どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

関東屈指のダークゾーン「千葉栄町」の廃墟群と昭和な飲み屋街を眺める

<1ページ目を読む

千葉市 栄町 東千葉

今度は栄町通り商店街から東側一帯を見る事にする。モノレール駅寄りの栄町通りから西側とは違い、まだこちら側の方がまともそうな飲食店街もあって、相変わらずアレな街並みながら生活感も見られる。

千葉市 栄町 東千葉

栄町通り商店街の一本東側に並行する通り沿いに何とも味わい深い飲食街がありまして、場所柄だけにやっぱり韓国系スナックなんかがあったりする訳です。

千葉市 栄町 東千葉

飲食店密集区域となった一角、建物の間の路地を入った奥もスナック街になっている。やっぱり雰囲気がクソ怪し過ぎてゾクゾクするんですが、昼間うろついてる分には何もありませんでした。

千葉市 栄町 東千葉

その飲食街の斜向かいにはご丁寧にお宿もございますが、その裏手を見るともんのすごい密集度で屋外型湯沸器が設置されまくっていて見た目にも異様なのでオススメです。毎月のガス代が凄い事になりそうだ。

千葉市 栄町 東千葉

我々取材班、何の気なしに写真を撮りながらふらふら歩いていたが、ここいらにはあの千葉県が生んだドン、ハ○コーさんも昔ゆかりがあったという指定ホニャララ団の組事務所もあるので一応気をつけて探索をするよう心掛けよう。いきなり事務所の前から若い衆が飛び出てきてびっくりしました。まあこれも場所柄ですけどね。

千葉市 栄町 東千葉

指定ナントカ団は要警戒だがその近所にはこんなオツ過ぎるおでん屋の建物まであって、風情がたまりません。現役かどうかは良く分からないが、一応人は住んでるっぽい。

千葉市 栄町 東千葉

さらにもう一本東隣に出ると、千葉神社の裏手に続く「院内仲通り」がある。ここまで来ると住所も千葉市中央区栄町ではなく、中央区院内に変わる。

千葉市 栄町 東千葉

千葉神社に近い側の交差点角に恐ろしく古びた料亭の建物が残っていた。唐破風の玄関口はシャッターをほぼ閉めていて、どうやら営業もしていないが、中からラジオの音も聞こえるし一応まだ廃墟ではないようだ。「幸松」という屋号の割烹だったらしい。

千葉市 栄町 東千葉

で、この通りもかつての旧国鉄千葉駅から千葉神社への参道という事もあってか、古びた飲食街がちらほら残っている一方で栄町の怪しい雰囲気も入り混じり、煤けた街並みが広がっている。

千葉市 栄町 東千葉

窓という窓を全てベニヤ板か何かで塞いで外の光をシャットアウトしている、怪しすぎる雑居ビルもあり。一体何が目的なんでしょうかねえ。気になりますねえ。

千葉市 栄町 東千葉

もはや何の店なのか判別不能なDIYっぷりを見せる謎の店舗。こう見えて居酒屋とかなんでしょうかね。店の表の庇の部分だけべったりと黄色いペンキで塗り潰されている。

千葉市 栄町 東千葉

怪しげな店の看板の裏側に「院内仲通り」と書かれているのを見て、この通りがそういう名前だった事を知る。それにしても、ここは何の店なのだ。

千葉市 栄町 東千葉

実はここからさらに北側のブロックになかなか凄まじい佇まいの飲食街が残されている。その多くは現在も人が住んでいる住居兼店舗なのだが、その造りのバラバラっぷりといい増築に増築を重ねました的な適当さが凄い。

千葉市 栄町 東千葉

両方の店の隙間に作っちゃいました的な一軒のお宅は一階部分が波トタンバリケードで塞がれて、二階の住居部分の窓が開け放たれて中が丸見えになっている。凄まじい…

千葉市 栄町 東千葉

この小さな飲食街は逆L字形の路地が奥に伸びていて、その裏にも同様のボロ長屋酒場が隠れており隣接する駐車場から中の様子が見られた。「住民」が「庭掃除」をしていたので、中の撮影は遠慮しておいたが…それにしても凄い空間である。

千葉市 栄町 東千葉

以前の訪問時にはこの向かいにもスナック街の残骸が残されていて、また栄町らしく「ハルバン」という韓国系居酒屋が入っていたが、いつの間にか解体されて駐車場になっていた。旧国鉄千葉駅から栄町方面への道すがら、遊客を当てにしていた飲み屋街だったのかも知れん。

千葉市 栄町 東千葉

この隣にある「千葉県中華料理環境衛生同業組合」もなんとも場所柄が示す特徴的な建物で、まあ文字通りに読めば中華料理屋さんの組合なんだなという感じですが…

千葉市 栄町 東千葉

同じ建物が「千葉華僑総会」の事務所にもなっていたようで、こんな古びた玄関口が横っちょについておりました。つまり旧国鉄千葉駅周辺には在日コリアンだけではなく在日華僑のコミュニティも当時からあったのかも知れない。


トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.