この胡散臭い横丁も他と同じく戦後のドサクサで建てられたものがそのまま残っているのではないかと考えられ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (2)

のっけから怪しい佇まいを残す東急目黒線武蔵小山駅前の闇市テイストな路地裏横丁。下町らしい活気を放つのはやはり勤め人が帰ってくる夜になってからである。再度時間をずらして日が暮れた頃に訪れた。 駅を出た真正面から始まる戦後のドサクサ横丁。闇夜...

>記事全文を読む

NO IMAGE

駅前ドサクサ横丁・武蔵小山飲食街「りゅえる」 (1)

武蔵小山駅の真ん前にいかにも戦後のドサクサ臭が漂う一角が残っている。パルム商店街よりもむしろ見ごたえがあるのがこの路地裏にひしめく昭和レトロゾーンである。 小奇麗なパルム商店街とは裏腹にこちら側の風景は場末の下町そのまんまな景色を残してい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東急目黒線「武蔵小山」駅前のパルム商店街

勘違いスイーツ御用達で普段あまり来る事のない東急沿線だが、それも東横線や田園都市線に限った話で、サブ的な路線である目黒線や池上線、大井町線あたりの街並みはややマイナーで場末の雰囲気を残した街が多い。 日吉駅から田園調布駅までを東横線と並走...

>記事全文を読む

NO IMAGE

秋刀魚焼きまくり「目黒のさんま祭り」 (2)

なんだかお上品な感じがする目黒駅前が年に一回カオスな光景を見せる「目黒のさんま祭り」の様子を眺めにやってきた。 目黒のさんま祭りと言えば、ひたすらサンマを焼き続ける光景だが、もう一つの名物がサンマ一匹をタダで貰う為に並ぶ長蛇の行列である。...

>記事全文を読む

NO IMAGE

秋刀魚焼きまくり「目黒のさんま祭り」 (1)

9月に入り世間は長い夏が終わり学校では二学期が始まる...というシーズンなのだが相変わらずうだるような暑さが続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。 秋の味覚と言えば「さんま」。秋刀魚と書いてサンマと言うように秋には欠かせない魚で食卓で回転寿...

>記事全文を読む

大作先生が生まれた街!京急「大森海岸」駅前・不入斗村と大井花街の名残り

大作先生が生まれた街!京急「大森海岸」駅前・不入斗村と大井花街の名残り

JR大森駅東口から京急大森海岸駅まで続く道を歩いて行くと、おおよそ片道10分程度の道のりだ。JR蒲田から京急蒲田と同じくらいの感覚だろうか。

>記事全文を読む

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田に残る怪奇の旅館「海喜館」

五反田が戦前、花街として賑わったという歴史はそこかしこで耳にしたものの、今更来て見てもどこにその名残りがあるのかさっぱり分からない。 先にも記した通り、五反田駅西側一帯は戦時中の空襲で焼け野原となった経緯があるためだが、そんな五反田の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

品川DEEP「五反田」 (9) 大崎広小路

JR五反田駅から南に5分程歩くと山手通りと交わる大崎広小路交差点と、東急大崎広小路駅がある。池上線開業当時は終着駅だった影響で五反田駅からやたら近い位置に駅が存在している。 交差点の角には「ゆうぽうと」という巨大なシティホテルが建っていて...

>記事全文を読む

NO IMAGE

品川DEEP「五反田」 (8) 五反田ふれあいKタウン

今では怪しげな街というよりも表向きのオフィス街の色彩が強まり、傍目から見るとそうとは思えない五反田という街の歴史。 しかし戦後は五反田駅西側一帯が焼け野原となり、長らく目黒川沿いの両岸には闇市上がりの飲食店街が独特の景観を作り出していたと...

>記事全文を読む

NO IMAGE

品川DEEP「五反田」 (7) 五反田駅前プラザ

五反田駅周辺でも特に戦後の闇市風情が残っていた池上線ガード下の付近。今では最後の名残りとなる「新東京会館」も解体の憂き目に遭っている。 盛り場の跡というのは、本来の街の姿である夜に訪れるとただならぬ寂寥感を漂わせているもの。戦後の住宅難や...

>記事全文を読む

NO IMAGE

品川DEEP「五反田」 (6) 池上線ガード下酒場

東口の有楽街、西口のラブホ街、表向きにはオフィス街に見えるが路地に入ると途端に胡散臭い光景が続く五反田の街。 五反田には山手線や都営浅草線の他に東急池上線の駅もある。この池上線は池上本門寺参詣客の輸送手段として開業した路線で、五反田から旗...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.