記事を人に教える

京急鶴見駅前にある「鶴見三業地会」商店街のアウトローぶりが半端ない件

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

川崎のすぐ隣にある街、鶴見。一応住所は横浜市なんですが、横浜というよりは距離的にも文化的にも蒲田、川崎と並べた方が近いという間柄。そして川崎と並んで京浜工業地帯の一角を占める街。久しぶりにこの街にやってきたが、JR鶴見駅を降りたら右翼の街宣車がグルグル駅前のロータリーを回っていてのっけから香ばしい。

横浜市 鶴見

今回鶴見にやってきたのは、鶴見駅近くに存在するという「三業地会」なる名称の商店街が何なのか見に来た為であった。特に関東では「三業地」という言葉がよく使われるが、「三業」とは料亭、待合、置屋を意味しており、つまりそういう名前が使われているのは元が花街だったり色街だったりする。

横浜市 鶴見

京急鶴見駅の東口から南に伸びるベルロード(鶴見銀座)に入ると、ここが一応ながらの鶴見を代表する商店街らしいが、隣の川崎と雰囲気的には近く下町テイストな感じですね。ちなみに鶴見は沖縄人街が有名だが駅前ではなく1キロ程離れた潮田町付近にある。

横浜市 鶴見

で、このベルロードから国道1号までの間の繁華街がかつて「鶴見三業地」があった場所だという事だが、今見ると極普通の繁華街でしかなく、芸者さんが歩いているような雰囲気は微塵にも感じさせない。廃業したっぽいレトロな喫茶店の入口が目につく。

横浜市 鶴見

ベルロードに入ってすぐのパチンコ屋の角を左へ。どうもこの先一帯がそれっぽいエリアになっているのだ。ジャンジャンバリバリとパチンコ屋から鳴り響く音が下町臭を盛り上げる。

横浜市 鶴見

パチンコ屋の先の路地を国道1号方面に歩いて行くとびっしりとアレな佇まいの飲食店や大陸系の中華料理屋や焼肉屋、スナックやバーやらがたんまりと密集する一画が現れる。これが「三業地」の成れの果てらしい。

横浜市 鶴見

ところでこの付近を見て回るのに注意して頂きたいが、現役の組事務所があったりして曰くつきな高級外車が路駐しまくっているゾーンもあるので、トラブルにならないように、ヤバいなと思ったらその場を風のように抜けていきましょうね。雑居ビルの小汚さがたまらねえ…

横浜市 鶴見

鶴見駅前も随分綺麗になったかと思いきや、一歩裏手に回ればこれですからね。この一帯の煤けっぷりの異常さも、蒲田、川崎と並ぶ京浜工業地帯DEEPゾーンの一角を成す鶴見ならではの光景ではなかろうか。

横浜市 鶴見

そしてこんな所にも沖縄料理居酒屋を発見!「かなぐすく」ってそのまんまあっちの苗字ですやん。沖縄タウンは潮田町の方がメインだが、鶴見駅前にもちょいちょいある。大阪の大正区みたいに大正駅と平尾商店街との関係に置き換えれば分かりやすい。

横浜市 鶴見

パチンコ屋と飲み屋しかない「三業地会」の路地。細かい碁盤目状になっていてグルグルと回遊する事ができるが、行き交う通行人が本当にガラの悪そうな連中ばかりでさすが…

横浜市 鶴見

こんなクソ怪しい佇まいの飲み屋なんか中で何やってるんだろう…と疑問に思わずにはいられません。

横浜市 鶴見

そしてこんな所に「ミス日本」が居ました!ミス日本がたったの4000円です!やっすいなあ…本当に日本人なのかよ…

横浜市 鶴見

某組事務所付近はさすがにピリピリと空気が張り詰めていてちょっと怖くもあるのだが、まあともかく鶴見三業地のコアゾーンはこの辺らしいです。ここらが花街として栄えていたのは戦前の話で、京浜工業地帯のお偉い方が御用達だった料亭が立ち並んでいたらしい。戦時中の空襲で一度壊滅したがその後復活を果たし、昭和40年代までは三業地組合が存在していたが解散したという。

横浜市 鶴見

現在「鶴見三業地会」を名乗っているのは、昔の三業地組合ではなく、高度経済成長期以後にこの一帯の風紀が乱れた事を危惧した町内会がこの名称で自警団的な活動組織を再興した事に由来しているとか何とか…「はまれぽ」さんが突撃取材されているので詳しくはそちらへどうぞ。

横浜市 鶴見

雑居ビルには未だに「三業」の二文字が入ったものもあって、ピンポイントな地名で「三業地」という名前は今でも生きているようだ。まあ、それより組事務所が堂々としているのが何とも凄い街だと思った次第である。鶴見恐るべし…



The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.