どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【大和市】米軍基地と工場労働者の街「大和」駅周辺の盛り場を見る(2010年)

<1ページ目を読む

81-17.jpg

大和駅東口の北側、ユザワヤの裏手から伸びる「すずらん通り」一帯がスナックや風俗店が立ち並ぶちょっと胡散臭いゾーンになっている。スナックやカラオケ居酒屋などが並ぶ中でちらほら風俗店らしきものが混ざっている程度で見た目にド派手ではないのが大和市の歓楽街の特徴だ。それよりもユザワヤの建物が目立ちすぎである。

81-35.jpg

すずらん通りのいわばメインストリートにあたる通りにはぎっしりとスナックの看板が密集しているわけだが、一ヶ所だけ「ファッションヘルス」の看板を掲げている所が目に付く。昼間っからちゃんと客引きのオッサンもいるし雰囲気が怪しい。

81-36.jpg

近づいてみると2店舗が一つの建物に隣り合って並んでいた。どうやら同じ業種の看板を掲げている店としては大和市唯一の店舗らしい。その隣は「熟女パブ」。

81-37.jpg

暇な店が多いからか知らんが、大和のすずらん通りにあるスナックの多くに「昼カラオケ」の看板を掲げる店があった。

81-18.jpg

スナック街はそのまま北に伸びている。色とりどりの看板が連なっているのが見えるが、手前2つはどう見てもそのまんま在日コリアン系の店だ。「江南」に「コリア」。

81-19.jpg

直球ど真ん中ネーミングのスナック「コリア」の玄関にはテナント貸主からと思われる張り紙がベタッと貼られていて物々しい。どうやらマスターが行方をくらましてしまったらしい。だめだコリア。

81-34.jpg

大和市の人口規模を考えても過剰な感じがするスナック街は横須賀などと同じく自衛隊員によって支えられているのであろうか。

81-38.jpg

商店街の名前通りにすずらんの花を象った街灯が設置されている分かりやすい「すずらん通り」。歓楽街という性質だからだろうか、四つ角の隅っこに警察への緊急通報ボタンも置かれていて、ちょっと物々しい感じがする。

81-15.jpg

警察緊急通報ボタンの前のシャッターには謎のキャラクターが描かれていた。オリジナルか昔のアニメからパクったのか知らんが時代を感じさせるセンスだ。

81-13.jpg

こういう街は例に漏れず、昼間にやってきても人っ子一人いないのが普通。いたって静かである。

81-14.jpg

よく見るとスナック街だけでなく、何気ない街の塗装屋も手描きの看板がどこか変だ。

81-33.jpg

すずらん通りの途中に一軒だけラブホテルがあり、そこから脇道に入るが、シャッターを閉めたままの店ばかりで寂寥感が漂う。どこかしら殺伐とした感じが否めない、大和市の歓楽街における昼間の光景。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.