どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

パワースポット観光地「鎌倉」 成就院

江ノ電の極楽寺駅で降りる。鎌倉市街地から見ると鎌倉七口の一つ極楽寺切り通しの向こう側にあり、付近はわずかに峠道の趣きになっている。
81-632.jpg
この駅で降りて、アジサイの名所として超有名な成就院へ向かう事にする。ここも観光客が殺到するような場所なので、わざわざ東京DEEP案内で紹介するのも…と思ったが、別の意味でヤバイ光景が広がっていて面白かったので、やっぱり紹介する事にしよう。


81-633.jpg
極楽寺駅を降りて、極楽寺切り通しに続く上り坂を道なりに進むと件の成就院に辿り着く。
81-634.jpg
すぐ左手に、江ノ電の駅名ともなっている極楽寺の茅葺きの山門が見えるのだが、境内には撮影禁止と立て札があったり、特にツッコミどころもないので、軽く素通りしてゆく。
81-635.jpg
眼下には江ノ電の車両が通り抜ける極楽寺トンネルが見える。ここも撮り鉄ポイントとして、ごついカメラを構えた鉄ヲタが常時スタンバイしている。
81-636.jpg
上り坂を進むとやがて極楽寺切り通しが現れる。車道と歩道が併設されているが、殆どの歩行者が切り通しを外れた成就院境内へ続く参道を登っていく。
81-637.jpg
アジサイ寺として有名な成就院。アジサイが満開になっているから観光客が多いのかと思っていたが、どうやらそれだけではなかった。
81-638.jpg
異様な空気を感じて成就院境内の様子を見てみると、参拝客が皆一様に有難そうな表情でやたら行列を作っているのだ。一体何なのかと思ったら…
81-642.jpg
「パワースポットと言われるお像 撮影可」の案内があった。
成就院境内の不動明王像が「パワースポット」として注目されまくっているらしい。紹介された雑誌の記事まで丁寧に貼りつけてあった。
81-639.jpg
最近どこの神社や寺に行ってもこんなんばっかり。
本屋に行ってもパワースポット本が乱立しているのが最近の傾向。
オシャレにスピリチュアル体験(笑)しかしパーワースポットって…
81-640.jpg
成就院の謎の行列の正体は、この不動明王像に祈りを捧げる為の行列だったのだ。
普通に手を合わせて行く人もいれば、写メに撮って不動明王像を待ち受け画像にするとパワーがもらえると信じている人もいる。
81-641.jpg
成就院の不動明王像には縁結びのご利益があるという事で、良縁には程遠く結婚相手に困っている人々も多い昨今の事情を鑑みて参拝者が後を絶たないそうだ。不動明王像の前に光るものが見えるはこれは決してオーラではない。ただの逆光である。
81-630.jpg
成就院の前から由比ヶ浜まで広々と見渡せる参道の階段、その両側に大輪の花をつけたアジサイが迫る。なるほどアジサイ寺として注目されるだけあって立派なものだ。
81-631.jpg
沢山の観光客が訪れる鎌倉、その目的が神社寺院巡りであるのは昔も今も変わりないが、真摯な信仰心に基づいた参拝ではなく、パワースポットだのスピリチュアルだのテレビ発の変なブームに乗せられた人ばかりだとすると、信仰者にとってはさぞかし複雑な心境には違いない。
成就院はある意味吹っ切れているようですが。
81-629.jpg
鎌倉の街を歩いていると至る所で見かけるこうした「血液型占い」も、近代の古典的な占いブームに乗って生まれたものだが、血液型占いもかねがね根拠がないと言われながらも大衆に定着している。
81-660.jpg
今どきテレビで煽る怪しげなスピリチュアル番組に乗じて、最近では鎌倉でもスピリチュアルカウンセリングを売りにした店舗が増えだしている。これも血液型占いと同様に大衆に定着するのだろうか。
こうしたものを「験担ぎ」の一種として割り切るならまだしも、そのまんまのノリで疑似科学やカルトに引っかかる人が実際に多いのはあまり感心できる話ではない。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.