どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【本格中華】日本最大の華僑コミュニティ「池袋チャイナタウン」を知る(2012年)

<1ページ目を読む

駅の北側に不自然に広がる空き地のコインパーキングから繁華街の建物を遠目に眺める事が出来る。渋谷や新宿に比べても代わり映えもしない野暮ったい景色は何年過ぎてもそのままである。

池袋駅北口界隈の中華街は「池袋チャイナタウン」だとか「東京中華街」などと呼ばれてはいるが公式な名前はない。今なお地元民と新華僑との様々な軋轢が残る中では街が中国人に乗っ取られたようなイメージが強く反発の声も多いのが現実。

しかし確実に中国人向けの店はこの土地に増え続けている。パソコンショップはまだしも自動車学校とかまであるんだから至れり尽くせりだよね。さらに池袋駅西口から少し離れた住宅街は中国人が暮らせる安アパートが豊富にある。生活条件が揃っているからなおさら中国人が集まり続ける訳だ。

もはや名実ともに中国の植民地と化そうとしている池袋チャイナタウンだが、その中には駅近くにある「四川苑」をはじめ、本場の中華料理店がアホ程存在している。どの店も現地人向けの味付けで、横浜中華街のような日本人向けに誂えた観光地とは180度違うマジモンの中華料理である。

雑居ビルの隅々まで見て回ると、ここにもあった。中国東北地方の延辺料理「千里香」。こういった店の客層は半数中国人で半数日本人。スタッフもみんな中国人ばかりだが、日本語も一応通じる。ちなみに延辺料理と書かれている店にはほぼ確実に犬肉料理がある。これ豆知識。

漫画喫茶マンボーやら胡散臭い出会いカフェなんぞに紛れて延辺料理店が入居している。まさしく「雑居ビル」にふさわしき光景。西口一帯では顕著に見られる現地人向け中華料理屋だが、東口一帯では比較的見られない。縄張り関係があるのかもね。

時折中国人客に混じって出会いカフェから出てくる怪しいカップル(特に女性はきわどい服装。多分援交)とエレベーターの中でご一緒する事もある訳で、まあなんともピンクでチャイナな大人の夜が楽しめる池袋の街は素敵ですね。

真っ赤でド派手な外観の「陽光城」脇の路地を入った所にある「知音食堂」も本場の四川料理が食える店という事なので中に入ってみた。さすが中国人の店だけあって正月三ヶ日でも関係なく営業している。

ちょっと素人には入りづらい店舗の入口から地下へ降りて入るのだが、かなり凝った内装をしていて意表を突かれる。アホ程唐辛子の載った水煮牛肉や炒め物の数々、麻婆豆腐などをつまみに青島ビールを飲む。

さらに池袋駅北口から外れた「へいわ通り」の途中にある「永利」に行くと年がら年中中国人でごった返していてやたら活気に満ちている。

店の前にあるメニュー看板もちゃんと日本語表記になっている。日本人客も半数程度居るし、ここなら初心者でもさほど抵抗なく中に入れるはずだ。

独特な雰囲気を見せる永利店内。殆どの客席が埋まっているのはデフォルト。大勢の中国語が飛び交う中で食べるマジな中華料理の数々。もはや池袋は「パスポートのいらない中国」と言えよう。

永利名物の巨大酢豚(糖醋肉)を食らいながらまたしても青島ビールをおかわり。東京で本場の中華を喰うなら遠くの横浜中華街より近くの池袋がヨロシアルヨ。


トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.