どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

東急東横線「学芸大学」 (3) 学大十字街

前回に引き続き東急東横線の学芸大学駅周辺の街を案内することにしよう。それはそうと、しばらく来ない間に、当サイトで紹介したばかりの駅西口近くにあった怪しさ全開の「ニューサウナ学芸」の建物が取り壊されてしまっていた。跡地はつまらないマンションが建設途中だった。東京の西側って街の新陳代謝が早すぎるよね。
32-212.jpg
今度は駅東口である。やはり同様に狭苦しい路地の中に商店街があって、ゴチャゴチャ感は変わらず。オシャレ感皆無な古い中華料理屋が何の気なしに建っている。


32-213.jpg
商店街の入口角にある八百屋の奥からさらに細くて怪しい路地が伸びているのでそこに入る。そこにはもっぱら場末的な空間があった。
32-214.jpg
パチンコ屋や景品交換所などがある胡散臭げな路地の奥には一軒の洋食レストラン「福よし」。建物にすごく年季を感じる。
32-217.jpg
改札から徒歩1分も掛からないのにこの場末感。しかも向かいは居酒屋。東横線ブランドにすがるおのぼりスイーツは全く相手にしておりません。
32-215.jpg
そのまま「福よし」の建物の奥まで行くと、そのへんは何故か微妙に廃墟がかっていた。そしてこれまた歴史を感じさせる古い看板が残っている。
32-216.jpg
そこには「すき焼割烹 福吉」ときたもんだ。ここまで古くなっているという事は、もしかしたら戦後の時代のものだろうか。
32-218.jpg
角を曲がると「学大十字街」なる路地裏飲食街である。場末感はそのままに、並んでいる店や民家の建物も戦後の名残りのような古臭さを保っている。
32-219.jpg
興味を惹かれるまま路地に足を踏み入れると、案の定な感じのスナック街がちらほら固まっている。だがその一方で普通の住宅に建て変わっている箇所もあって、全体的にはどこか中途半端な印象。
32-220.jpg
「十字街」というだけあって確かに狭い路地の十字状にスナックや飲み屋ビルなんぞが点在している。ニューサウナ学芸も取り壊されたし、学芸大学駅周辺のレトロ物件も残るはここ十字街と西口の「第一ストアー」を残すのみ。
32-221.jpg
十字街を出ると駅前商店街のメインストリートとなる。やはり人の目に付きやすい表通りはおしなべて決まりきったチェーン店で埋め尽くされて、途端につまらなくなる。
32-222.jpg
そのまま商店街を突っ切ると、ゴチャゴチャした街並みから一転、目黒通りを越えたあたりから目黒区名物芸能人御用達エリアへと差し掛かっていく。

東急東横線・みなとみらい線 渋谷~横浜~元町・中華街 往復(Blu-ray Disc)
ビコム株式会社 (2010-12-21)
売り上げランキング: 40333
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.