どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

埼玉県民の日フリー乗車券で埼玉のチベット「秩父」に行ってきた 

<4ページ目を読む

寂れた街並み、レトロ建築、廃墟、そんな物件を求めて埼玉のチベット秩父を訪れた我々東京DEEP案内取材班だが、少し秩父の街を歩いてみても全く色街の匂いがしないのでいささか欲求不満気味であった。しかし番場商店街を外れた秩父鉄道沿いの路地裏に一部だけスナック街が残っていたので、その辺をうろうろ探索する事にした。

番場商店街から外れた場所にテナントビルタイプの飲食街が隠れていた。階段や看板などがやけにあちこち錆び付いた怪しげなビル。あまり商売にならないのか知らんが店舗テナントも半分空いたままになった模様。

このビルを中心に何軒かスナックなどが固まっている。ここが辛うじて秩父唯一の飲食街だろうか。

スナック街を抜けるとそこは秩父鉄道の踏切。周囲の建物の掘っ立て小屋具合や整備されていない街路がとてもいい味を出している。

さらに線路の手前に並行して細い路地が御花畑駅方面に続いている。道幅の狭さも相まってかなりそそられるビジュアルだ。

狭い路地裏の中程には美容室の看板が見える。錆び付いたトタン板のガレージからボロボロの臭突が「こんにちは」している。きっと昔にはどこにでもあったような風景。

線路沿い路地裏の「ガーベラ美容室」。どう見ても商売しているようには見えないが、現役で営業しているかどうかは未確認。しかしこの一帯だけボロ具合が段違い。戦後のドサクサとか、何か曰く付きの土地でしょうか。

隣の民家は完全に廃墟同然の佇まいで放置されて枯れ草が絡まり放題になっていた。同じくサビサビボロボロの臭突がにょっきり顔を出している。

来た道を振り返ると美容室のあたりで道幅が変わっているのがわかる。

そのまま路地裏を抜けると「やたいばやし」という屋号の居酒屋が現れる。秩父夜祭にちなんだ店名。きっと秩父の郷土料理や地酒が楽しめる事だろう。未確認だが。

さらに御花畑駅方向に行くとスナックが2軒と韓国料理屋。どうやらナイトスポットはここで終了らしい。夜祭がない日の秩父の夜はとても短いようだ。

東京では腐る程見かける韓国料理屋も秩父市街地では数えるくらいしかないようだ。その代わり秩父にはホルモン焼きの店が多く、秩父市街に20軒程度のホルモン焼き専門店が点在している。その多くは戦後やってきた在日韓国人が経営している(→詳細)。

>6ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.