どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

立川市錦町のプロ市民臭い一画

立川駅南口を降りて、ギャンブラーだらけの歓楽街や韓国料理屋だらけの路地を抜けると、立川市役所などがある立川通りに出る。
86-48.jpg
本来なら市役所もあるしここが立川の中心となるはず場所だが、駅前の賑やかさとは無縁の空間である。市役所の建物は古びているが実は最近になって元立川基地跡の泉町に移転したらしい。立川市役所の看板が取り外された跡がある。


86-47.jpg
しかし市役所を挟んで焼肉安楽亭とハナ信用組合という組み合わせがなかなか香ばしくてたまらない。
86-57.jpg
我々東京DEEP案内取材班は立川にあったという2つの遊郭跡、錦町楽天地と羽衣新天地の現状を知るべく、立川駅の東側をどんどん突き進んで行く事にした。
86-58.jpg
いまは遊郭の痕跡すら残っていない状態らしいが、その名残りを匂わせるホテルもあることはあるし、それなりに雰囲気が怪しい。
86-59.jpg
ホテルの前の電柱にはこれ見よがしなビラがベタベタ貼られていて異様な光景である。あくまで目的は2つの遊郭跡を訪ねる事であったが、道すがら気になる一画を見つけた。ちょっと寄り道することにしよう。
86-60.jpg
錦町から国立方面に抜ける都道に沿って歩くと、潰れたスーパーと思われる建物の上にはプロ市民臭全開な泡沫左翼政党の事務所が置かれているのが見える。市民の党だなんて聞いた事がないが、ともかくこの事務所を皮切りにどんどん左翼臭が漂う光景が続く。
86-65.jpg
道沿いに進むと、立川相互病院という大きめの病院がある訳だが、この病院の前を歩くとなかなか面白い。
86-61.jpg
病院の前の至る所に巨大な「憲法9条を守りましょう」看板が掲げられている。こりゃまたド派手にやっちゃってますねえ。
86-62.jpg
その傍らには「憲法9条会議」のマスコットキャラ。民医連と書かれているのでなるほどと思った訳だがそっち系の病院だったわけですね。
86-63.jpg
さらにピースボートのポスターまであったりして、プロ市民的な要素がてんこもり。ここまでやられるとむしろ清々しい。
86-64.jpg
こうしたプロパガンダ看板が無ければ本当にごく普通の病院なはずだが、看板だらけであまりに異様だったので思わず反応してしまったのだ。憲法9条が病魔から身を守ってくれるのだろうか。
86-45.jpg
道すがら共産党の事務所もあるし、この界隈では昔から左翼政党や運動家の活動がさぞかし活発だった地域なのだろうと想像する。
あと立川では反戦ビラ撒き事件というのも有名。23区内ではここまでドギツイ物件はなかなかお目にかかれない。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.